mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~

2019年7月 6日 (土)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第45話

百物語も数年がかりで百は超し、すっかり夏の風物詩となっております。

なので、私のマウスの話が108話(ぼんの~~っ) コメントのtetujin様が109話(とーきゅーっ)で、今夜は110話です。

私のオカルト仲間(と呼ばれるのも厭だと思うケド)Kちゃんの家で、幽霊探知機を使ったらどうなるか。

Kちゃんそのものが探知機で、怪奇現象とともに生きている感じなのですが。

まず、私の部屋では何の波動もしめさないグラフ(うそ発見器みたいなの)が、ビロビロビロっと波打って。

例のアプリでは、怨霊だのゴーストだの幽霊だの(違いがわからん)現れては消え現れては消え、歩行者天国みたいなの。

『霊道になってるからね。この部屋』

知ってて住んでるのっ??(お前も探知機持ってウロウロしてんじゃないよ。)

Rimg03421_20190706223001

次に幽霊探す目的じゃなく入れているKちゃんのスマホの「金属探知機」アプリ(なぜ入れてる…)が、私の足のチタンに反応せず、本当は烏骨鶏の骨が入っているという仮説で笑ったあと、部屋の中に現れた(私にはわからなかった)女性の幽霊のところに持っていくと、どこも36~37位なのにいきなり100位になったの。

おーーーーーっ。

こっちは見えないから恐ろしくもないけれど、大家さんが口を濁しているみたいなんだとか。

なんかあったかーーーーーーっ。

そして、キッチンに金属探知機を持っていくと、当然調理器具(金属)に少しの反応はあるけれど、とある場所で500とか、とんでもない数字が出ました。

やったーーーーーーっ。

大家さんは、どんな話を???

g@'×△~〇Λ??????(自己規制)

ほんとなの??

それって…世間では「事故物件」て呼ぶんだけれど???

『だから、違うんじゃない??』

いやいや、もう…この場所なんしょ?? ここなんしょ??。

おいらが立ってるこの場所なんしょーーーーーーーーーーーっ。

 

人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

 

2018年12月29日 (土)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第44夜~

100話はとっくにすんで、どこにむかっているのか怪奇譚。

次の100話めも私が絶対に引き受けるので、容赦なく?ご参加下されよ。

今夜は107話です。

今年の怪奇譚の中、第42夜を覚えておいでだろうか。

おなじみKちゃんの家の隣。

二人続けて孤独死が出たアパートの一室。

二人目の方はあきらかになにかにおびえながら亡くなった…。

亡くなる前に、大家さんに「話がちがう」とくってかかってた方ですね。

そのアパートに隣接するように大家さんの家が建っているのですが、アパートも含めて大掛かりな工事が始まった様子。

リノベーションってやつですね。

その前に、霊媒師みたいな女性がやってきて、以来、玄関前に奇妙な飾り(怨敵退散的な)をぶら下げたりしていたよう。

そして、その工事が先日ストップしたとのこと。

年末だからじゃないの??

工事予定表によると、かなり年末ぎりぎりまで施工する予定だとKちゃんは確認していたんですって。

音が半端ないですからね。

いつまでやるんだろう、みたいな。
Rimg0194

ある日、アパート内の敷地で、施工業者の人と工事責任者の人、それに工事車両が出入りするので、交通整理をする人、が頭をつきあせて何かごそごそしゃべっていたので、怪奇譚リサーチ班Kちゃん(私が召集)が近づいて話を聞いてみると…。

幽霊が出るので工事が進まない…。

と話していて、よくある両手をさげてお化けを表すしぐさをしていたとのこと。

ほうっ(゚ー゚;

やはり、でるのですね。

最初の遺体発見前に、Kちゃんはすでにその部屋と大家さんの家の間の竹垣からこちらをみている異界のものをみていますよね。

それなのか、また別物なのか…。

てか、そんなアパートの隣に住んでいるKちゃんの強心臓にも恐れ入るけれど、ひょっとしたら…と眉をひそめて話したKちゃんの話にもっと驚愕。

孤独死はもちろん、関係各所に知らせるでしょうけれど、大家さんたちが、その方のタンス貯金や財産を(お家賃がわり?)ふところにごっそり入れて、そのお金でリノベをしたんじゃなかろうか…と。

 でーーーーーー∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

異界のもんより怖いじゃまいかっ!!!!!

真実は闇の中だし、まだまだ続きそうなこのアパート。

目が離せないからKちゃん、ひっこさないでちょ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2018年8月 7日 (火)

ぐるぐるしない~

私の部屋では、なんの変化もありませんでした。

って、先だっての「イヤホン」ぐるぐるです。

場所を変えたり、長いのを半分に折ってみたり。

誰かいる気配もないので、たぶん永遠にイヤホンはまっすぐのままでしょう。

しばらくはそのままにしておきます。

誰かいる気配がするのは、海外のホテルなんかですね。

一緒の友達が怖がるだろうし、夜遅くのチェックインだと「部屋変えて」というのも面倒だし、そのまま放置する晩もあります。

夜中に気がついても、目はあけません。
  

  00260050

部屋中歩きまわっている足音が、段々と近づいてきます。

こちらの目が覚めたことに気づいたんでしょうね。

隣のベッドから、友達の静かな寝息が聞こえます。

ベッドとベッドの間に入ってきた足音がとまります。

目をあけたら、きっと目があいます。

金縛りにはあいません。

私のからだはいつでも自由に動かせます。

あきらかに覗きこんでいる気配、寝がえりうって逆向こうか…。

それとも、かっと目を見開いてみるとか??

明日もこの部屋泊るのなら、刺激しない方がいいよね。

ん、二人いる…。

泥棒でないのは、足音でわかります。

絨毯敷きの部屋ですから、ぺたぺたって音はしないんです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2018年8月 4日 (土)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第43夜~

説明のつかない事を「気のせい」とするのは簡単。

一人暮らしなのに同居感のある生活をしている友達がいます。

匿名希望のとくちゃん、としておきましょうか。

その謎の同居人が、最近とくちゃんが寝ている間に、イヤホンをぐるぐる巻きにすると言います。

どんなにまっすぐにして置いておいても、とのこと。

「泥棒じゃなかったら、夢遊病じゃね??」などと毒づく私。

20180804_040500639

証拠の画像が送られてきました。

一目みて、とくちゃんの仕業じゃないことがわかりました。

まねしようとしても、ちょっと…。

ということで、105話(104話はtetujin様)は、初「画像」ものです。

信じるか信じないかはあなた次第ってことで。

それで、私もやってみることにしました。

置く場所を確保するので、あたりを片づけているうちに、もう既に一か所巻かれてたんです!!

でも、気のせいかもしれないので、検証します。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2018年8月 3日 (金)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第42夜~

懲りずに今年の夏もいってみよーーと思う怪奇譚。

怪奇譚が百になったとたんに化け物が現れる??

怪奇譚と言っても、霊が出てくるとかではなく、不思議な話、とかでもいいそう。

100話は超えているのでね、安心して遊びに来て下さいね。

参加型なので、カテゴリーから入って頂くと、コメント欄の方が充実しているっていう(笑)



さて、久々に霊感Kちゃんから仕入れた話を。

Kちゃんの部屋は霊道となっているらしく、不思議な話、枚挙にいとまはないのですが、これはKちゃんの住んでいる家の近くのアパートの話です。

Rimg0011

~103話~話が違う~

そのアパートの1階で、孤独死があった後、ほどなくして次の方が越してきました。

「大島てる」には載っていないので、近所の人しか知らない様子。

孤独死と言っても縁故のないご老人ではなく、まだ30代の男性で、荷物が運び出されていくのを、ご両親と思われる方が外で見守っていたとの事でした。

新しい住人が入って少ししたある日、Kちゃんはかなり遅くに帰宅、そのアパートの前を通りかかりましたが、その部屋には電気がついていたそうです。

以来、気づくとどんな時間に部屋前を通っても、必ず電気がついているようです。

夜中にコンビニ行こうと、朝はもちろん、昼だろうと…。

24時間電気つけっぱなし??

新しい住人は60代くらいの男性で、ある日、大家さんに文句を言っているのを通りかかったKちゃんが見たそうです。

『話がちがうじゃないか!!』とすごい剣幕だったみたい。

何があったのかはわかりません。

その話を聞いて、「何か…出たんかね??」と言い合った私達。



そして先日、その新しい住人も遺体で見つかったとのこと。

次の住人には、ちゃんと話を…と思うmikiなのでした。


さあ、今年の夏は暑いぞ!!

寒くなる話 いつもの…期待大ヒトデ
 Rimg0163

心温まる不思議な話、前にも書いたのですが、フォーサイスのシェパードのような話が好きです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2017年2月22日 (水)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第41夜~

無事に帰宅…。

今夜は、百ものがたりと骨折り日記のコラボですヘ(゚∀゚ヘ)

ああ百いったから、骨折ったんだろ??

いえいえそんなんじゃないっす!! 断じて!!

ということで、入院していたさなかのことでございます。

これって102話でいいんだっけ??

~~~~~

病棟には昼夜を問わず入院患者がひきもきらず。

田舎町にあるこの病院も整形外科だけで年間800人ほどが入院するという。

内科ではないので、みな食欲もあり、口も達者だったりする。

退院まであと数日、という時に入院してきた、さるご婦人がいた。

彼女にはお年特有の症状が見られていたが、口調はいたって品のいいものだった。

R0010281

昼間は寝ていて、夜になると一睡もせずにずっとおしゃべりするので、スタッフステーションの方にベッドごと移動させられる、という毎日。

「こんなとこにいる場合じゃないんですの。今日は息子の上司がおみえなんです。」などとしっかりした口調でのものいい。

今朝も「だれか玄関にきてちょうだい!!」といい、ちょうど面会に来ていた近くの患者さんのご家族が「看護師さんをよびましょうか?」と聞けば「いえ、うちの者がおりますから。」と。

いいおうちの賢夫人だった様子が窺える。

ある晩のこと、案の定9時の消灯後すぐに賢夫人が話しだした。

「ええ、これから本を300冊片づけなくてはなりませんの。ですから、その手を離して下さいませんか?」

「兄から一時的に預かったものでしてね…。ですから忙しいんですの。」

「どうぞ、おはなしになって。」

「では、わたくしが戻ってくるまで先にここで横になってらしてもよろしいですわよ…。ですからお願い、手を離して下さい。」

私は点滴の管とか何かが煩わしいんだろうな、と思って聞いていた。

そうして「離して下さい」と20回ほど言ったあとに「わたくしは○○といいますの。奥さまは?? …そうですか、言いたくないのですね。寂しいですわね…。」とつぶやいた。

『はいはい、○○さん!! 移動しますよ~~っ』

看護師2人があらわれて、ベッドを移動する気配がカーテン越しに窺える。

『お、おもっ』歳かさの看護師。

『私側ですかね、すみません…あら…なんか重いですね』と後輩看護師。

ガタガタと進むベッドの上で賢夫人が言うのが聞こえた。

「だって奥さまも一緒ですもの。」


 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2016年8月27日 (土)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第40夜~

友達のKちゃんが風邪でダウン。

お見舞いがてらのヒアリングにて、92話を無理やり完結( ̄▽ ̄)

~~今までのお話~~

Kちゃんのご実家の近くには浜があり、小さい時から連絡船が行きかう様子がみえたものでした。

東京では鉄道に身を投じる人が多いのですが、鉄道網があまり発達していない海況近くでは、何かの事情でこの世を離れるのに、連絡船から身を投じる人が後をたたないようでした。

誰かが身を投じたと知らせが船内を駆けめぐれば、その船はあたりを数周まわって、その人を探すそうですが、みつからなければ汽笛を残して船は航海を続けます。

そのぐるぐるまわる様子を遠くに見ては、今日も人が身を投げたんだな、と怖かったみたいです。

~~~~

だって、みつからなかったその人はどうなるの??

Rimg0359

☆92話☆完結編☆

時々は漁の網にひっかかって、手厚く葬られることもあるそうで、そんな時は大漁の吉兆ではないですが、悪いことは決してなかったといいます。

ただし海の底深く沈んでは、誰にも見つからない人がほとんどのよう。

ある日、Kちゃんの妹さんと仲良しグループは浜で遊んでいました。

女の子って、浜で貝殻やきれいな石を拾ったりするのが好きですよね。

その日も女の子達はきれいな石を探していました。

南の海ならばサンゴのかけらでもうちあがることもあるのでしょうが、北国では荒い波に削られたすべすべの石が女の子達の宝物でした。

Kちゃんの友達がみつけた石…のようなものはかわっていました。

その友達をAちゃんとしましょうか。

「Aちゃん、やめなよ、気もち悪いよ。」

「それ、石と違うよ。」

みんなの反対を押し切って、その変わった戦利品を持ち帰ったAちゃん。

Aちゃんは、その日を境に自部屋に閉じこもるようになり、二度と学校に来ることはありませんでした。

何かが部屋にやってくるそうで、暗くなっても部屋の電気はつけず、その何かが部屋にやってきた時には、勉強机のライトをつけるから、とのことで、Kちゃんの妹さんとその仲間達は、Aちゃんの勉強部屋の下から、暗い部屋にポッと灯った明かりを見つめる事しかできなかったようです。

まだ霊感が開眼していない時代のKちゃんは妹さんに相談されても、どうすることもできずにいたそうです。

Kちゃんが高校に進学して、Aちゃんのお兄ちゃんと同じクラスになった時に、「よく妹が○○(Kちゃん名字)の家にいってたよな。」としみじみいわれて、はたと思いだしたと。

人は狂い死にするということを早くから知ってしまった、また自責の念にかられつつ生きるAちゃんの友達だったみんな。

浜からはいろんなものを持ち帰らない方がいい。

とくに人の骨なんかは。

 (了)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2016年8月26日 (金)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第39夜~

体調を崩してしまったKちゃんはお休みです。

おいおい、∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

ささ、100話目は…

うーん、これも過去に書いたのかな。

さらっと読めば別に怖くないと思うけれど。

想像力のある人が読んだら怖いかも。

00030001

お盆を利用して長期休みを取るしかない場合、お盆のさなか海に潜る禁忌を犯すこととなる。

潜るにいい海は、深くてクリアでどこまでも切ないコバルトブルー。

そして、それは激戦地だった海に多い。

ダイバーに人気の某。

ここは今でも帰れない戦没の方々の眠る海。

時にまぐろも停まって見えるほど流れる海。

オーバーホールから戻ったばかりのレギュ、BCがその1本だけ調子が悪かった。

空気が抜けない、逆に入ってくる…結局みんなと一緒に潜れず、ボートクルーに「このあたりで(下を指さし)潜ればいいかな」と水面で合図して頭から潜る。

誰もいない。

透明度は40m超かなぁ。

なんか「こっちこっち」って呼ばれてる感じで根の奥にひとりで向かう。

誰もいない。

でも、なんだか奥にむかえば、いいことが待っていそうなこの感じ。

以前潜った時に、とても印象深かった沈船ポイントをずっと楽しみにしていた。

けれど、この透明度で当該沈船が見えなくて。

根の端まで来て、いわれのない「後悔」に似た気持ちが湧いてくる。

戻ろう…。

ダウンカレントにあったら、調子の悪いBCで上がればいい…。

さあ、後ろを振り向かずに自分の脚力を信じて。

潜降した場所までくれば、バディとイントラが待っている。

心配したよ(そりゃそうだろ)

なんだか様子が変だったから…(そうだったのか??)

結局、沈船を見ることなく浮上したのであった。


ひとりで潜った時の心細さと得も言われぬ楽しさ。

圧倒的ひとり。

これにつきる。




ということで、ろうそくを用意していませんが左の肩が重い。

101話はtetujin様からスタートです。

百話、何年もかかりましたけれど、皆さまありがとう。

これからもよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2016年8月25日 (木)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第38夜~

インターポット
mikiさんの庭を見に行く

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

96.97と命知らずなtetujin様と、Kちゃんの長い92話…。

途中から何かに憑依されたような文体です…だいじょぶか??

今宵は98話ですね。

では、私の父がみたものを。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

私の父は放送記者で、若い頃はよく事件の現場に行かされたそうです。

その日も現場に到着すると、すでにブルーシートがかけられたご遺体が一体。

全身を覆っていたわけではないシートからは、女性の顔と足が少し出ていたそうです。

女性にしては大柄だな…。

身の丈は…うーんと。

その時、どこからともなく風がふいてきて、ふわりとシートが翻り…

シートがめくれた場所には、上下に分かれたご遺体が…。

少し離して置いてあったので、大きくみえたのでしょうね。


この話書いた気がするなぁ。

まっいっか…。


99話は、知人から聞いた話です。

その日は人身事故で電車が遅れいて、駅に向かう道すがら「どうやって会社に行こうかな」と思案していたそうな。

駅の周りは既にいろんな人がいて、警察車両も到着していました。

そこには小さなブルーシートが。

なぜ、ブルーシートって簡単に風に煽られるんでしょうね。

めくれたブルーシートの下には首から上だけが。

以上、ブルーシート2編でした…。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2016年8月24日 (水)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第37夜~

92話のKちゃんの話の続きです。

先行部隊、96話がtetujin様、後方支援は私miki(働けや)

tetujin様の旅先ホテルに関しては、私もいくつかあるのですが、これまでの怪奇譚に入れている…と思われ(忘却の彼方)

タヒチで夜中コテージのまわりで…サイパンでの角部屋の話も。

あとシパダンとか…。南の島、でるでる!!

たぶん、はだしの生活と海に潜る生活が野生を呼びさまして、敏感になるのかも!!

Rimg0142

さて、Kちゃん曰く「その話は前にしたよね??」 とのことでしたが、ひょっとしたらかぶってるかも!! また、その話をしたから「来なかった??」と聞かれた。

  来たかもしれないけれど、気づかなかった。(。・w・。 )

Kちゃんは、30夜にも書いたけれど、引っ越ししたはずの隣家より音がすると言ったら、うちのマンションで亡くなった方がいて、しかもこちらの音がやんだら、Kちゃんちに行ったという…。まじ、私のおかかえ霊能者。

山手線で某駅通過したら

「あ、死んだ女の人がmikiのこと見てる」

とかいう。

あとで、その駅で事故があったことを知る。(時系列的にその時間より少しあとなので、誰もしらない⇒新聞等で知り得ない)

あ、そうそう92話の続き~~~~

あの連絡船が、もしも、私の乗船してる某丸なら、それは恐ろしくて悲しいことでしょう。乗船してる船員は恐ろしくて駆けずり回り、その顛末を目撃した人の情報をもとにして、面舵とか操舵室に伝えては、デッキを右舷や左舷に駆けずり回ってたかもしれない。。。

まして、落ちる人が海面に当たる際の衝撃は凄まじいものだから。。

一瞬、体はふわりと舞い上がり、又そのまま何事も無かったかのようにして、元いた場所に巻き戻しするみたいにして、カチッとヒール音たてて舞い戻る。

そんな躰。あの瞬間を目にしてる自分を恨むばかり。青くはないの、ビリジアンみたいにヒバの葉のように噎せ返る緑の海色。

何も語らない意志の強さを、その真一文字に結んだ口元とは違う。

片方だけ血眼の眼球が白いのが焼き付いたばかりに、、、ううん、きっと運が悪ければ、船舵室内に一報が届く前に、波に巻かれ、スクリューにまかれして波頭の幾つかに遠目でも鮮血が。

その目撃をまさかの修学旅行で体験などしたなら、いったいどうして良いものか皆目わかりません。

中には海の底深く一度は沈んで仕舞うのです。きっと翌日か、そのまた翌日に運良く穏やかな波間に見届けられることがあれば、その方の身内の方には少しばかりの慈愛を受けたと思うでしょう。

さて、余談はほとほとに。浜辺で拾った白い石の顛末は、、、また、次回に。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

余談かよっ(-ε-)

って、92話はまだ続くのでした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 mikiおすすめの逸品 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 占い・タロット 大河2012『平清盛』 大河ドラマ『江』 学問・資格 小笠原旅行 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー