mikiアマプラを観る

2023年1月14日 (土)

料理熱

毎日ごはんをつくり続けるのは容易ではない。

ただし、私の一人暮らしの友達は皆いつでもきちんとごはんをつくっている。

栄養満点ぽいし、ちゃっちゃとつくってて羨ましい。

人に教える腕を持っていたり、もともとお料理関係の仕事をしてたり。

ただ単にお料理が得意でつくるのが苦でなかったり…。

そんな私の料理魂に火をつけるのが…。

とある番組だ。

00030001_20230114210901

料理番組ではない。

普通のドラマなのだが…。

お料理をするシーンが随所にあって全部おいしそうだし、参考になるネタもちりばめられている

「きのう何食べた」

このドラマ大好きなのだが、ストーリーだけでなくお料理シーンをみるにつけ、料理熱も上がるというもの。

主人公が買い物するお得なスーパー「中村屋」

ここに行くと、中村屋のテーマソングがかかっているのだが、くせになるこの曲がドラマのあらゆるシーンを彩るのだ。

シロさんとケンジの会話は面白いし、小日向さんらまわりの人々も楽しい。

冷蔵庫を開けて、今日はこれをこうして…と考える時は、かなり感化されているかも。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年12月12日 (月)

これぞほんとの

ブログをはじめた頃はちょいちょい書いていたtop10

大好きなダイビングポイントから、今年読んだ本など…。

今年は映画をたくさん(アマプラが主)観たので、久しぶりに。

映画は古いの新しめの、ジャンルもいろいろ、昔観たもの、はじめて観たものもあり。

映画部門(順不同)

 ベニスに死す

 マッキー

 砂の器

   ワイルドスピード(スカイミッション)

   僕のワンダフルライフ

 世界一キライなあなたへ

 と、ここまできて、春にやったのとほとんど同じ内容ということに気づく…。

そしてジャンル別にする、と言っておきながらやっていない。

上記の映画の普遍的テーマは『生と死、死のその先』だと思うの。

2013081709430001_20221212105101

ドラマは

デクスターとウェントワース女子刑務所が面白かった。

それにパージとエクソシストかなぁ。

もう寝ようとベッドに入っても続きが観たくて、スマホの小さい画面で観たりして…。


ではさっそくなので、ホラー部門

シークレットオブハロウィン(せつない系)

人狼村 史上最悪の田舎(お笑いあり)

タッカー&デイル(ほぼお笑い)

たくさん観たけれど、印象に残ってるのはあまり…。

アナベルのシリーズは話が面白い。


ここまで来て、下書きのまま保存した記事。

なのに、なぜかUPされとる…。

記事一覧をみると、「下書き」のまま。

ほんとのホラー??



 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年11月21日 (月)

ほんのり

死霊館シリーズの『アナベル 死霊人形の誕生』を観ました。

この作品が絶妙に『アナベル 死霊館の人形』に繋がっていくのですが、ジャンプスケアの多用よりじわ~っとする怖さ満載です。

ちょっとな…と思うのは、やられるのがみな善良な市民てとこで。

閉鎖された孤児院の女子たちが、人形師の暮らす大邸宅に住まわせてもらうところから。

好奇心が身を滅ぼすタイプのmikiみたいな性格の子が……案の定って。

人形そのもので恐怖をそそるアナベルシリーズですが、これはホラーの根底に寂しさ、気の毒さ、悲しさなんか横たわる、ジャパニーズホラー
に似た雰囲気があります。

Rimg03421_20221121142801

実際、ははーんという演出や名前も出てきます。

また、暗がりによく目をこらすと見える…とか、電気がまたたいて心細くなって消えていく…とかジェームズ・ワン監督に東洋の血の流れを見たような。

ワイルドスピードもスカイミッションを監督。

青い空が切ない…ラスト。

(あ、ソウも見たけれど)

スピンオフっぽく、例の夫妻は出てこないけれど。

死霊館シリーズ、怖くないんだもん…ていう方におすすめ。

ほんのり怖がりたい方、特に。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年9月10日 (土)

観たくなる

酷評ばかりだとかえってみてみたくなる…。

ホラー映画『悪霊館』を観ることに。

いかほどのネタバレもいや、という方はご注意下さい。

数多にある悪魔に憑依される話。

五万とあるエクソシズムの話。

な・ん・だ・が…。

え…そんなやり方。。

ちーん

15213348274561_20220910133401

ちょっと斬新ではあったけれど。

エクソシストに失敗した時は、ええい地下牢にいれちゃえーーーってね。

若手牧師がやられたのに爺さんがどうやって連れていって入れたんだろう。

いつもはものすごい破壊力ある悪魔たちが、あんな木のドアぶちやぶれないなんて。

普通あちこち出入りしてるやん。

ドアとか関係なく時空も超えてるくせに…何年も閉じ込められてるって。

それとも結界みたいなのひいてるのかな。

で、これが実話に基づくっていうから、どこからどこまでだい??

うちの教会、実際に地下牢ありますなんて??

老朽化にともない出てきたらどうすんだろう。

大脱走。

違う映画…。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

mikiの日々是海の日 - にほんブログ村

2022年8月20日 (土)

何これ、とつぶやいた

個人的にニコラス・ケイジという俳優さんはあまり好きではないのですが、彼の吹替えの多くは大塚明夫さんなので、ニコラス氏の映画は吹替え版で観ることにしています。

が、どうにもへんちくりんな映画を観てしまったの。

なんと、ニコラス氏、一言も発しないのです。

そして映画は終わってしまいました。

息遣いなどは本人のものなので、吹替えで観る意味が全くなく…。

BどころかC級 でも制作も本人との事…。

ひょっとして噂のZ級??

『ウィリーズ・ワンダーランド』

Rimg02451_20220820113101

去年に公開されたわりには、80年代の箱ものみたいな内容で、コメディ? ホラー? 

ニコラス氏の無双っぷりがすごい。

手が痛くなりそうなのに、あの「飲料」が関係してるのか、強い、強すぎ。

何これ…笑っちゃう。

すごい低予算にて、ワンシチュエーションに近い。

低予算(500万ドル)ながら、ニコラス氏のギャラが気になるところ。

一言でも発すると、桁が変わるのかも。

夏に友達と観るのにおすすめ。

私は夜にひとりで観ましたけれど。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年8月16日 (火)

ベイウォッチ

ご先祖様の帰り道はどっち??

今日は北側の窓を念入りに掃除しました。

買い物に行く間、洗剤を窓にふきつけて置いておきます。

帰宅してびっくり。

洗剤が朱色っぽく変色して筋になって垂れていたり、吹き付けたところが血しぶきみたいに。

まるで犯行現場…。

キャーーー

デクスター カモーーーン

15210802610651_20220816140901

さあ、夏だ!! 海だ!!

ってことで、今日は『ベイウォッチ エクステンデッド・エディション』を観ました。

テレビシリーズ『ベイウォッチ』のリメイクです。

ライフガードの活躍を描きます。

入隊するのにサスケみたいなのやらされたりするの。

ミッチ役にドゥエイン・ジョンソン。

海と無双が似合う男。

途中、ドラマ版ミッチのデビッド・ハッセルホフもゲスト出演。

最近は水難B級ものにかかせませんね。

どこにむかっているんでしょう…。

笑いをとらずにはいられません、わざと??

本人は大真面目っぽいところも良き。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年8月15日 (月)

デクスター 私の推しシーン

さて…2週目のデクスター。(以下ストーリーに触れています)

シリーズ1の好きなシーン。

ドークス(マイアミ署殺人課刑事)が、デボラ(同刑事、デクスターの義妹)とドークスの実家に行くシーン。

母と姉達に、普段強面で怖い刑事もたじたじ。

軍の特殊部隊にいたという前歴がありながら、女系家族にやられっぱなしでほのぼの。

でも大事に育てられたんだとわかるシーン。

だからこそデクスターの闇にいち早く気づいたのかも、と思わせます。

00110045_20220815095101

なので、ドークスの寂しいお葬式の最前列でこの家族が(実際顔を伏せてだきあっているので同じ俳優さんか不明) 泣いているのがせつなかったのでした。

デクスターは自分が壊れてるから、相手の女子もいつもなんか変(と言ってしまっては何ですが…)

同じような人をひきつけるのか…。

リタは普通の人だって??

いやいや充分いっちゃってる。

前の旦那さんみても、自分が被害者みたいな感じだけど、選んだのは自分。

危険男子にひかれるのか、すでに結婚3回目。

最新シリーズの女署長も…いけすかない。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年8月13日 (土)

次なる…

8年ぶりの続編、前回の10年後設定だった「デクスター ニューブラッド」も観終わってしまい…。

つまんないよーーー

評判がいいドラマでも観よう、やっぱり10年くらい前のものがいい。

フォロイングをみはじめる。

あれ…このお人はバイオ(映画)でゾンビになっちまった人だ。

おまけにうんと痩せたケビン・ベーコンまで。

けっこうおもしろかったのだけど、見放題が終わってしまい…。

レンタルするほどでもないなあ、と断念。

002600501_20220813195601

ついにデクスター2週目に。

2回観ると見えてくるものも…あるのでは??

主演の俳優さんが、あんまりかわってないのも良き。

しばらくはまたデクスターばかり。

映画は日に1本くらい。

 

 

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年8月 8日 (月)

土日で一気見

土日で一気見した「デクスター ニューブラッド」

本当の最終回…;つД`)

シリーズ8の最終回から10年後設定。

時々、日本とはカメラワークというか編集が違うなあ…と思いながら観ていました。

以下ネタバレしつつ。

デクスターは医学部を主席卒業した少しオタクな血痕専門の鑑識官ですが、宵闇にまぎれて必殺仕事人にように悪人を成敗する二刀流(っていうんか)生活をしています。(正義感というよりはいろいろわけがあるんです。)

が、とある事件から妹が脳死に。その後呼吸器はずした妹を海に。自分はハリケーンにつっこんでいき誰もが死亡したと思っていたが…。

実は生きていて10年近く誰も手にかけることなく静かな生活を雪深い町でおくっていたのに、息子があらわれて。

ハリソンが町に登場した時に、デボラと新生児室に行った回想シーン、日本だとラスト近くに持ってくるような…。

こう、今わの際に、にこにこわらってる小さい息子とか、ね(って誰に話してるの?)

最後の、デクスターのハンナへの手紙を読み返すシーン、ハリソンが最初に言ってた『答え』が全部書いてあるじゃん??

一緒に暮らしたから、手紙の中身がようやくわかったのかなあ。

001001081_20220807232101
愛するということがわかった、今この瞬間…みたいなことデクスターはいっていたけれど、本当は誰よりわかってたんじゃないかなあ。

ここめがけて撃てよ、みたいに心臓のところ抑えるところは泣ける。

こういうシーンはけっこう観るけれど、以前見た日本のドラマだとライフルのスコープ越しにみる相手が「うんうん」て頷くところが号泣ポイントだったと思うが…。

なんかまだ数回しか撃ってなくて、至近距離だけど反動もなく…。

また女署長が意外と演技下手で、君こそ感情がないだろう…なんて思っちゃった。

あーあ、また最初から観ようかな。

マイアミの警察の前がすぐ海で、ポリスと書かれたクルーザーが停泊してるのがすごくよかった。

やっぱり雪より海が似合うデクスター、と勝手に思う。

息子で続編か、なんて噂はどうなのかなあ。

ハリーみたいに指南役でデクスターがでてくるのかな。

ひとりでたくさんの殺戮を繰り返す…といっても桃太郎侍の方が殺った人数は多いかと。

暴れん坊将軍はみねうちで、成敗はお庭番だしね…。




 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年8月 6日 (土)

虚脱

ついに…

シーズン8 最終エピソードまで観終えてしまって虚無感に苛まれている自分。

デクスターである。

リブート版はアマプラにないのでHuluのお試しを考えているけれど。

今はどっぷり浸っていたい余韻に。

本国では不評で大ブーイングだったという終わり方だが、フランダースの犬のエンディングまで変えるアメリカだからね。(又言うか)

これでよかったと私は思うけど。

002600501_20220806185301

魂が救われずに、自分で寿命を縮めたデボラだけど、最後は大好きな兄に看取られて倖せだったんじゃないかな。

自責の念や罪悪感は体と心を蝕んでいくからね。

リブート版のあらすじもだいたいわかっているのだけれど、私はそれでよいのだと考える。

でも、もう「あの」デクスターにあえないのが辛すぎ~。

マイアミが見られないのが~。



 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2011大河ドラマ「江」 2012大河ドラマ「平清盛」 2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 2021大河ドラマ「青天を衝け」 2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 2023大河ドラマ「どうする家康」 miki miki sewing mikiおすすめの逸品 mikiのoccult考 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiアマプラを観る mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH VS虫 おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム コロナ譚 スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 占い・タロット 学問・資格 小笠原旅行 御朱印を頂きに 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー