mikiアマプラを観る

2024年5月 7日 (火)

3も

実は、昨晩2に続けて3も観たのでありました。

メイズ・ランナー

メイズは迷路、でももうあまり迷路という感じはなくて。

だいたい「1」が一番評判がいいのだけれど、3も面白かった。

少しご都合主義なところもあったけれど、それもまた良き。

そして、2から出てくるこのヒール役。

Rimg0194_20240507205001

どこで観たんだっけ。

そんなに悪い役じゃなかったよね。

この男優さん…あっジョン・リード。

ボヘミアンラプソディの映画で、ジョン・リード役だった方でした~。

この映画では悪い奴。

でも声がハスキーでかっくいい。

少年たちみんなキャラがたってていいけれど、ニュートやミンホの人気が大。

CGがね、本当すごい。

もうロケなんていらなくなるね。

全部スタジオの中で撮影できるもの。

ジャングル、海の中、大都市、宇宙空間…。

はぁ(*´Д`)


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年5月 6日 (月)

2を観てみる

ゴールデンウィークが終わってしまった。

短かったのう…。

と、いうことでメイズランナー2(砂漠の迷宮)を観た。

こんなゲームしたことあるなぁ。

世界観が似たようなゲームが数多とあるけれど。

どうやらティーン向けの小説が原作らしい。

1よりだんだん評判が落ちていくシリーズもの。

でも、2の世界観の方が好きかも。

001001081_20240506200601

若者が主人公なので、やたら走る。

身体能力も高い。

お決まりの列車切り離しや、宙づり、仲間の裏切りに、抗えない巨大企業。

アンブレラ社を思い出すわ…。

ところで、ガソリンとかはどうしてるんだろう。

些末なことがいちいち気にかかる。

ティーンじゃないからね。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年5月 5日 (日)

壁を超えて行け

今更ながら…の「メイズランナー」を観る。

何かと何かを足したような、いろんなところで既視感があれど…。

なかなか面白し…。

小さい頃から思わなかった??

地球がほぼ壊滅した時に、生き残っている少数派はいやだなって。

北斗の拳とか漂流教室とか見るたび。

こんな世の中は、無理でしょーーーみたいな。

キューブやらプラットフォームやら、ここからどうやって~ってね。

000300041_20240505175201

約束のネバーランドとかも、閉鎖空間という感じは似ているかも。

だし…命を賭して脱出しようとするかなあ。

好奇心が身をほろぼすタイプではあるけれど。

でも慎重ではある。

うーん。

その前に、毎日変わる不思議ダンジョンみたいな迷路、方向音痴の私は日没までに戻ってこれない。

地図を書きながら、写真を撮りながら進んでも、自信ないな。

変なこと考えさせられる映画、ではありました。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年5月 3日 (金)

鮫中華なんちゅーか

ジョーズもの、なんかB臭しても観てしまう。

しかも、今日見たのは中国映画。

ジョーズ・リベンジ

1時間くらいでさくっと観られる。

これはBを超えている…では噂のZ…??

いやいやBプラスくらい。

つっこみどころは多い。

シチュエーションが、以前見た映画に似てもいる。

00110045_20240503175301

まず、きったない港町から通う勤務先のリゾートは近くのはずだけど、タイのビーチリゾートみたいなホテルでサワディカッが飛び交うし、文字も雰囲気もタイ。

まあ、モルディブでもバリ風のリゾートもあるし。

そして突然の地震による津波で、ホテル内水浸し。

ホオジロちゃんも入ってきちゃうの。

ど浅いホテル内の水の中をすいすい泳ぐホオジロちゃん。

ほかの魚もいるはずなんだけど、もっといろいろ備品も浮いているはずだし。

でも、相変わらず「早く泳げっ!!」と口に出したくなるような、安定の水落ちからの~水中あしバタバタ映像からの~みたいな。

話はわりとしっかりめ。

鮫に婚約者を食べられた経験のある主人公が、クズ男卒業してみんなを助けるよ~映画。

だからリベンジ??

人生でそんなにホオジロちゃんにも会うまいよ。

何百人も泊まっていたはずなのに、最後にヘリ一機だけとんできてエンドロールへ。

あなどれないわ~。

中華もの。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年4月27日 (土)

タイのお料理ではなく

骨粉会のメンバーなのに、タイの映画を観たことがない。

というわけで、タイの映画初鑑賞。

ドーム/寄宿舎

進級を前に、寄宿舎のある学校へ転校させられた主人公。

既視感はあるけれど、どこの国にもこういう映画ってあるなって感じ。

そして、タイって仏教の国なんだよな…と思い出すような。

少年の成長記。

アマプラにてインドやタイの映画を観るのはおつです。

2013081911540001_20240427202601

日本の古い映画を観ているような。

なんかせつない余韻。

ホラーのくくりに入っていたし、それっぽい寄宿舎とか幽霊譚が出てきても、そういう映画ではなくて。

少年時代は短くて。

その儚さ。

観終わって口コミみると、みな良作だと書かれています。

ものの感じ方、本当に日本ぽい。

哀しさが入り混じって、大人になっていく。

どこか懐かしい寂しさがあとをひきます。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年4月21日 (日)

おすすめ

B級ホラーでめっけもん!!と出会うと、〇〇賞候補だ、名作だ、と言われているのにこれ??(個人の主観によります)という映画を観たあの苦々しい思いがぶっとびますね。

おーおーよう作った!!そんな感じ。

口コミやネタバレを見ないで鑑賞してほしい映画です。

ということで、ホラー好きにもホラー苦手にもおすすめです。

バーバリアン

映画をみて、久しぶりにドキドキしました。

そのつくり方がうまいの。

そ、それはいくらなんでも…とか、おいおい、とかいうのは映画にはつきもの。

少しでもネタバレは…とか、ニュアンスも感じたくない方は下は読まないでね。

R00104431_20240421181101

あとで口コミみると、のきなみ良!

そうそう、緊張感半端なしってね。

映画ってつくづくエンタテイメントっていうか。

泣いたり笑ったりドキドキしたり。

そして、エンディングの曲。

オールディーズで、本当の主人公は…と思わせる。

バーバリアンとは野蛮人のことですが、あんたが野蛮人だろうよと口に出したりしたくなるシーンも。

本や映画でミスリードにやられると、さわやかな敗北感が残りますが、まさにそれ。

オムニバスと見せかけてこれも違う。

現代社会の深い闇にもみえる良作。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年4月20日 (土)

最近観たの2本

最近観たアマプラde映画

ひとつは、ジョーズ・ザ・ファイナル

ええ、本家とは全然関係ないです。

そして、きれいなお姉さんたちは皆一様にへたくそなので、ホオジロさんの怖さが伝わりません。

なんじゃーーーこりゃーーーー

そう、最後は死闘…なんだと思うけど、そんなことでやられるホオジロさん…と涙しそう。

これから観ようと思ってたんだっていう人、思い直してほしい。

せめて海の中だけでもよかったら…という残念さだけが残る。
R0010260_20240420184001
2本目は、ハロウィン・キラー

これまたB級臭ぷんぷんだけど、

なかなかよくできていた。

主人公と主人公の母がかわいい。

話も、先が読めるし犯人もわかるけれど、筋がしっかりしているし、「不適切にもほどがある」の外国高校生版て感じ。

昔とのギャップは外国も同じで、喫煙、飲酒運転に緩く、個人情報も甘く、差別発言バンバンでコンプラ違反だらけの35年前に翻弄される主人公。

怖くもないし、笑いもあるので、ちょっとした時に観るのはおすすめ。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年3月30日 (土)

やはりオリジナルが

何年かごとにリメイクが出るオーメン。

この4月にザ・ファーストが封切ということもあって、アマプラの中に2006年版が。

さっそく観てみる。

が、やっぱり悲しい父親はグレゴリー・ペックでなければ…。

もうほとんど同じストーリー。

あれ以上いじれないものね。

とはいうものの、少し現代なので、あのダミアンがTVゲームとかしてるの。

みんな携帯とか使っているし。

オーメンに文明の利器は…どうよ。

キーマンのカメラマンも今やデジカメだから、あの暗室のシーンもあるけれどパソコンもあるんで。

ちと無理くり感が否めず。

00260058_20240330201201

オリジナルはずっと陰鬱な感じの画面と、何といってもあのBGM。

教会の鐘の音と、あの合唱が怖いのよ…。

あれから合唱ものをホラーに使うことが多くなった気が…。

だいぶ不気味さマシマシってね。

そして子役はなんか、丸顔ダミアンと違ってほっそり顔なんだけどうまいと思う。

ミア・ファーローがさすがの演技で全部持ってく。

最も恐ろしいのは、今まさに聖地あたりが戦地となっていること。

それがなんだか。



撮影技術が進んでいるからこそわかる「あら」みたいなものも見えるし。

最後わんこのかわし方はナーイス。

やっぱり、「1」はすごいな…などと。




 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年3月 9日 (土)

アマプラる

『ヴァチカンのエクソシスト』を観る。

エクソシストもの数々あれど、この類の見ものはなんといっても悪魔との死闘。

ラッセルクロウ主演。

司祭にはほど遠いような雰囲気のエクソシスト。

昔はジャーナリストという実在する人物を演じるので人間的。

この映画の面白いところは、なんでもかんでも悪魔憑き、ではなくてほとんどが精神疾患によるものというところなんだよと皆が思っているというところ。

ローマ教皇庁もそう考えている、というか残りのホンモノについても、懐疑的でおよびごし。

ドラマのエクソシストでも勝手に悪魔祓いをしてはいけない、みたいなことは何度でも言われる。

いろいろと映画やドラマをみるうち、悪魔はすごくたくさんいて、名前がそれぞれついているので、名前をあきらかにしないと祓えないというが…。
Rimg0043_20240309191701
名前を呼びつつ、祈りを捧げ(できたらラテン語)るのだが、悪魔はだいたい弱みにつけこんでくる。

過去の自分のおかした過ちの妄想をみせつける。

悪魔手ごわし…。

日本においても、狐憑き…などと村人に棒でたたかれたりすることも。

そんなことでは追い払えない。

今回はドラマ版でみたものに近い、バディもの。

元祖エクソシストのように、自分に憑かせ『神よ、お許しを』と自死しようとしても悪魔がそれを許さない。

司祭に取り付き、聖地に潜り込み乗っ取る…そんな計画。

悪魔というのは、昔からいるとか堕天使というよりは、人の心の弱さで生み出されるもの、そんな気がする。

自分に打ち勝つんだっ!!!!

と、言っていたのはそういうことかと。

怖くないので、「人とは…」とか考えたい時にみてみて。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年2月12日 (月)

久々ステイサム

アマプラにて。

J・ステイサムの『オペレーション・フォーチュン』を観る。

スパイもの、とのことで期待。

ステイサムの無双っぷりを楽しみにしていたけれど、ちょい控えめ。

銃でパンパンいくのはね。

やっぱり、肉弾戦の接近戦でなくては。

ゲストのヒュー・グラントとジョシュ・ハートネットに持っていかれた感じ。

あとJJというスナイパーの淡々とした部下っぷり。

「これがベンです。」などの短い返答がいちいち笑える。

これシリーズ化するのかなっていう終わり方だった。
R00104431_20240210215001
ひと昔前は、コンピューター関係は黒人男子だったスパイもの。

今回は美形女子。

脚がきれいっ!!

ステイサムは閉所恐怖症という設定だけど、あまり関係のない筋だった。

でも、かっこいいな。

新鮮味はないけれど、お茶の間で観るのにはちょうどいいかも。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2011大河ドラマ「江」 2012大河ドラマ「平清盛」 2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 2021大河ドラマ「青天を衝け」 2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 2023大河ドラマ「どうする家康」 2024大河ドラマ「光る君へ」 miki miki sewing mikiおすすめの逸品 mikiのoccult考 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの終活 mikiの虎ノ門日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiアマプラを観る mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH VS虫 おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム コロナ譚 スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 今昔シリーズ 占い・タロット 学問・資格 小笠原旅行 御朱印を頂きに 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー