mikiのoccult考

2022年9月10日 (土)

観たくなる

酷評ばかりだとかえってみてみたくなる…。

ホラー映画『悪霊館』を観ることに。

いかほどのネタバレもいや、という方はご注意下さい。

数多にある悪魔に憑依される話。

五万とあるエクソシズムの話。

な・ん・だ・が…。

え…そんなやり方。。

ちーん

15213348274561_20220910133401

ちょっと斬新ではあったけれど。

エクソシストに失敗した時は、ええい地下牢にいれちゃえーーーってね。

若手牧師がやられたのに爺さんがどうやって連れていって入れたんだろう。

いつもはものすごい破壊力ある悪魔たちが、あんな木のドアぶちやぶれないなんて。

普通あちこち出入りしてるやん。

ドアとか関係なく時空も超えてるくせに…何年も閉じ込められてるって。

それとも結界みたいなのひいてるのかな。

で、これが実話に基づくっていうから、どこからどこまでだい??

うちの教会、実際に地下牢ありますなんて??

老朽化にともない出てきたらどうすんだろう。

大脱走。

違う映画…。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

mikiの日々是海の日 - にほんブログ村

2022年7月 2日 (土)

夏だ

夏だ、ホラーだ、納涼だ!!

今年も半年がすぎ、ネララビン2戦目より1年経過しました。

ホラー映画とくくられていても、雰囲気が違うものもあります。

今日はそんな、ダークファンタジー的なものを。

アマプラのおすすめにあがっていたのが

「シークレットオブハロウィン」(2017 オーストラリア)

ハロウィンといえば、なんかクラウンメイクの輩がバシバシする映画が多いですが、これはどちらかというと青春映画です。

15213348274561_20220702105901

怖い映画ではありません。

グロなし。

胸がふさがるような、子供の頃お祭りでひとりはぐれてしまったような心細さにも似た寂しさがずっと漂ってる映画です。

着地点は意外と早く読めるので、よけい切ないというか。

10代って、それだけでなんか儚くて、夢見がちで…。

ホラー映画で使われることも多い、マリリン・マンソンのThe Beautiful Peopleも映像にあっていて。

原題の木のところは一幅の絵を見ているよう。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年5月31日 (火)

モノクロにはまる

いろんなジャンルのホラー映画がある中で、伝説のホラー映画があるという。

現存するテープは世界に2本。

モノクロ…。

劇場公開予定も、試写の段階で具合の悪くなる人続出のため、お蔵入りとの噂。

そんな映画すら、お茶の間や自分の部屋で観ることができる時代になるとは…。

ファン垂涎のDVDが出た時、日本語字幕がないものの、剛の者達がかかんに視聴したといふ…。

と、いうことで、プライムビデオで『シエラ・デ・コブレの幽霊』を観る。
15210802610651_20220516092601

60年くらい前の映画だけれど、その後10年もしないでホラーの金字塔『エクソシスト』が出てるし、クオリティ的には問題はないかと。

今では違う撮り方をするし、ここは尺が長い…という趣はあるかもしれないけれど…ヒトコワ系ともいえるし。

とある富豪の館の中に霊廟があり、館主の母親の棺が置いてある。

生前、ひょっとして生きてるのに棺に入ったらと恐れていた母、棺の蓋は明けといて、内線電話も手の届くところにおいといて、と言う設定が…どーよ。

母親から電話がかかってくる事に、心霊調査の男性が…という話。

サスペンスというか、謎とき系でもある。

名言もある。

人は死んでからも尚強欲。

この「人」は誰でしょう…。

電話…。

かかってきた時点で、私なら霊廟にダッシュ!!

過去の事件、かかえる闇、監督は「サイコ」の脚本書いた人。

怖いか怖くないか、というと怖くはないと思う。

が、長い年月でこういう映画が怖くなくなった自分が、怖い。
Rimg0183
また、これもヒトコワ系であるが、1946年のモノクロ映画『らせん階段』

ヒロインがきれいだけど、声が出せない状態…なので助けを呼べないってね。


それから恋愛ものでは『裏街』1941年の映画 

ファッションも素敵。でも哀しい、でもその人生に決めたのは自分。


悲しさがあとをひくモノクロ映画『ノートルダムのせむし男』

ノートルダム・ド・パリは、何度も映画化、ミュージカル、はたまたディズニーで、と。

名作であるけれど、原作とは皆ラストが違う。


めでたしめでたし、に変えるのはいいことばかりではないと思う。

ノートルダムだけではない、人魚姫など、6歳の頃の私にはあまりに悲しく、でも大好きだった。

だいたいアメリカではあの名作「フランダースの犬」のラストが悲しすぎると、ネロが生き返るとか…

パトラッシュ…なんだか疲れたよ…とっても眠いんだ…のシーンは!!(怒)



おいおい、世の中どうにもならないことがある、と子供時代に学ぶのが読書では~??

そして、それでも愛することのすばらしさよ。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年2月21日 (月)

パラベラムと

それで…前回の続きです。

ジョン・ウィック シリーズ3 パラベラム

これはわりと最近(2019年)ものだから、記憶にも新しいことでしょう。

なんか、またわんこが良かった。

ジョンのわんこも、ソフィア(ハル・ベリー)のわんこも。

ソフィアのわんこはものすごい訓練されていて、彼女の手足以上に働く。

ハルも、5カ月ほど特訓したみたいですね。

ハルはショートヘアが好きだけど、それだと現役っぽくなるからロングだったのかな…。

個人的に好きなシーンは、ガッシャンガッシャンガラスを割りながら、中から武器を取り出しては使い取り出しては使い…。

えと…どれがいいかな??なんて暇はないので秒でつかむ。

Rimg01411_20220221184601

あといつも紳士的なコンシェルジュのシャロン。

彼も「いきましょう」なんて、ジョンとともに戦います。

死なないでほしいキャラの一人ですね。

わんこも「個人的に」預かってくれるし。

そして、馬のシーン。

長回しであのアクション。

皆キアヌが前ほどきれがない、疲れている、なんていってるけれど、数年のブランクがあったし、その間鍛えてなかった(んだろう)から、バリバリより説得力があるような…。

人馬一体とはこのこと。かっくいい。



続編が延期になった今、ジョンはジョンでもジョン・コンスタンティンというエクソシストの話『コンスタンチン』

これもおすすめです。

若きキアヌが悪魔祓いを演じています。

なんか…いろんな映画の悪魔系が皆リッカーに似ている件…。

昔は山羊の角に若干毛深い印象だったのに。

エンドロール後映像あり。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年2月15日 (火)

Bだって

先だって視聴した、パンズ・ラビリンスのスタッフ制作の映画を観る。

『人狼村 史上最悪の田舎』

パンズ…は絶賛されていたけれど、これは邦題のせいか、観なくてもB級臭がぷんぷんする。

B級と三流は違う。

Bは大体低予算、CGなどが荒いし、豪華なセットが使えないのであまり移動しなかったり。

でも、なんといってもこの映画の見どころは、ジャックラッセルのヴィド。

すんごくかわいい。

以下、ネタバレを含むので閲覧注意どす。

Rimg0031_20220215153001

昔の呪いで人狼にされたさる家の坊ちゃんは、今でも地下に幽閉されている。

とある血筋の生贄が必要…。

じゃないと村に呪いがかかりますよ~といういい伝え。

村人のたくらみで生贄になる主人公と、彼の仲間二人、三人が繰り広げるコメディ。

会話がいちいちおかしい。

人狼は昭和感あふれる着ぐるみで、集団でいる時はエキストラ、タイマンの時はいつも同じスーツアクターが使えるから考えてる。

まあ、たいした動きはしてないけれど、スタントみたいなことは時々あるのでね。

地下室からの抜け道が墓地で、土葬されてる死体をラダーみたいに使ったり。

人狼の群れに車でつっこんでくる主人公の祖母の運転テクもすごい。

ヒロインぽい若い女性は出てこない。

で、お婆さん奮闘。ハロウィン40年後を描いた映画も、祖母が活躍していたっけ。

これからはきゃーきゃー言う若い女子より、シニアのヒロインかも。

シガニー・ウィーバーだって70超えているんだから、かっこいいヒロインで、がっつんがっつん戦ってもらいたい。

人狼にふっ飛ばされたヴィドも、車の窓あけたらちょうどキャッチできて「よかった」(んなばかな…)

ラストは、噛まれた仲間を鎖で動けないようにして、満月の夜狼男になるか見張る主人公。

でも狼に変身したのは…主人公で。

鎖で繋がれた仲間は変身せず…。その時の彼ら、

「いっそ噛まれて人狼になって、グループになろう。」と

私も絶対それ考える。

で、パンズ…より面白かった…(個人的見解です)


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年2月 9日 (水)

雪に注意…そして

明日は警報がでるほどの大雪になるという関東地方の天気予報。

シベリア寒気団が南下して、日本海側に雪を降らせ、その後南岸低気圧が本州の南を通過。

ダイバー大好き八丈の上をこの低気圧が通る時、関東では大雪が降るといわれています。

最高温度も3度とか…。

明日のことを考えて、本日の午前中に買い出しに行きました。

今日はあったか豚汁をつくりました。

(関係ないか…)

Rimg04511_20220209182201

昨日から今日にかけて観た映画

※踊る大走査線 湾岸署史上最悪の3日間  また新しいのやらないかなぁ…。

※デス・レター(ロシア)  ロシア語とモスクワの街並みがムードあり。都会の映像が素敵、廃墟や墓地も出てくるけれど。人里離れた館というだけでアドバンテージがつく作品が多いから。

※パンズ・ラビリンス(スペイン)  観た方々の考察熱に驚いた。ファンが大勢。ファンタジーは観ないけれど、ダークファンタジーというので観た。ファンタジーとホラーは紙一重だものな…。

一昨日から昨日にかけて観たのは

※22年目の告白-私が犯人です 後半失速気味 出演者のあくが強い。犯人と刑事は逆キャストでいいかもなんて。

※ウイジャ(アメリカ) ベタなホラー好きにはいいかも。主人公にすぐ寄り添って観てしまう人は特に。昔ながらの王道っぽい。

※マスカレードホテル 映画館で観るには…2時間ドラマでよいとは私見。

数日前までに観たのは…

※IT  THE END    キング原作の。蜘蛛の化け物の時点でthe end 虫とか触手系が好きな人っているよね。

※パラサイト 半地下の…(韓国) ほとんどセットというのがすごい…が、全編なんか不衛生感が…。

※約束のネバーランド 化け物が…いまいち 何も知らずに観て、違う目的で集められたのかと思った。いや、それなら原作が違うか。

※死霊館シリーズ  たくさん観たら、どれがどんな話だったかごっちゃに。公開順の方が時系列順よりおすすめ。

※ザ・ボーイ 人形少年の館 ホラーデビューするのにいいライトな感じ。

※箪笥(韓国) 既視感がある。何度も映画化されてるらしい。かえって昔のをみてみたいかも。

※ゴーストランドの惨劇 監督曰く、暴力に興味はない、バイオレンス(描写)も計算して配置とのこと。でも…。ストーリーは既視感。


それにしても、どうしてこんな題名に??というのがたくさん。せっかくいいのに陳腐な邦題で観る人が少なくなりそうな…。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年2月 7日 (月)

miki occult考

特に心霊マニアとか、オカルト好き、とかではないです。

ここのところ、ビデオで観ているのがいわゆるホラーとかのジャンルが多いのですけれど、映画にしろ語り部が語るお話にしろ、いわゆる「怖い話」が好きな人はいろいろです。

ちゃんとストーリーがあって、どこかせつなく余韻が残るのが好きな人。

とにかく観てるも側もパニックになりそうな、あっちからもこっちからもどんどんいろんなの(人だったり化け物だったり)が襲ってくるものが好きな人。

昔からの王道、電気を消すとぼんやり見える、終始静かだけど、ドキドキがとまらないのが好きな人。

相手がはっきり(悪魔とか逃亡犯罪者とか)してて、その壮絶な戦いものが好きな人。

つくりものはだめ、実話ベースでないとという人。

霊体ではなく、変な人に着け狙われたりするもの、心理対決に巻き込まれタイプに…枚挙にいとまがないですね。
Rimg01461_20220207123701
でも、数多くの中から選んで観るのは…。

口コミを参照にする方も多いのでは??

だからといって、★4つだからとふたを開けてみると、人気アイドルが主演→ファンが★をたくさんつける→★1つの評もたくさんあるが、総合的によくなっている…みたいなのもあり。

すっごい怖いです!となっていても、怖いかそうじゃないかは観る人次第。

これを怖がるあんたが怖い…ということもあるでしょう。

それで、このブログにいらして下さる方で、日ごろの記事から、ちょっと趣向が合いそうかな、と思われた方に、私がビデオの感想(ちらり)を含めてご紹介したいと思います。

館もの、クリーチャーもの、過去の因縁もの、人形もの、人気小説の映画化などなど。

ここのところ(プライムビデオ専門)観ているのは、『怪奇蒐集者』というシリーズ。

ご存じの方も多い、と思いますが、いろんな職業の方が実際に体験、または身近で聞いた話を話すもの。

稲川さんみたいな感じではなく、どちらかというと淡々と聞いた話を友達に語るようなトーンで話します。

ちょっと冗長で、もう少しコンパクトにまとめたらいいのにな、というのもあります。

オチがわかっちゃったり。

その擬音、怖くないです…とか。

ただ、三好さんだの佐藤君みたいに人の名前が出てくると、仮にAさんとします、なんていうより現実味が増しますよね。

で、まだまだ全部観ていないのですが、印象に残ったのは

三木大雲氏 説法と怪談を絡める方です。最初は「話だったら、うちの菩提寺の住職の方がうまいぞ。」などと失礼なことを思ったのですが、うますぎないところがいい感じ。

話も全部「ええっ」というよりは、あるある、こういう話聞いたことある、という感じでしょうか。

聖職者は嘘つかない、というようなバイアスのようなもので、信ぴょう性があるというか…。

016101071_20220207130701

次はファンの方も多い村上ロック氏 俳優さんで怪談を語ることを生業とされているようです。

観たあとすぐに内容をほとんど忘れてしまう…それほどさらっと話されるんです。

少しひっぱりすぎ、長すぎの感もありますが、怪談て、わさわさ早くすすめるものでもないですもんね。

でも、〇〇さんのお父さんから電話がかかってきたので出たら、とかのフレーズが長いと感じてしまう。

〇〇の身に何か起きたのはもう想像つくので…という、短気な人にはおすすめしないです。

翌朝〇〇のお父さんから彼が突然…という電話を受けた、でいいと思う。

怖いか、どうかというと…怖いというわけではないけれど、想像力のある人は好きかも。

その季節の風の冷たさだったり、夕暮れ時の空の色だったり。

そして山田ゴロ氏 漫画家さんです。身近な人から聞いた話、戦中戦後の話は少し切ないです。

古い田舎の話…ムードいっぱい。怖くはない(と私は)と思うので、氏の思い出話として聞いても面白い。


また、今度~♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 2021大河ドラマ「青天を衝け」 2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 miki miki sewing mikiおすすめの逸品 mikiのoccult考 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiアマプラを観る mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH VS虫 おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 占い・タロット 大河2012『平清盛』 大河ドラマ『江』 学問・資格 小笠原旅行 御朱印を頂きに 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー