2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

2022年12月18日 (日)

kamakura…最終回

上皇様に従って、未来永劫西のいいなりになるのか、戦って坂東武者の世をつくるのか。

政子の演説に感化され、鼓舞する御家人たち。

ただし、上皇につく者はとめないという。

実際には、私の屍をこえていけ、ではないけれど、自分を殺して鎌倉を焼いてから西へ行け、と言ったとのこと。

ここで裏切り者のそしりはうけたくないし…。

戦をさけるために執権の首を差し出すと思っている上皇らに

そんな卑怯者はこの坂東には一人もいないと、教えてやりましょうというところがよかったですね。

普段大河を観ないという層も巻き込んで、けっこうブームとなった大河も今回で終わりです。

次回の大河は家康を中心としてまたまた戦国…このあたりが一番ドラマになるのでしょうか。

001001081_20221213104201

私は義経の辞世の句(弁慶の辞世の句への返歌)が好きです。

のちの世も またのちの世も めぐりあはむ 染む紫の雲の上まで

では弁慶の辞世の句は、というと

六道の道の巷に待てよ君 遅れ先立つ習いありとも

あの世に行く途中で待っていてくださいね、という主人と部下のあまりにも固い絆、忠臣の鑑というか…。

義経は主人公ではなかったけれど、三谷氏はパットン将軍をイメージして書いたとのことです。

といってもパットンて…。

軍神であっても、ほかのことはてんで…という人みたいです。

確かにそういう描かれ方してますね。

そして義時はのえに毒をもられる、調達したのは義村という設定にしてましたね。

これ以上の殺戮は…と姉によって薬が捨てられ…。

息子のために、この世の呪いと怒りをすべて持って地獄に行くという弟に対して、

泰時は、頼朝も義時もできなかったことを成し遂げるだろうという政子。

そんな泰時は八重に似ていると思う義時に

もっと似ている人がいますよ、それはあなたですと静かにいう政子。

寂しい思いはさせない、そう遠くないうちにそちらに行くとの言葉通り、義時没後ちょうど1年ほどで身罷ります。

義時が絡んで粛清したのが13人、で鎌倉殿の13人の別意味ともとれるセリフまで。

完走できてよかった。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年12月11日 (日)

kama kurakura 第46回 第47回

いよいよ次回がラストですね。

DCUとともに始まったのがずいぶん昔のようであり、最近のようにも思えます…。


尼将軍、実子すべてに先立たれて、今や弟が…という時に名演説というくだり。

後鳥羽上皇と東西でにらみあっていましたが、上皇が動きます。

八名の御家人への院宣により、バラバラになりかけた坂東武者が政子によりひとつとなるという…。

また、三浦はうまくのりきった、というか本当たくみですよね。

世渡り上手、というか。

002600501_20221211210401

その時代に生きた人からも、何を考えているのかわからないと思われていた様子。

彼は天下をとって人の上にたつより、天下人の右腕としていろいろ画策したりサポートする方が向いていると思いますけれど。

三浦などを取り込みたかったけれど、返り討ちにあう上皇…。

承久の乱から間もなく義時も急死するわけですから、上皇も大人しくしてたらよかったのに…なんて。

義時の死にも諸説あるので、何を採りいれるのでしょうね。

夫人による、あるいは義村による毒殺??もいわれていますよね。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年11月29日 (火)

kama kurakura 第45回

知らしめたかったのかもしれませぬ…。

どうしてこんなことをしたのかと尋ねる政子に公暁はいいました。

頼朝を祖父に持ち、頼家を父に持った私の名を…。

更に、私には武士の名はなかったと。

公暁は片時も手放さなかったといわれている実朝の首は持っていなかったのですが、亡骸は首から上を写していませんでしたね。

首は現実にはみつかってないのだとか…。

00260058_20221129211101
義時が義村に公暁が自分も討とうとしていたのを知っていたのか、と聞くと

知っていたらその場で公暁を切っていた…といいつつ、嘘をついている時の昔からの所作を義時は見逃しませんでした。

どんどん闇落ちしていく父を自分が止めるという泰時。

まっすぐですね。

昔の義時みたい。

でも、今回は生田斗真氏でしょう。

怪演が光ってましたね。

仲章、思う存分…みたいな。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年11月20日 (日)

kama kurakura 第44回

鶴岡八幡宮にて実朝(武士として初)右大臣の拝賀式が執り行われることとなり、いろんな思惑が入り乱れています。

実朝が御所を鎌倉から移したいと聞くや、義時は一転、公暁とともに実朝を葬り去ろうと考えます。

妻のえに近づく仲章の魂胆にもいらつく義時。

結局、額をすりつけて謝る実朝にも

騙されないぞ~~と、心を開かない公暁。

まだ若い…これからなのに。

15210802610651_20221120211401

実朝は出立の前に、妻に

上皇様が過分な地位とそなたをつかわして下さった、とほほ笑みます。

今生の別れですね。

そんなこんなで実朝は上皇よりなところがあり、武骨?な坂東武者の中においては浮き気味だったのかも。

公暁が隠れたといわれる大銀杏は、樹齢を重ねて一千年以上たち鶴岡八幡宮のシンボルとなっていましたが、2010年に倒木。

でも、ひこばえ(若芽)が自生して、また育っているみたいですね。

是非見たいものです。

同族経営は三代でつぶれるのはこの頃から??

最終回も近づいてきました。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年11月13日 (日)

kama kurakura 第43回

最終回まで1か月ほどですが、グランドフィナーレと称してパブリックビューイングやら出演者のトークショーなどがあるみたいです。

楽しそうですね。

大学の講堂みたいですが何人入るのでしょうか。

さて、本日は三浦が暗躍して、また手を汚さずに…という、昔から義村は頭がよく目端が利くけれど、そのための裏切り行為を衆目の中で揶揄されたこともあるようです。(古今著文集)

公暁をのせることなどわけないような。

公暁、なんだかかわいそうです。

結局は義村に討伐されるのですから。

実朝暗殺の黒幕は、できたら義時も葬りたい義村、いやいや義村と義時がふたりして…義時のみ、上皇が…などなど諸説あるのですが、今回は義村が義時もろとも闇に…と思っているようでしたね。

Rimg05501_20221113210401

公暁は鎌倉殿になるために鎌倉に来たのですが、欲を出さずに静かにしていたらどうなっていたのでしょう。

歴史にタラレバ、は言ってもしょうがないのですが…。

義村は功績により、駿河守に任官されますが、胸が痛まないのかな。

実朝の後継者として後鳥羽上皇の皇子が養子としてやってくることに決まるまで、ああでもないこうでもないと大揺れの鎌倉。

ひたひたと近づいてくるのは…。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年11月 6日 (日)

kama kurakura 第42回

今日は、鎌倉殿がなんとも気の毒な…。

狡猾なまわりの人物に振り回されて。

義時に異を唱えられるのはおまえだけと、泰時を側におき人に頼らずとも自身で政を行いたい実朝です。

執権を名乗り、父と同じ轍を踏もうとしています。

実朝の見習うべきは後鳥羽上皇、その意は義時にとっては邪魔なものでしかなく、いろいろと裏工作をして阻みます。

また、家督を譲りたいという実朝が考えたのは、朝廷サイドから養子を迎えるというもの。

上皇のいいなりになっていると思う義時は大反対。

父上は思いどおりにしたいだけ、泰時に言われていも、もはや聞く耳を持たない義時。

R00104431_20221106211101

生田氏、尾上氏は、いやな感じの役を楽し気に演じていていい感じ。

次回は跡継ぎ問題と、公暁ですね、なんといっても。

やっぱり佐藤浩市氏の方が、若い時も今もいいなと、まあ個人の意見ですが。

20年位前の佐藤氏なら、義時なんかもいいかも…などと。

後鳥羽上皇といえば、百人一首

人をもし人を人もうらめしあぢきなく…

ですね。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年10月30日 (日)

kama kurakura 第41回

最終章に突入して、ますます目が離せなくなりましたね。

和田合戦で大きな山場を迎えたわけですが、横田氏のインタビューを読むと、実朝と義盛はシェイクスピアのヘンリー4世のハル王子とフォルスタッフを意識して三谷さんが書いたとのこと、良きにつけ悪しきにつけ、先生のようにいろいろと鎌倉殿に教えて、たくさんいる息子とはまた一味違う繋がりがあったようです。

そして彼同様、ファンが多いと。

起請文というのは、契約を神仏に誓うことですが、それすら反故にされるのだから、何の意味があるのかって思います。

武士に二言は…などといいつつ、毎回のように裏切りが。

いや、嘘が…。

特に三浦みたいなのが受け付けない…個人的に。

また、うまい、山本氏が。

いつもにくたらしい。

002600501_20221029190601

ますますの闇落ち義時に対して、まだまっすぐな泰時です。

これからもう一山、実朝暗殺があって、承久の乱があって、いよいよクライマックスというところでしょうか。

熱い男義盛ロスになる人は多そうです。

豪放磊落な感じで描かれていましたが、少し抜けてる感じがバランスとれててよかったですね。

と、対照的な冷徹な男、大江広元の息子は承久の乱で上皇側につきます。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年10月23日 (日)

kama kurakura 第40回

義時、どんどん闇落ちしていく様子が静かにかかれています。

いつの世でも、うまく世を渡っていく三浦のような武士もいれば、ちょっと不器用でまっすぐな武士もいます。

一族がいるので、なかなか自分ひとりの思いは通せないこともありますが。

和田義盛は、本当に排除していいのでしょうか。

確かに、義時存命の時はよくても息子の時代になれば、一族郎党が…というのもわかりますが。

それでは、と追い詰めるのをやめれば、帰りが遅いのをあやしまれ…。

連絡手段が今のようにあればなんとかなったものを。

義経の時もそうでしたね。

義高の時も。

ちょっとのタイミングで、意思の疎通もうまくいかないまま。

R0010260_20221023211501

弟の考えていることはすべてお見通し…。

政子のセリフですが、いや本当ですよ。

弟の考えること、これから考えそうなこと、すべてわかるのが姉なんです。

そのことを弟も知っていて…。


今日は泉親衡が、顔を見せないような感じででてきましたが、実際よくわからない人のようです。

行方は杳として知れないわけですが、川越まで落ち延びたという話もあるようです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年10月16日 (日)

kama kurakura 第39回

今日は善哉からいきなり大人の公暁が、最後ちらっと出ていました。

上総…いや佐藤浩市氏の息子といわれても……似てますか??

違うタイプの美男ですね。

さて実朝は、泰時のこと…気にしています。

和歌だって…でも、とせつないせつない。

そういう設定にしているようです。

御家人たちは、義時の態度に「かわっちまったな~」と不満気味。

御家人の中で人気者の和田義盛らも、義時にとって今では脅威。

大きく変えたいと思う義時の前に、「古株の御家人をないがしろにすると痛い目にあう」と三浦義村らといいあう義盛。
00030003_20221016221401

ただ実朝は父親のように義盛を慕っていたので、うっとおしい存在とはみていなかったようです。

そこがまた、義時には目障り…という。

実朝暗殺の時にささやかれた白い犬伝説。

オープニングにもちらりと出てきますので、なんらかの登場があるかもしれません。

次回は和田の合戦ですね。

義盛ロスにはなりそうですね。




 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年10月 2日 (日)

kama kurakura 第38回

執権という立場まで、成りあがってきた時政はついにその地位を追われます。

今生の別れにございます。

義時は死に目にあえないことを「お恨み申し上げます」と泣くのでした。

義時が執権になった時もうぐいすが鳴いていましたね。

昔から声を聞くと縁起がいい鳥なんて…。

R0010256_20221002210801

この年42歳の義時。

ずいぶん渋い面構えになってきました。

承久の乱まで15年ほど。

後鳥羽上皇もやっと義時を認識したような…。


親子の別れは、何もいわなくてもわかってるよ…という感じでしたね。

これからの2カ月は、ラストまで大きな事件がいくつもありますが、どのくらいのボリュームでどこまでやるのでしょう…。

大人気時政が去って、次の人気者は和田義盛でしょうか。

和田合戦も義盛をどのようにえがくのでしょうか。



 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2011大河ドラマ「江」 2012大河ドラマ「平清盛」 2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 2021大河ドラマ「青天を衝け」 2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 2023大河ドラマ「どうする家康」 miki miki sewing mikiおすすめの逸品 mikiのoccult考 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiアマプラを観る mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH VS虫 おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム コロナ譚 スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 占い・タロット 学問・資格 小笠原旅行 御朱印を頂きに 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー