VS虫

2024年5月27日 (月)

昨日、ごみ捨てから帰ってエレベーターに乗ると…。

半袖から出ていた右腕に、蚊が止まった。

以前からこちらでも言っているが、蚊は人の生き血を吸わなくても生きていける。

木の樹液などでじゅうぶんらしいのだ。

が、より強い子孫を残すために、人の生き血をすするらしい。

と、いうことで吸わなくてもいい血を吸ってリスクがあってはいけないと感じるのか。

002600581_20240527213701

白血病になってからこっち、とんと蚊に刺されなくなったのだ。

母と歩いていても、ずっとまずそうな母の血を吸うくせに、私のは絶対吸わない。

が…。

とまったのである。

ひさしぶりだな、おい。

バシッ

自分の手が痛いほどたたいて、木っ端みじんとなった蚊。

ひょっとしたら、わけわからなくてはじめて人にとまったのかも。

気の毒よのう…。

でも、きっと常人の血と蚊にみとめられたんだね。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年3月29日 (金)

啓蟄もすぎ

お風呂場にちっこい蛾がいた。

爺は蛾と蝶が苦手。

蛾、退治しといたから…。

と言ったらありがたがられた。

蜘蛛にくらべたら、なんのその、だ。

で、思い出した。

昔、伊豆の宿に一人で泊まっていたら、ベッドの下に蜘蛛登場。

Rimg01511_20240328181801

あしだか軍曹ではないものの、足をひろげたら5センチくらいある。

私は電気を消して寝てしまうなどの勇気を持ち合わせておらず、ただただ絶望と一緒に膝をかかえていた。

目をそらすこともできず、人を呼ぶこともできず、やつをとびこして部屋の外にもいけず、囚われの身同然となっていた。

そんな時に、ふと…。

少女時代に読んだ雑誌、なかよしだったのか別マだったのか、はたまた少フレだったのか思い出せないが、

おまじないコーナーというページに「蜘蛛の追い払い方」というのが載っていたのを思い出した。

危機管理というか、人というのはこんな時に脳にしまわれたすべての情報の引き出しがあくんかな、絶体絶命の時には特に、なんて思った。

それは蜘蛛にむかって、ここはおまえのいるところではない、おまえのいるべきところに帰りなさい、と優しく話しかけるというものだ。

そして、極めつけはふうっと最後に息をふきかけるという…。

蜘蛛に話が通じるのかわからないが、とにかく言ってみた。

が、息をふきかけるにはわりと近づかなくてはいけないと思い当たり…。

へっぴりごしで、ふうっと息をふきかけたら、

ちらっ

と見られた気がして、腰が抜けそうになってベッドの真ん中に戻った。

どうしよう…。

と思いつつ、朝4時に起きて伊豆に来て2本潜って…という疲れがでたのか、

電気をつけたまま、しばしうとうとしてしまったらしい。

はっとしておきると、蜘蛛はいなくなっていた…。

ベッドの下を見るのもこわいし、かといって電気を消したらどっかから出てきて…きゃっ!!!!!

結局そのまま変な体勢で寝てしまったけれど、翌朝どこを探してもみつからなかった。

あのおまじないがきいたのだと思うと同時に、自分で自分に同情した。

蜘蛛がこわくなかったら南の島にも住めたものを。

オファーがなかったわけではない。

どこも人手不足なのだ。

フィリピンの新しいリゾートなど、、、どんだけの大物と対峙するのかと考えただけで恐ろしく。

カリブの島では、タランチュラもいるというし。


人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年12月17日 (土)

益虫でも

なんだか黒にだいだいの二つ星のてんとうむしをよくみかけます。

こんなに寒いのに…。

てんとうむしの種類は何千とあるらしいのですが、日本にいたり外来種が帰化したりしたのは100種くらいらしいです。

で、よくみかけるななつ星のは益虫なんでしょうか。

大量発生している黒のは害虫なんでしょうか。

画像でみると、ナミテントウのようですが、11月までの活動期間らしく、年越し近くまで元気なのは??

アブラムシを食べる益虫らしいのですが、なんだかすごいたくさんいます。

ナミテントウは、模様の出方に200パターン以上あるとか…みんな同じに見える!

Rimg0142_20221217144201

てんとうむしによく似たテントウムシダマシというのもいるんだとか。

これは害虫みたい。

ただし、ご丁寧に幼虫の写真まで載せてあるサイトを発見。

こわいものがあります。

あんなに小さくても虫は虫。

益虫でも、こわいものはこわい。

 

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年10月28日 (金)

一定の理解は

玄関のドアの前に、ルリチューが1匹いた。

はて…どこから??

誰かにくっついてきて、エレベーターに乗ったのか??

「僕らのこと、ブログに書いてくれてありがとう。」

挨拶か??

なわけないか。

数時間後、ルリチューは亡骸になっていた。

さらに数時間後はお掃除も入った後で、跡形もなくなっていた。

R00102181_20221027191501

川が近いせいで、いろんな虫、見たことのない虫もたくさんみる。

ただ、だんだん寒くなってきたので鳴いている虫もいなくなったようだ。

ルリチューは害虫のようだけど、食べなきゃ生きていけないもんね。

虫に理解を示しつつ…。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年10月25日 (火)

ルリチューーーーーッ

家の周りのサツキの生垣の上をブンブン虫が飛んでいた。

飛んでいる時はわからないのだが、建物の壁などにとまっているのをみたら、なんと…

ブルメタ…

さっそく調べてみると、ハチの種類とな。
000300041_20221025160901
ルリチュウレンジハバチ というらしい。

サツキやツツジの葉を食べるみたい。

おびただしい数なので、駆除されるのかも。

生垣の場所によって、多いところとまったくいない箇所がある。

よせばいいのに、ネットで生態を調べると、

こどもは芋虫状とあり、画像もしっかり。

グゲーーーーーーッ

変な声が出る。

ブルーメタリックのからだは小さめで、普通のハチのようにくびれていないの。

幼虫の時にこんなに大量にいたんだ…。

知らぬがほっとけ…

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年10月21日 (金)

チャレンジャーにはなれない

人の嗜好にけちをつけるわけではないが、何とも受け入れがたいものもある。

私も知らなかったのだが、秋葉原には「自販機」もあるという。

THE 昆虫食

虫は見るのも苦手だが、地球最後のたんぱく源ともいわれ、食べる人もちょいちょいいるとは聞くが…。

最近亡くなった仲本氏の夫人が大好物なのだといっせいに報じられている。

001001081_20221021143001

タランチュラの素揚げ、などと聞いたら

それを食べたら、明日病気が治りますといわれても遠慮する。

いや、側はかりっと…などといわれても、ダメなものはダメ。

エビカニとどこが違うっ そんなこと言わないで…。

自販機の前には

ビッグサソリなどと書かれている…。

毒を抜いていても、きょわい…。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年7月22日 (金)

自然豊か…

昨日の顛末(かみきり君の方)を母に話したら、

「とって~」と飛んでくるかもしれないしね、などと。

実はそれも想定して、私はひそかに薬を入れるためのエコバックを用意していたのである。

それにいれて、表で離せばいいんじゃね…。

でもどうやって??

考えただけでバクバクする。

薬剤師さんにお願いするか。

こんな時にほかに店内は誰もいないのである。

そんな今朝、私をふたたび震撼させることが。

朝、めざましテレビをみていたら、お天気お姉さんが胸元に「蝉」をつけていたのだ。

どひゃーーーーーー

少し動くと、そっと左手でベスポジに直す。

大自然で育ったのかな…。

小さい頃は、私も蝉を素手で持てた…気がするが、どうであったろう。

まさか、あの人はわざとつけていたんかな。

まさかな…。

まあ、ここも自然がいっぱいってことで。

001001441_20220722154701

 

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年7月21日 (木)

酷暑の中「外来」へ

二度の梅雨明けをしたかのような…じりじりとした陽ざしの中、診察にいってまいりました。

血液検査の結果も以前とほとんど同じで、特に心配はないみたい。

主治医曰く「あれは…なんだったのでしょうね。」

って、こっちが聞きたいわい。

でも、CTは来月にとってみて観察を続ける手を緩めない。

リンパも触診では何もないようだし、私自身も気づいたところはない。

さて、この頃は院外処方となったため、家の近所の調剤薬局へ。

15210802610651_20220721074901

そこで、酷暑をふきとばし私を氷点下に連れていく事件がおきた。

その女性は、私から10メートルほど先の椅子に座っていた。

よばれて立ち上がった彼女の右肩に…。

ついていたのである。しっかり。

憑いていたのではない。

付いていたのである。

世にも大きなかみきり虫(と思う)が。

ぴったりとくっついているが、彼女が荷物整理をするのにまた椅子に腰かけたら、すすっと少し移動した。

目が釘付けとなってかたまったまま動けない私。

どうしよう…声をかける?? 驚かれたら??

そうこうするうちに彼女が自動ドアを開け、荷物を持ち直した時にぴちゃっと音がして、かみきり君は下に落ちた。

蹴られた感じになってもがいていたが、女性は気づかず出て行った。

ふいに私が呼ばれたが、かみきり君に背をむける形となる一番窓口だ。

もう気が気ではない。

お財布を探すふりで90度後ろをむき確認する。

頭をこちらにむけている。

長いひげ(?)がゆらゆら。

背後を取られている今、不利なのは私だ…オーマイ…。

はいはい、はいはい、ほとんど確認もせずにそそくさと会計をすませて、後ろをみると

玄関マットの端っこに擬態して、こちらの様子をうかがっていた(考えすぎ…)

その出口から出ずに遠くの出口から出て、ぐるっとビル内をまわった私は小心者。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2021年9月 9日 (木)

VS虫

あれは、姪の幼稚園の運動会を観に行ったとき。

休憩時間が終わろうとしていて、自分の座っている場所に帰ろうとした時に、とんとん…。

小さな手が私の手に触れた。

お兄ちゃんかお姉ちゃんをみにきたであろうちっちゃなぼくちゃんが不安そうに私をみた。

迷子かしら…。

彼が指さした先に、私が見たもの。

それは巨大すぎる芋虫。

モンシロの幼虫の青虫ではない。

金網の向こうのキャベツ畑からやってきたのだろうか。

千葉から埼玉まで届くほどの悲鳴を飲み込んだ自分は孤高のヒーローに思えた。
R00102581_20210909100301
数多いる大人の中でなぜ私を選んだんだ君は。

私が怖気づいてはいけない。

彼はほかの誰でもない、私に全幅の信頼をよせているのだ。

私の後ろに隠れるようにしている。

そこに落ちていた10cmほどの、でもYの字になった枝…というにはたよりないが、それを拾った。

体中の水分が冷や汗となって排出され、青空も灰色にみえた。

この枝で畑まで転がすのだ。

50cmほどか。

自分至上最大の芋虫。

手にしているエクスカリバー10cmより大きい、太い。

かつてないほど敵に近づき、ぼくちゃんをみて頷く。

ぽきっ

敵の手前においた枝があえなく折れて5cmになる。

力をいれすぎたのか。

「おねえさん、それじゃちょっと…。」

お嫁ちゃんのお母様の声がきこえる。

靴を片方脱いで、靴底でころがしていこうか。

などと考えていたら、どなたか園児のパパらしき方がどからともなく現れ、ふわっと芋虫を畑の方に蹴とばした。

ナイス フローターシュート…。

倒れるかと思ったが、僕ちゃんの姿はもうなかった。

あれは大きかったよね。

母が今でも語り継ぐ、巨大芋虫との格闘、、いや結局何もしなかったのだが。



 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月 7日 (火)

慣れない…永久に!

不安定な天気が続いている。

ゲリラ豪雨は、夕方とは限らない。

朝は少し晴れていたのに…お昼前に、ということも。

寒くなったり、また暑くなりそうだし、体調管理が難しいところ。

そしてすごく暑かったせいか、毛虫が多い。

道路をよく歩いているのだ。

2013081709430001_20210907222801

以前、すずめが尺取り虫をくわえて、我が家のベランダにやってきたことがある。

そして、お土産として半分置いていった。

母とキャーキャーいいながら、殺虫剤をかけた。

すごくかけたので、人工芝に穴があいた…。

虫さんは悪くない。

こんな私でも、昔は南の島のショップからオファーがあったものだが、憧れの南の島…きっときっときっと。

女性のイントラが「虫は慣れます。」といっていたっけ。

でも、ねずみはだめだと。

夜、大きいのが港で3匹泳いでいたらしい。

それからナイトはしなくなったといっていたけれど。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

その他のカテゴリー

2011大河ドラマ「江」 2012大河ドラマ「平清盛」 2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 2021大河ドラマ「青天を衝け」 2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 2023大河ドラマ「どうする家康」 2024大河ドラマ「光る君へ」 miki miki sewing mikiおすすめの逸品 mikiのoccult考 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの終活 mikiの虎ノ門日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiアマプラを観る mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH VS虫 おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム コロナ譚 スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 今昔シリーズ 占い・タロット 学問・資格 小笠原旅行 御朱印を頂きに 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー