2021大河ドラマ「青天を衝け」

2021年3月29日 (月)

sei ten ten 第6.7話

百姓から道を切り開いた人はいくらでもいると、喜作とともに武道や勉学に励む栄一。

商売の難しさや楽しさもおぼえ、千代への気持ちにも気づき…。

ただでさえ混乱している江戸では、老中の阿部が急逝します。

出番はすくなかったですが、阿部正弘は勝海舟らを登用して海防に努めます。

創設した法学所が東京大学の前身となっています。

R00102351_20210329151501

次回は井伊大老が日米修好通商条約を結びますが、これに反発したものはことごとく粛清され安政の大獄がはじまります。

100人以上連座というからものすごいですね。

吉田松陰、橋本佐内などおなじみのメンツも。

鹿児島から挙兵した島津斉彬は、旅の途中で亡くなってしまうし…。

慶喜も父ともども謹慎となりますが、円四郎も謹慎・差控えとなってしくいます。

業務から遠のいてね、ということですね。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年3月16日 (火)

sei ten ten 第5話

清のような大きな国がどうしてエゲレスに負けるのだ…。

惇忠は、アヘンで中国民をボロボロにしてのっとったと言い、栄一は日本もそうなるのでは…?と懸念します。

そのころ、栄一の姉がふさぎ込んでいました。

縁談相手の家が「つきものすじ」(憑き物筋)の家系といわれ伯父らから反対されていたのです。

千代は一二度しかあったことがなくても、お相手を気に入っていたのでは?

と、栄一に言います。

栄一は普段は強い姉さまが…と訝しがるのですが、強気者ほど弱いことも、またその逆もあると諭します。

偽の拝み屋を追い払った弁の立つ栄一、かっこよかったですね。

001001431_20210313181301

そんななか、いわゆる安政の江戸大地震が江戸を襲います。

ここで、暴走する斉昭にいつもいろいろと意見ができた腹心の藤田東湖はこの地震で亡くなります。

水戸の両田といわれた戸田忠太夫も藩邸を飛び出たところで梁の下敷きとなって亡くなります。

水戸藩のはどめがきかなくなり、桜田門外の変へ…といわれています。

次回は、百姓でもなんかできるはずだっ!!と栄一が意気込むようですが…。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年3月 7日 (日)

sei ten ten 第4話

ペリーが再来航するのが目前となり、幕府がバタバタしていた頃、栄一はよりよい藍をつくるにはどうしたらいいか…仕事に邁進する日々です。

時期将軍とみなされている慶喜の小姓に平岡円四郎が抜擢されます。

自分が間違っていたら正して欲しい、と。

円四郎のおかげで栄一と信頼関係を結んでいくことになる慶喜ですね。

そんな中、法外な御用金をよこせといわれ、おかしいっ!!!!と思う栄一。

また今までとはイメージの違う井伊直弼がでてきましたね。

Rimg0147_20210306212001

岸谷五朗さん。

以前有楽町を歩いているところをみかけました。

ものすごいオーラでした…。

大老になってからはご存知「安政の大獄」で、反対勢力を弾圧し、また桜田門まで一直線…ですね。

次回は安政大地震、のようですが、幕末は地震が多かったようです。

ちょうど3.11から10年ですし、意図してあわせたのでしょうか。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年2月28日 (日)

sei ten ten 第3話

父とともに江戸に行き、にぎやかさに圧倒される栄一。

今日は祭りか…と。

そのころ東京の人口は100万人ほどだったんですね。

商売の大変さも目の当たりにします。

また、その年は藍葉に虫がつき不作となってしまい、栄一は自分で藍葉を買い付けに行きたいと母に嘆願します。

父には少しダメ出しをもらったものの、よくやったと褒められます。

016101071_20210224101101

そのころ、ペリーが来航して大騒ぎとなっていたのです。

家慶ば没し、次期将軍に慶喜の名が上がりますが、斉昭は自分を傀儡として政治をしたいだけだとはねつけます。

今日は平岡円四郎が出てきましたね。

慶喜のあつい信頼を得る家臣となります。

のちに水戸藩士に暗殺されたのも、聡明すぎたからではと渋沢栄一は言っています。

次回はついに開港。

御用金の多額さに、理不尽さに、この世は何かおかしいと感じる栄一…。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年2月21日 (日)

sei ten ten 第2話

少年栄一は、父について藍葉の仕入れなどの商売を学びつつ、祭りの大好きな少年です。

獅子舞が楽しみだったのですが、「おかみ」から人手とお金をねん出するよういわれ、祭りがなくなってしまいます。

男たちは人工として働き、藍を摘み取り疲労困憊でしたが、栄一の母は辛い時こそ、と歌いながら作業をします。

そんな時、いとこの喜作と獅子舞をする栄一。

獅子舞の中身が大人になって、少年から入れ替わりました。

001001081_20210221060901

商売の勉強に剣術、読書に夢中になる栄一。

父が商売のために江戸に行くことになり、ついていくことに。

やったぞーーーっ

喜ぶ栄一。

深谷から東京まで当時どのくらいかかったんでしょうね。

そのころ一ツ橋家に入った七郎麻呂は慶喜となり、彼も少年から大人に変わりましたね。

跡継ぎは慶喜にちがいないと噂される中、自分は将軍になる望みがないと言います。

家慶はペリーが浦賀に来航した嘉永6年の6月に熱中症で没してしまいます。

いよいよ歴史が動き出しますね。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年2月14日 (日)

sei ten ten 第1話

はじまりましたね。

渋沢栄一の生涯と日本の夜明け…。

農家に生まれたわんぱくな男の子、栄一の激動の人生。

時代に振り回されるというよりは自分で切り開いていくタイプですね。

深谷は大盛り上がり。

うちからは遠いですが…。

お妾さんたちとの間に50人も子供がいるという伝説は本当なのでしょうかね。

15210802610651_20210214110801

今日は第一回なので顔見世興行ですね。

わさわさしているうちに終わったような。

子役の栄一はかわいいのですが…。

同時に御三家の水戸での話も。

斉昭の子、七郎麻呂が一ツ橋家に入る話が出て…。

斉昭…イメージにあってますね。

一回目の今日は、逃げて捕らわれ藩の陣屋にいる罪人を見に忍び込んで、栄一少年が日本を守ると心に誓うところまで。

罪人とは高島秋帆で、オランダ語でぶつぶつ言っているのでした。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年2月11日 (木)

sei ten ten もうすぐ

その昔、東京商工会議所ビル内にオフィスがあったので、渋沢栄一に関しては詳しい…わけはなく、渋沢栄一のビデオも何度も見せられたが、あまり覚えていない。

谷中に行ったとき、大きな墓所があったな。

でも、私の幕末は新選組まで…。

日本の夜明けに疎いかも。

15210802610651_20210201213101

来年の家康が楽しみだよ~(数年前は麒麟が楽しみだった…。)

そして熱烈な大河ファンにかぎつけられないように、10年もの間、題名はいつものように怪しいものに。

最近の人だから、逸話などはあまり史実からそれないようにしていくのだろうか。

今までの渋沢像からすると、なんだかしゅっとしている気がする。

慶喜はつよぽんらしいが、以前小泉孝太郎がはまっていた。

好青年の役が多い中、きっちりいやらしさも出ていて、今までで一番と思ったものだが…。

又、「江」の時の家康、北大路さんが家康で登場とか…。

なんかの回想シーンか…風間君とは大違いな雰囲気。

歴女をきどるつもりも幕末女子でもないのだが、1年間だらだら感想を述べるのにつきあってね。

 

 

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

その他のカテゴリー

2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 2021大河ドラマ「青天を衝け」 miki miki sewing mikiおすすめの逸品 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 占い・タロット 大河2012『平清盛』 大河ドラマ『江』 学問・資格 小笠原旅行 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー