ダイビング

2022年8月12日 (金)

日々是海の日でいたい

台風っぽい風がふいています。

オープンウォーターの講習を受け始めたのが、8月でした。

伊豆海洋公園でOWの講習を受けるのに、当時7日間必要だったので、週末と祝日を使って8月と9月に通いました。

3週末台風が来ていた、台風のあたり年です。

出入り場所も往路復路が一緒で、コンクリートなど流していないごろた石でした。

なのでフィンを早めにつける人は後ろ向きか横向きに歩いて、フィンをかかえて入り泳ぎだしてからつける人も。

出てくる人優先でしたから、高波の時は悲惨でした。

慣れた方々は、ごろた石にフィンがくっついているかのように立ってましたが、海洋実習1日目だと、自分が今どんなかっこうになっているかもよくわかりません。

201105210943001

今はショップを経営してらして、その頃は海洋公園で教えていた方によると、少し波うちぎわでゆらゆら遊んだりするといいということ。

波のリズムなどを感覚的にからだにおぼえこませるとか。

いろんな思い出があります。

OWとった日からこの8月でとんでもない年数となっていました。

201105210943000

ドライの講習も、アドバンスからインストラクターの試験まで、全部IOPです。

インストラクターの試験は、ほかの場所でもありうるので、慣れた場所で受けられたのはラッキーでしたね。

浮力の練習などは場所選びも重要になるので、前日に「ここだ」と思ったところの石を少しずらして平坦にしたりしたり、小石を拾ってひざをつきやすくしたりと細工をほどこし「場所選びで高得点、ひひひ」などと思っていたら、当日は私が1番にイントラ役、あと3名のうち、海洋公園がはじめての男性1人がダイブマスター役(彼に指示出し→DMにできることとできないことがあるので注意→→点数のうち)もう一人の男性と一緒に受けている友達のharumiちゃんが講習生役。

まっすぐ件の場所に行き、やったのだけれど当たり前だよね。

こちらは海洋公園知ってるからアドバンテージになってしまう。

海洋公園はじめての男性二人もその場所使って喜ばれた…ちーん。

ウエイトの脱着とか、マスククリアとか、デモンストレーションが好き。

が…ロクハン着ていた男性陣のウエイトが重くて、水底から華麗に取ってこれず。

ぬおーーーーっ

BCに空気を入れすすぎははずかしいので、キックで上がる、ぜーぜー

今ならあがってこれないな…。

プール、海洋ときて、次の日はレスキューコースの指導、ヘッドアップでしゃべりつつ泳ぎます。

波に声が消される。

自分のことより講習生の安全を…。

てんで、追試をうけさせられたレスキューイントラ部門。

海底、中層、水面から3人トレーナーが見ていて気もぬけないし、手も抜けない…。

ペーパーの方も、かつてないほど勉強しました。

その後、不定期に検定があり、生業としている皆さんがかき入れ時の夏、秋をさけるので冬とかに。

ドライだと動きづらいので(プールとか)、へたった5mmで受けたら

気候にあったスーツ選びも重要、とあとで言われてチーン…。

海の思い出は、たくさんあるけれど講習受けて頑張ってた夏は、本当にいとしい。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年6月 8日 (水)

夏間近

梅雨があけたら本格的な夏の到来です。

この夏こそダイバーになりましょうっ!!!!

まずは体験ダイビングから。

体験ダイビングは、10歳とかのお子さんでも大丈夫なところが多いです。

納得のいくまで説明を受けましょう。

少しでも不安があっては、ならないように。

大丈夫。

ちっ うるせーな…などと思うショップの人はいませんよ。

「サメって人食べるんですか」など、サメ系の質問は何千、何万と聞かれているはず。

Rimg02481_20220608210201

何でも親切に答えてくれるはず。

それは、全員最初は素人だったから。

ダイビングばかりは、見よう見まねでできませんからね。

不安なところからスタートしてますから、はじめての人のケアに心血注ぎます。

大好きになってもらいたいですから。

もちろん、すでにお仕事はご勇退、これから新しいことをはじめたいな、という60代以降の方も。

年齢の上限はありません。

外国ではシニアダイバーが多く、大人のスポーツ、という感じです。

リゾートでもがつがつ潜らず、一週間に2本くらい潜ったり…。

水中でぼーっとするもよし。

お魚に見ほれるもよし。

写真を撮るのも楽しい。

私の生涯でダイビングに出会えたことは本当に至福。

この感動は、味わったことのない方はぜひっ!!!!!

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年4月25日 (月)

海もん そして…

「海底47m」の続編、「海底47m 古代マヤの迷宮」を観た。

海行く前に観たら、誰もダイビングしなくなるんじゃ…。

ユカタン半島が舞台で、ダイビング超初心者がシングルタンクでケーブダイビングってね。

死にに行きたいのかっ!!

しかも、フィンなしで手足をバタバタ動かす…。

空気のゲージ、私は満タンよといってみんな潜り始めるんだけど、表示がデジタルで100。

これが100%ということらしい…マジ??

こういうの主流なの??

ゲージはアナログ使おうぜ。
001001081_20220422122701
いったいどのくらい入ってるの??

スチールの普通のタンクだから、170位が100%?? わからん。

でも遺跡崩れて、入ってきた出口ふさがって…狭い通路にホオジロザメ登場。

主人公のパパたちも洞窟の中で作業。

シングルタンクで支援タンクもなし。

予備もつけてないし!!!!

急浮上したり、エアポケットで息したり。

海ではさめよりエア切れが怖い、また減圧症も。

そして、やっとあえたパパもあえなくさめにぱくられる。

決死の覚悟で出口を探すと、超楽しそうな…いやすさまじいビッグカレントが彼女たちの前に立ちふさがる。

ずいぶん前に、残り19%になっていたエア…。

あのカレントでキャーキャーいって、下げ潮に逆らいながら岩をつかまり匍匐前進。

すぐにエアはなくなるでしょう。

5%…あのカレントではひと吸いというところか。

しかもついにエアがなくなって…。

息を止めるのよっと妹。

ぎょえーーーーっ。

息は吐き続けましょう。

変なところが気になって、集中できんかった…。




 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年3月10日 (木)

海もん

海中が出てくる映画ってサメとかお宝とかでB臭がぷんぷんするのですが、綺麗な海が出てくるのでストーリーはまっいっか、みたいなところもあります。

きれいなカリブ海が出てくるのは『イントゥ・ザ・ブルー』

故ポール・ウォーカーが出ています。

長いフィン履いてね。素敵ですよ。

ダイビングインストラクターの役なんですが、ひっくり返ったり逆立ちしてるダイバーを直してあげたりする冒頭のシーンがリゾートのイントラっぽくて。

でも、レギュはひとつしかぶらさがってないようです…。

まあ、サルベージってわくわくだけど…。

いつも思うのが、外国人女子、水着の上下が同じ柄じゃないことが多い。

お店でもバラバラで売ってる…。

Rimg04511_20220310142001

お次は『MEGザ・モンスター』

B臭…。

みんな大好きマリアナの海。

ジェイソン・ステイサムが巨大鮫に追っかけられる。

ぜひ、フィンを装着してもらいたい…。

相変わらずかっこいいのだけど…。

マリアナ海溝は世界一深い。

映画の内容は…ちと浅い。

ジェイソン、アクションから少しずつシフトチェンジ??

 

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2022年2月11日 (金)

あれから17年

最近、この駄ブログにいらして下さる中で急上昇の記事…。

『一夜漬けの君に捧ぐ』

潜水士試験を受ける方に書いたものですが、あの時点ですでに古い。

これから受験受付ですよね。

17年も前の古い情報で、きっと得るものはないはず…。

なんか申し訳ない。

この頃はテキストもいろんなのがあるみたいだし。

Rimg00111_20220211100701

合格率も高いから、と何もしない人「だけ」落ちるという試験。

得意なところだけやっても、ほかが4割以下だと足きりな試験。

それだけ。

レジャーダイバー関係ならば、見覚えのないところだけ抑えればOK。

全くブラッシュアップできていないことが露呈するけれど、関係法令も変わっているので、無料講座のサイトを拝見するといいかも。

いろんな方が運営していると思いますが、講座のあと練習問題と解説があるのはいいですね。

その後年月を経て年も取り、ほかの国家資格もいくつかとった私でありんす。

健闘を祈ります。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2020年12月16日 (水)

イントラ更新

イントラの更新季節がやってきた。

インストラクターの資格はあっても、イントラとしての活動をしないインアクティブのステータスに最近はしている。

もう、やめちゃおうか…と何度か思ったけれど、やめてあとからイントラの検定受けても無理でしょう。

なんて考えてズルズルと。

自分のこともままならないのに人様になんて…。

でもダイビングのインストラクターの資格持ってる、というとほぼ100%驚かれる。

驚かす道具のためにも持っといた方がいいか…なんちて。

インターポット

書類も以前は会報誌についてきた更新書に記入してFAXして…という手順が、今回はPDFでやってきた。

そしてメールに添付せよ、と。

えーーーっ

PDFの更新書に直接入力するために、お試しソフトまでインストール。

だったら、電子署名までできるタイプの書類にしたらいいのに。

署名欄も入力してしまった。

自筆かしら…。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2019年11月 8日 (金)

隔世の感

昨日、web年調の事を書きましたが…。

ダイビングの講習も(座学だったところ)いまや、webで学習するのが主流ですね。

パソコンを使った学習は、20年くらい前からでしたでしょうか。

テキストも紙とdvdと選べたり…。

私がOWの講習を受けた時は、プールなどの実技が終わって夕飯食べてから、また海洋公園にとってかえし、眠い目をこすりながら夜半近くまで座学だったような。

でっかいテキストだったな。

重かったな…。

はて、どこにいったかな。

Rimg03471_20191108204301

まあ、webだと自分のペースでいつでもできますし、ひょっとしたら通勤中にスマホでできたりするのかな。

どうなんでしょうね。

テストもパソコンなのかな。

さすがに紙かな。

座学の間はなんだか眠くて、テキストに落書きしていた気がするの。

今頃からベストシーズン。

次に行けるのはいつかなぁ。

 

人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2019年10月 3日 (木)

心も波の下に

しかし、私は決して立ち止まって渚に俯いてはいない。波とともに海まで歩み続ける。

とはロマン・ロラン。

たちどまって、海にみとれているのではなく、波の下に入らなくては。

まさに大洋感情!?

Rimg01281_20190831124801

こうして、なんとか海にたどりつきはしたが…。

波の下に入るのが久しぶりゆえ。

ここはひとつ、ヨガの呼吸を思い出す。

つまりは吸う息より吐く息を長くする。

大気を圧縮して海に持って入り、呼吸をするとはなんたる傲慢…。

常に「お邪魔しまぁす」という気持ちを忘れてはいけないのだ。

OWになったあの日も9月だったんだっけ。

ちょっと思い出して書いてみました。


 

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

 

2019年9月26日 (木)

日々是海の幸

小出しにしている伊豆の旅。

前に来たのは何年前…??

この駄ブログにもでてきますので、10年以内ではありますね。

くろ吉さんです。

久しぶり。

ひとつひとつがボリューミーです。

Dsc_0739

時間によっては終わってしまう定食もありますが、何年たってもかわらないメニューもあります。

今回伊豆ではのみませんでしたね。

そもそも完全体じゃないところのギックリとで…次回のお楽しみってことで。

観光地値段とおもいきや、そうでもなくて。

とにかく、どこも量が多いです。

もちろんおいしいので完食です。

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

 

2019年9月25日 (水)

日々是海の日 至福の日

何も見えなくとも

あの藍色をぐんぐんといけば

からだが海に溶けていって

自分が海の一部になったかのよう

瞬間からだがふっと軽くなる。

タンクを下にからだを反転。

仰ぎ見る陽の光

それはため息が上昇していくのをみつめる至福の時間。

byいつかのmikiの日々是海の日より

Rimg01281_20190925224501

ほほほ 詩人じゃまいか。

ふたたびまみえた伊豆の海。

ダイバーmikiの誕生した海。

東が潜れなくて行った黄金崎は、mikiがイントラとしてはじめて海洋実習をした海でもあり。

おかえりなさい。

そう聞こえた気がしました。

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 2021大河ドラマ「青天を衝け」 2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 miki miki sewing mikiおすすめの逸品 mikiのoccult考 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiアマプラを観る mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH VS虫 おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 占い・タロット 大河2012『平清盛』 大河ドラマ『江』 学問・資格 小笠原旅行 御朱印を頂きに 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー