ダイビング

2024年5月29日 (水)

こんなモルあんなモル

ミリヒリゾートは確か、ダイビングごとに500mlのお水のボトルがついてきて。

それは、部屋にも毎日。

でも、普段から水分をあまりとらない私の手元にはいつしか水のボトルが増えていったのでした。

何本かはもったいないから、日本に持ち帰りましたよ。

あ、写真はココアです。

小さな島はぐるっと歩けて静かだし、いいのだけれど。

キャパも小さいからダイバーの数も決まっていて。

Rimg05311_20240529204701

大きめの島は、何艘かボートがあるので行先も選べたりするのですが。

1艘だけだと、いいポイントの近くなのに行けなかったりもします。

たくさんボートがある島は、ホワイトボードに名前を書いたりして。

夕飯時にポイントのリクエストやガイドのリクエストを聞きにくるところもありました。

たいていはチェックダイビングがありますが、

①ショップのツアーでイントラが引率。

②潜ったのが先週とか、最近。

③ちょっと久しぶりだけど、インストラクターの資格がある。

こんな時はチェックダイブを割愛されることもあるし、1本目は様子見ダイビングで泳ぎとかをチェックされることもあれば、もうすごい浅瀬で講習さながらマスククリアだのなんだのやらされることもあります。

ビーチにはいっさいガイドがつかないところではじめてのところは、チルチルミチルみたいに落ちているものをたどって帰ってきたりもしました。

コテージも2階建てのアパートみたいなヴィラから、1棟独立で1つ、ないし2つの部屋、人気の水上コテージ、いろいろです。

サーファーの多い島、釣り人の多い島、ダイバーばかりの島…。

サーフィンの大会が行われる島とかも行きました。

ダイバーは「ここまで来て潜らないとは…」サーファーは「この波の下を潜るなんてもったいない」なんてお互い思ってたりね。



 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年5月28日 (火)

モルの思い出その2

韓国の女優が、新婚旅行で泊まったイタリアのホテルでアジア人差別にあったという記事がネットにあがっていた。

韓国では有名でも、イタリアに行けば…ということか。

アジア人はすごく若く見えるし、いいホテルだっただろうから生意気と見られたのかな。

この間来日コンサートに行ったイタリア男子の『日本の女性は皆きれいで洗練されている』というリップサービスも、本国に帰ったらそんな言葉を言ったことすら忘れているのかもな。

と、いうことで、またまた懐かしきモルディブの思い出。

そこはアリ環礁にあるイタリア系のリゾートで、お客さんもイタリア人が多く、にぎやかな感じ。

ショップのツアーで言ったのだけれど、初日は皆星空の下でディナーを頂く夕べ。

でも場所が…ひどすぎ。

中国人の親子ともども、末席も末席だった。

しかも、ダブルブッキングしてしまったので部屋をあけてくれないか、などとスタッフが言ってくる。

スタッフルームに泊まってくれれば、イセエビをプレゼントすると提案があった。

師匠は喜んで、イセエビを頂きそうだったが。

Harumiちゃんと私は、まだ若く日本人女性としてのプライドがあった。

ばかにされている、こいつらにえびでもあげとけば…というのが透けてみえたのだ。

まあ固いこと言わないで、と師匠。

本当に困ってそうならば、仕方ないかも…だけど、違う。

絶対いやだ。

いまならエビかもしれないが、その当時の誇り高き日本人女性は抵抗した。

R00102351_20240528212901

ダイビングでリベンジだ。

日本人の女性というと、浅くてきれいなお魚さんたちがわーーーーっ みたいな場所に連れて行けば…という風潮が業界にはあった。

クダラという島の近くは、はっきりいってびゅんびゅか流れている。

常にからだがもってかれそうだったし、潜行して集まる場所はざぶとん1枚分しかない岩。

そこに全員でとりつく、とかね。

でも、負けないっ!!!! 

師匠が「流れが速いから体をたてずに頭を低くして、すごいいい姿勢でみんな潜ってたね。」などと感想を述べた。

つきささってくるようなバラクーダの群れがこちらに向かってくる。

マスクもふっとびそうだし、パージボタンが押されて海水が入ってくる。

あんなポイントに今入ったら、昇天だな。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年5月25日 (土)

儚い椅子取り合戦

モルディブの某リゾートでは、独立型のコテージが海近くに並んでいて、各コテージ前には椅子があり、プライベートビーチみたい。

背中の傾きが調節できる、あのどこにでもある椅子ね。

隣のコテージには、ドイツ人のご夫婦が。

ダイバーではないので、日がな一日読書をしていたりする様子。

が、我々がいないと、我々の椅子をいつも持っていってしまうの。

あれ、椅子がない…引きずったあととともに、

『あ、あそこだ。返してもらうべ…2人ともどっか行ってるし。』

001001441_20240525220801

飲み物やタオル、荷物を置くのにもう一台あるといいと思ったのか…よくわからないけれど。

この椅子取り合戦は、帰る日まで続き…。

我々は、モルゲン夫妻にまた取られた…などといいつつせっせと椅子を運び。

生活パターンが違うので、ひとつの椅子をひっぱりあって…ということはなかったものの。

このコテージは、大きな地震がその後にやってきてこわれてしまったみたい。

椅子も…流れていったのか…。

椅子取り合戦もいい思い出。

モルディブには10回行きました。

ひょっととたら、記憶違いやリゾート同志が混じったり…でも、思い出しつつ書こうかなと。

ずいぶん前に行ったところだと、オーナーが変わったりしたところさえ。

資本がもう違う国とかね。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2024年1月31日 (水)

初回の感想すら忘れとる

またまた古い小説を読んでいる。

ここ数日はロバート・ゴダード。

ダイビングの事故があり…って全く覚えてなかった。

このブログにも感想を書いた気が…。

恐ろしい、自分が。

00030001_20240131204301

沈船に潜ったために…という。

ふたりで潜って離れるなや。

ましてや沈船に入ろうとしたら、一人で行かせない。

潜る前にバディチェックを怠るな。

事故で済まされたその事件に双子の妹が、と。

なんか思い出してきたかな。

外国人って本当に沈船好きねーー

あんな広い海に潜ってあんなに狭い場所に入るとは。

ホースがひっかかるぞーーー。

迷うぞー。

そんなことより重油とかがウエットに着くのがいやだ。

 

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2023年10月 6日 (金)

いつかは

今日もすごい北風。

シベリア通りでアゲインスト状態でした。

さて、この写真はモルに最後にいった時の。

あったかそ~。

懐かしい、暑いのが。

日本の夏ほど暑くはないし…。

もう、彼の地はどこぞの国の人がわーっと来て、わーっと2日くらいで帰って(ほかの島に移動かな)いくってね。

水上コテージの下には、彼の地の言葉入りオムツが捨ててあんの。

サンゴにひっかかってるのを、スノーケリングしながらはずしたりね。

2013081911540001_20230927153701

最初に行ったのは、もうずいぶんと昔になってしまって。

そのころでさえ、昔の方がよかったなんていっているダイバーがいたもの。

その昔、釣り人とダイバーしか知らないようなモルディブは、シャワーヘッドからぽたぽたと落ちる塩まじりの水で時々でなくなったりするような宿しかなかったそうな。

でも、魚影もサンゴもすごかったって。

いつかまた昔のモルディブが復活しますように。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2023年9月26日 (火)

秋風

9月も残り少なく、やっと涼しくなったかなと思ったのも一瞬。

今日の蒸し暑さといったら…。

冷房がきいていても、少し動くとじとっとするとか。

2か月遅れの海は、今が夏。

水温はどうなのかなぁ。

9月って5ミリのイメージ。

伊豆だと。

001001081_20230926195101

11月くらいからドライも快適で。

中薄着で、ちょうどいいみたいな。

頭だけちゃっちゃと洗って、楽といえば楽ですが、からだ全部を海につけたい時もありますよね。

海から上がってもそんなに暑くなく、中は快適だったと思った9月。

今年なんてどうだったのかな。

9月にOWとったので、思い入れがあります。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2023年9月 5日 (火)

体力とダイビング

海洋公園で講習を受けていた時も、台風が近づいていた。

エントリー口は、海に入る人海から出る人同じ道だったあの頃。

あがっててくる人優先で!!!!

と叫ぶ声が聞こえる。

出てくる人は、岩をつかみながら…。

入る人は、その背中、タンクのところをつかまりつつ。

そしてひときわ大きな波が来たら、二次被害三次被害でだんごのように沖にもっていかれる。

これから潜る人は、その勢いで波の下に入ったり、ブイのほうまで一気にすすんだり。

002600501_20230905194301

問題はせっかくあがろうと、疲れたからだであと数メートルってところのダイバー、また沖に…。

ここは抗わずに、波をみて…。

いまだっ と思っても、入ってくるだんご集団におしつぶされる。

慣れてくると、フィン脱着のタイミングもわかってくる。

フィンと足がごろたにはさまれたまま、波に翻弄されることもなくなる。

懐かしい。

今なら体中硬くて、フィンとかうまくげないかも。

土曜日の昼下がりなんて、押すな押すなで大賑わいだったな。

タンクもなくなって、争奪戦とか。

海の近くにタンクがあって、歩かなくてすむようになる前は、クラブハウスのところからえっちらおっちら。

送り出しにいくのに山越えとか。

できないだろうな…。

体力がいる伊豆ダイビング…。

体力だけが自慢だったあの頃。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2023年8月19日 (土)

旅の最後の

何にも考えずにぼーっと潜るのが大好きでした。

特に、旅の最後のダイビングは塩抜きしているカメラは持たずに、のんびりとのんびりと。

ラストはたいてい浅くて静かで。

でも、たいていその日が旅の最初のダイビングの人と一緒になって。

いいなぁ

これからなんだな…。

うらやましくなって。

船を降りたら、浅瀬でOWの講習を受けている数人が見えて。

002600501_20230819195301

この切なくて寂しいような、でも楽しい旅の最後のダイビングが大好き。

それは1泊2日の短い旅でも。

10泊以上の旅でも。

いつも不思議だった。

ウエイトはどんどん軽くなって。

南の島だと、ほとんどいらなくなる。

旅の最初はからだに力が入っているのか3キロつけてても。。。

最後はノンウエイトになることも多い。

人のからだの不思議。

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2023年7月22日 (土)

梅雨明けるのかな

梅雨があけようとしています。

梅雨が明ければ「梅雨明け十日」

本格的な夏ですね。

明日はNHKで夜9時に紅海が、しかも深海の調査の映像が見られるみたいです。

涼しそーーー

以前行ったとき、シャルメルシェイクから船でダイビングに出かけました。

港は白いクルーザーがどぁーっと並んでて…。

甲板は50度超

海の中は25度

000300011_20230722100501

クルーザーの日陰のところはヨーロピアンが占領。

友達と私は、暑さをものともしないエジプシャンクルーたちと外にいて、いやというほど焼けました。

なんで暑くないの??

だってエジプト人だもの…という答えが。

部活の時みたいなつやブラウンではなくて、艶消しこげ茶っぽく焼けた。

固有種は多いし、透明度はいいし、

おすすめなんですけれど…。

遠い遠い

1~2ストップで24時間くらいかかった。

そんなに長く飛行機に乗っていても、エジプトの飛行機ではお酒が提供されません。

そのかわり、成田のラウンジで2本ほどは無料でもらい(ビールとワインだったか)それ以上はターミナルで買うんだったか…。

今じゃわからないけれどね。

体力のあるうちに遠いところにいってしまおう、と遠くの海へ行っていた私たち我々でした。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2023年7月15日 (土)

requiescat in pace

よく使う、好きな写真。

これはマレーシアのティオマン島の海です。

GWなどまとまった休みがとれるときに、お友達と毎年のように行っていたのです。

泊まる村も宿もその時々で、食べ物もおいしく友達もたくさんできました。

もちろん、主役の海も素敵です。

日本の人にはまだまだ知られていなかったし、たまにいらっしゃる日本人はマレーシア駐在の家族の方とか…。

バックパッカーもけっこう来ていました。

とにかくのんびり、時がゆっくり動いている島でした。

R00102581_20230715195001

長逗留の間にダイバーとなる旅人も…。

ヨーロッパからの旅行者が特に多かったですね。

島には自分と同じくらい大きなとかげとか、自然もいっぱい。

ジャブジャブ歩いてエントリーする遠浅のビーチのダイブサイトには大きなこぶしめなんかもいて。

いつも利用するショップに、ある年からスタッフとして働いていたFさん。

奥さんもショップの仕事をしていて、Fさんの弟さんもダイブマスターとして働いていました。

我々はよくよくいろんなサイトに潜り、一緒にごはんを食べ、ある時は彼のうちのお引越しの手伝いをして引っ越し先でごちそうになったり。

しばらくお会いしていないけれど、フェイスブックではお元気そうであちこち潜られているようでした。

そんな彼の訃報が。

私より先に逝くなんて絶対思わなかった。

無邪気な笑顔が思い出されます。

いろいろと思い出がありすぎて…ただ、ありがとう。

ゆっくりゆっくり休んでね。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2011大河ドラマ「江」 2012大河ドラマ「平清盛」 2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 2021大河ドラマ「青天を衝け」 2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 2023大河ドラマ「どうする家康」 2024大河ドラマ「光る君へ」 miki miki sewing mikiおすすめの逸品 mikiのoccult考 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの終活 mikiの虎ノ門日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiアマプラを観る mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH VS虫 おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム コロナ譚 スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 今昔シリーズ 占い・タロット 学問・資格 小笠原旅行 御朱印を頂きに 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー