« やはりオリジナルが | トップページ | 新年度 »

2024年3月31日 (日)

hikaru 第13話

先週から4年の月日がたっていました。

道長と倫子には娘も生まれ、道長は2人の妻がありながら、まひろからの漢詩を文箱に隠し持っていたという…。

摂政はもう長くはなく、正気を失うこともしばしば…老いといいつつ、まだ60前後だったような。

為時は相変わらず職はなく、日に日にひっ迫していく生活。

まひろは働きに出ようとしますが、うまくいかず…。

そんな時に倫子から声がかかり、働かないかと。

とてもうれしいけれど、もう働き口が見つかった、などと寂しい嘘をつくまひろ。

辞する時に道長とばったり、という最後でした。

Abc1_20240331194401

そしていつのまにか公任(マチケー)の父頼時(橋爪淳氏)が亡くなっていた…。

どんどん単純化していかないと、わけわからなくなっていく…。

道兼(極悪で道長の兄)の奥さんは、父兼家(段田氏)の妹、つまり甥っ子と結婚て無理無理…。

職も人も変わっていくし。

展開は韓国ドラマ風でもあるし。

次回はついに兼家が没し、お家がもめて…という。

長男は身内びいきがすぎるみたいで。

来週も楽しみ。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« やはりオリジナルが | トップページ | 新年度 »

2024大河ドラマ「光る君へ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やはりオリジナルが | トップページ | 新年度 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー