« 啓蟄もすぎ | トップページ | hikaru 第13話 »

2024年3月30日 (土)

やはりオリジナルが

何年かごとにリメイクが出るオーメン。

この4月にザ・ファーストが封切ということもあって、アマプラの中に2006年版が。

さっそく観てみる。

が、やっぱり悲しい父親はグレゴリー・ペックでなければ…。

もうほとんど同じストーリー。

あれ以上いじれないものね。

とはいうものの、少し現代なので、あのダミアンがTVゲームとかしてるの。

みんな携帯とか使っているし。

オーメンに文明の利器は…どうよ。

キーマンのカメラマンも今やデジカメだから、あの暗室のシーンもあるけれどパソコンもあるんで。

ちと無理くり感が否めず。

00260058_20240330201201

オリジナルはずっと陰鬱な感じの画面と、何といってもあのBGM。

教会の鐘の音と、あの合唱が怖いのよ…。

あれから合唱ものをホラーに使うことが多くなった気が…。

だいぶ不気味さマシマシってね。

そして子役はなんか、丸顔ダミアンと違ってほっそり顔なんだけどうまいと思う。

ミア・ファーローがさすがの演技で全部持ってく。

最も恐ろしいのは、今まさに聖地あたりが戦地となっていること。

それがなんだか。



撮影技術が進んでいるからこそわかる「あら」みたいなものも見えるし。

最後わんこのかわし方はナーイス。

やっぱり、「1」はすごいな…などと。




 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 啓蟄もすぎ | トップページ | hikaru 第13話 »

mikiのoccult考」カテゴリの記事

mikiアマプラを観る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 啓蟄もすぎ | トップページ | hikaru 第13話 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー