« 家族とは | トップページ | まちわび »

2024年3月24日 (日)

hikaru 第12話

まひろと道長の気持ちは通じ合っていても、すれちがってばかり。

ついに道長は、左大臣の姫である倫子の婿になる決心をします。

正妻でなければ、と一度は断ったまひろも妾(しょう)でもかまわないと道長の元に走りますが、婿に入る相手が倫子だと知ると、身をひいたのでした。

北の方(正妻)の地位があっても、妾と同じようにつらいのではないでしょうか。

どっちにしろ…。

罪よのう…。

父為時の妾なつめもまた、この世から旅立ちました。

今際の際に、娘と会いたがっていたのを知って、娘を連れてきたまひろ。

今生の別れができた「さわ」はまひろのところに通い詰めます。

R00102311_20240324213501

また、庚申待ですが、人間の「頭」「腹」「足」に三尸(さんし)の虫がいて、悪事を見張っているのだとか。

庚申の日に天に昇って、その人の悪事を帝に報告すると言われています。

罪によって地獄に落とされないように、つまり虫が天に行く道を封じるために、人々はその日は眠らないという…。

60日に一回めぐってくるので、1年に6回はあるわけですね。

夜が長いですよね。

いまなら一晩の徹夜ぐらいと思いますが、鳴り物ならしたり、辛い物を口にしたりけっこう苦労したようですよ。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 家族とは | トップページ | まちわび »

2024大河ドラマ「光る君へ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族とは | トップページ | まちわび »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー