« hikaru 第5話 | トップページ | たっちゃんではなく »

2024年2月 5日 (月)

ぎ爺陽性

一面雪景色。

都心も、我が家近くも…。

今日は少し早く帰宅したものの、いつもと変わらない時間帯に。

すごく混んでいたので、皆さんも早く帰ったということか。

北風で前になかなか進めず、買い物をすれば店ももうすぐ閉まるところ。

明日の開店も11時とな。

さて、こんな寒い日。

帰宅すると爺が熱を出していた。

R0010260_20240205211601

このごに及んで、コロナの疑似陽性とのこと。

疑似陽性は、限りなく黒に近い、いや陽性に近いということらしい。

私のコロナは「みなし陽性」だったが、何が違うかといえば、コロナの陽性患者の濃厚接触者が、のどが痛いなどの症状が出た時に、検査なしでドクターがコロナと診断をくだすこと、みたい。

ということで、爺は隔離状態。

9度5分あるらしい。

そのくらいあると、逆にハイになり、若干楽という人も多い。

つらいのは微熱…。

37.8度くらいか…。

まあ熱は何度あってもつらいよ。

熱がなくても生きにくい世の中だよ。

皆さまもお気をつけて。




人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« hikaru 第5話 | トップページ | たっちゃんではなく »

心と体」カテゴリの記事

コロナ譚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« hikaru 第5話 | トップページ | たっちゃんではなく »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー