« ダイヤ | トップページ | 今度はエポ… »

2024年1月28日 (日)

hikaru 第4話

三郎に本当の身分を打ち明けたまひろでしたが、三郎は…。

花山天皇のもと、久しぶりに官職を得た父為時。

早く自分の孫の懐仁親王を天皇にしたい兼家(右大臣・段田氏)は、焦っていました。

ただし、譲位した円融天皇(坂東氏)に毒をもったとあらぬ疑いをかけられた詮子(兼家の娘、吉田羊氏)は、怒って兼家のところに乗り込んで、息子は思い通りにさせないといい放ちます。

出てくる人々がほとんど藤原氏なので、下の名前…と思うけれど混乱しますね。

倫子(黒木華氏)に頼まれ、五節の舞の舞姫となり天皇の御前に出れば、三郎がいて…。

Abc1_20240128210101

にっくき母の仇、道兼の横にいるのはなぜ?と動揺が隠せません。

舞のあと、同じ舞姫の娘たちが右大臣の息子たちの話をし、三郎が兼家の息子であり、道兼の弟であることを知り、倒れてしまうところで終わりました。

次回は、寝込んだまひろになんとか話をしたいと思う三郎(道長)

三郎も道兼の事件、もみ消した父のことを知り…という、切ない流れが待っているようです。

あまりに昔のこと。

道長と紫式部は、ずいぶん大人になってから親しくなったとか。

紫式部は道長の娘の家庭教師だったみたいです。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« ダイヤ | トップページ | 今度はエポ… »

2024大河ドラマ「光る君へ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイヤ | トップページ | 今度はエポ… »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー