« 愛息とは | トップページ | スケジュール帳 »

2023年11月26日 (日)

do through 第45話

二人のプリンス…

行く末は現代を生きる我々はよくよくわかっているのだけれど…。

秀頼の成長著しく、その美丈夫ぶりで皆をうならせ、家康も翻弄されます。

焦る秀忠にそのままでいいという家康。

弱くて、でもその弱さを認めることは真に強いことという。

秀忠も王道と覇道の深い意味を知り涙します。

二条城の会見後といえば、大河でもお馴染みのシーン。

00260058_20231126190601

鐘名事件です。

鐘名文の中の國家安康と、君臣豊楽というのがいわゆる呪詛にあたるのではと林羅山らが呼ばれて検証します。

てか、羅山…笑い飯の…。

時々お笑いの人が出ているし。

次回はいよいよ大坂の陣。

按針に手配させた大筒で、茶々も腰を抜かす、というシーンはあるのでしょうか。

それで戦意はずいぶん削がれたとか。

戦の元になった鐘はその後もそのままで、明治に鐘楼が再建され現存しています。

いいがかり? いや確信をもっての挑発?

いろんな説がありますが、何をするにも慎重にしないとつっこまれますよね。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 愛息とは | トップページ | スケジュール帳 »

2023大河ドラマ「どうする家康」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛息とは | トップページ | スケジュール帳 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー