« 穏やかな旅立ち | トップページ | 免疫 »

2023年11月30日 (木)

贈る言葉で

代わるといったけれど、父は母の病院に一緒に行って。

いったん帰宅してから金沢八景の方まで行ったみたい。

通夜は終わっているので、妹の顔を見に行ったのだろう。

テーブルの上に母の用意した数珠が置かれていた。

我が家からはずいぶん遠い。

以前、叔母一家は和光市に住んでいたので近くだったのだけれど。

000300041_20231130221401

父はジャーナリストのはしくれなので、冠婚葬祭のスピーチはお手のものだ。

私もいくつかエピソードを用意した。

アレンジして話してください。

これで自分の生家のメンバーは皆送り出した父。

出棺の時、父のうますぎるスピーチに皆涙するというのがパターン。

そんな父もうなるほどのスピーチは、岩手の伯父が亡くなった時、伯父の大学時代からの親友からの言葉。

私もかなり感動したが、父は

うまいな…

きっと嫉妬したことだろう。

父の場合、そして、こんなことを言おう、と思ったら原稿など書かずに本番に臨む。

その方もそうだった。

ごりごり文学部出身の父とは違い、伯父と同じ医師なので文章のうまい理系というところか。

あ、父が帰ってきた。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 穏やかな旅立ち | トップページ | 免疫 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 穏やかな旅立ち | トップページ | 免疫 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー