« 夏空 | トップページ | 海に行きたいな »

2023年7月30日 (日)

do through 第29話

長きにわたった武田軍との戦に終止符がうたれ、駿河、遠江を与えられた家康が、安土からの帰りに人脈づくりなどをするのに堺へ入り、京都へ向かう途中で信長の死を知ることとなります。

手勢の圧倒的な少なさに、一般の農民たちも加わって、家康を狙う者はそこここに。

有名な伊賀越えですが、伊賀を行くのは全行程の10分の1ほど。

30キロもありません。

ですが、伊賀を越えることが生死の分かれ目となります。

その前年までの一揆が伊賀では再燃しており…というのが一般的な見解ですが、伊賀を行くのが最も安全なルートと踏んだので伊賀を行ったと言う人もいて興味深いですね。

15213348274561_20230730105501

伊賀の軍師ということで正信が…。

伊賀越えよりも本能寺の前には帰参できていたとも。

さて、今回は出番が少なかった秀吉ですが、いよいよ出番ですね。

お市の方には徹底的に嫌われている様子。

でも、娘がね…。

ここから少しずつ、お互いの出方を見る家康と秀吉、だと思います。

そして正信は、信頼できる臣下となっていくわけですが。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 夏空 | トップページ | 海に行きたいな »

2023大河ドラマ「どうする家康」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏空 | トップページ | 海に行きたいな »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー