« ナットな気分なのに | トップページ | NTTを語る不届きショートメール来た »

2023年5月 1日 (月)

do through 第16話

今年の大河、尺の使い方に賛否…といわれています。

戦のシーンがナレ終了だったのは、合戦のシーンを省いてでも家康の葛藤を描きたい、とか??

いや合戦のさなか故に、という描き方もできるはずですが、合戦の予算はすべて関ケ原(大阪の陣とか)へということもあるでしょう。

新しいキャスト顔見世興行みたいなのは、都度最後までつきまといますし。

今回は、徳川四天王の井伊直政のほか、武田勝頼、松平康俊(源三郎)など若手が並びます。

井伊直政は、「女城主直虎」で、菅田将暉氏が演じていた記憶も新しいですね。

華奢で美丈夫だった、ということですが板垣李光人氏はそんなイメージぴったりかも。

15213348274561_20230501101001

上杉謙信と手を組もうとするも、信玄に企てが露見して…という今回。

が、信玄の寿命もつきかけていて…。

勝頼はまだ10代半ばですね、千葉ちゃん譲りで強いっ!!(って)

いよいよ三方ヶ原の戦となるわけですが、ここで家康が大敗して夏目広次(甲本氏)、本多忠真(浪岡氏)などレギュラー家臣も命を落としてしまいます。

鶴翼の陣、魚鱗の陣、など陣形は図解で出てきそうですね。

家臣をおとりに逃げてくる家康最大の危機のひとつ、どうやって描くんでしょうね。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« ナットな気分なのに | トップページ | NTTを語る不届きショートメール来た »

2023大河ドラマ「どうする家康」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナットな気分なのに | トップページ | NTTを語る不届きショートメール来た »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー