« kama kurakura 第44回 | トップページ | PET検査からのコンコンコン »

2022年11月21日 (月)

ほんのり

死霊館シリーズの『アナベル 死霊人形の誕生』を観ました。

この作品が絶妙に『アナベル 死霊館の人形』に繋がっていくのですが、ジャンプスケアの多用よりじわ~っとする怖さ満載です。

ちょっとな…と思うのは、やられるのがみな善良な市民てとこで。

閉鎖された孤児院の女子たちが、人形師の暮らす大邸宅に住まわせてもらうところから。

好奇心が身を滅ぼすタイプのmikiみたいな性格の子が……案の定って。

人形そのもので恐怖をそそるアナベルシリーズですが、これはホラーの根底に寂しさ、気の毒さ、悲しさなんか横たわる、ジャパニーズホラー
に似た雰囲気があります。

Rimg03421_20221121142801

実際、ははーんという演出や名前も出てきます。

また、暗がりによく目をこらすと見える…とか、電気がまたたいて心細くなって消えていく…とかジェームズ・ワン監督に東洋の血の流れを見たような。

ワイルドスピードもスカイミッションを監督。

青い空が切ない…ラスト。

(あ、ソウも見たけれど)

スピンオフっぽく、例の夫妻は出てこないけれど。

死霊館シリーズ、怖くないんだもん…ていう方におすすめ。

ほんのり怖がりたい方、特に。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« kama kurakura 第44回 | トップページ | PET検査からのコンコンコン »

mikiのoccult考」カテゴリの記事

mikiアマプラを観る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« kama kurakura 第44回 | トップページ | PET検査からのコンコンコン »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー