« キターーーーッ | トップページ | もったいないから »

2022年10月23日 (日)

kama kurakura 第40回

義時、どんどん闇落ちしていく様子が静かにかかれています。

いつの世でも、うまく世を渡っていく三浦のような武士もいれば、ちょっと不器用でまっすぐな武士もいます。

一族がいるので、なかなか自分ひとりの思いは通せないこともありますが。

和田義盛は、本当に排除していいのでしょうか。

確かに、義時存命の時はよくても息子の時代になれば、一族郎党が…というのもわかりますが。

それでは、と追い詰めるのをやめれば、帰りが遅いのをあやしまれ…。

連絡手段が今のようにあればなんとかなったものを。

義経の時もそうでしたね。

義高の時も。

ちょっとのタイミングで、意思の疎通もうまくいかないまま。

R0010260_20221023211501

弟の考えていることはすべてお見通し…。

政子のセリフですが、いや本当ですよ。

弟の考えること、これから考えそうなこと、すべてわかるのが姉なんです。

そのことを弟も知っていて…。


今日は泉親衡が、顔を見せないような感じででてきましたが、実際よくわからない人のようです。

行方は杳として知れないわけですが、川越まで落ち延びたという話もあるようです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« キターーーーッ | トップページ | もったいないから »

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キターーーーッ | トップページ | もったいないから »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー