« 観たくなる | トップページ | あの味に似てる… »

2022年9月11日 (日)

kama kurakura 第35回

京都から政範の帰還を楽しみにしていたりくと時政。

その愛息の突然死が夫婦に暗い影を落とし、坂東武者の鑑と言われ続けた畠山重忠に怒りの矛先が向いてしまいます。

時房が時政はりくにふりまわされっぽなし、と直接言って義時に「今のはよけい」と窘められますが、「よく言った」という感じ。

あの時代なら、政範の死は親の因果が子に報い…という考えにいきあたりそうなものですが…。

実朝も13~14にはみえないですね。

実際に14歳の寺田心君ではまわりとのつりあいがとれないですし。

心君といえば、リトルベン…TOTOのCMで和田義盛役の横田栄司氏と共演してましたね。

いよいよ来週は人気者畠山氏の最期でしょうか。

埼玉ゆかりの偉人がまた、ひとり。

R0010260_20220911190401

信頼というものはあっという間に崩れるもの。

重忠に言われていました義時。

本当に討つべきは??

あなたはわかっている、と。

しかし、りく(牧の方)三大悪女といわれる政子もたじたじ…?

時政亡き後も、贅沢に楽しく暮らしていたみたい。

執権というのは時政にとってはいささか荷が勝過ぎ、という感じがします。

伊豆で畑をしているのがよかった。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 観たくなる | トップページ | あの味に似てる… »

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 観たくなる | トップページ | あの味に似てる… »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー