« 進路 | トップページ | 古きこと新しきこと »

2022年9月18日 (日)

kama kurakura 第36回

畠山重忠にとっては、義理の父である時政。

自分がない人は執権の役はどうなんでしょうか。

人の喜ぶ顔がみたい…とはいっていましたが。

重忠は二俣川近辺で、自身の息子である重保が討たれたのを耳にし、家臣が戦支度を整え直しては?というのも聞かずに、わずかの手勢で退くことをせず向かっていきました。

副題にあるとおり、武士の鑑、大事にしたのは誇り。

今の自分がわずかに生を永らえるより、末代までの評判や死にざま(生き様)を考えてのことでしょう。

00260058_20220918210901

やりすぎましたな…という義時に「謀りおったな。」と時政。

結局は自分にかえってくるわけですが、義時と政子にとっては実の父。

観てると、政範のとき然り、デマにのせられて動く人々…。

それほど人の心はもろいのでしょうか。

来週はそんな父と向き合う義時。




 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 進路 | トップページ | 古きこと新しきこと »

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 進路 | トップページ | 古きこと新しきこと »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー