« いろいろと危ない | トップページ | タブレットで »

2022年6月12日 (日)

kama kurakura 第23話

曽我兄弟の仇討ちも、富士の裾野の巻狩りも、え??そうなるの??という感じで終わっていきました。

五郎にしかスポットあたらず。しかも勘違いからの仇討ち…うーん。

そして鹿のはりぼてみたいなのは、かわいらしかったです。

美術さん万歳。

だんだんと義時が、クールを通り越して冷徹な感じになってきましたね。

息子役の坂口氏とは友達のよう…親子には見えないでしょ…。

いつも命拾いをする頼朝も、今回は神の声は聞こえなかった、次はない、といいます。

Rimg03441_20191218200801

また、孤高のトップは、親族と言えども心から信じることは難しく、人の意見に左右され、範頼危険。

そうはいっても、範頼はあちこちに生き残っていた伝説があり、日本五代桜のカバザクラはそのいい伝えによるものとされています。

次回は大姫の入内まで話がすすみそうな…。

もうすぐ冠者様のところへいくことができる大姫ですね。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« いろいろと危ない | トップページ | タブレットで »

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いろいろと危ない | トップページ | タブレットで »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー