« 星がいくつでも | トップページ | あ~それがいいたかったのか »

2022年6月19日 (日)

kama kurakura 第24話

若くして旅立った、忘れえぬあの人の面影。

本日のテーマでしたね。

範頼が死亡してから、大姫が死亡するまで数年ありますが、けっこう短かかったですね。

死ぬのは怖くありません。死んだら冠者様にお会いできるのですから。

楽しみで仕方ありません。

せっかく前をむきかけたのに、足早に駆けていってしまいました。

また、和田義盛と巴御前の息子は、そうとうな無双って話ですがどうなんでしょう…。

二人の子なら、確かに強そうですけれど。

002600501_20220619190701

さて、大姫のあとを追うように頼朝も旅立ちの日は近いわけですが、その子頼家もその後5年ほどで暗殺されてしまいます。

頼家の頃から13人の合議制となり、物語はじまって半年すぎて、ようやく鎌倉殿の13人となるわけですね。

人がたくさん出てきては、いなくなりますのでけっこうめまぐるしくなりそう。

今出ている梶原、比企、畠山、そして和田…どんどんいなくなっていきます。

頼朝の最期がちかづいてきましたが、どんな風に演出されているのか楽しみです。

また、ちょいちょい仕事をしにでてくるアサシン善児は、架空の人物ですがモデルはいるみたいです。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

« 星がいくつでも | トップページ | あ~それがいいたかったのか »

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 星がいくつでも | トップページ | あ~それがいいたかったのか »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー