« 楽しみは | トップページ | テレビと »

2022年5月 8日 (日)

kama kurakura 第18話

源平合戦もその終わりを迎え、平家はついに滅びました。

なんだかワイヤーっぽい八艘飛びも…。

時子(二位尼)が幼い帝を抱いて、入水する時に

「波の下にも都がございます。」

という、有名なシーンはなかったですね。

義経は、戦では禁じ手である舟の漕ぎ手を襲撃しつつ…の勝利で評判を落とします。

平宗盛を鎌倉でみた頼朝は、憎らしいより先に、生かしてくれてありがたい気持ちになった…と。

復讐は、むなしいものです。  

00260058_20220506084401

検非違使となった義経は、なかなか京を離れることもできず、頼朝の心がだんだん離れていくのを感じます。

戦ばかっぽい子をいいようにする後白河法皇、赤子の手をひねるようなものです。

後白河法皇、西田氏ぴったりですが、10年前の「平清盛」では松田翔太氏が演じていましたね。

違いすぎる…。

このブログでは、カテゴリーの下の方に大河2012平清盛 があります。

暇を持て余している時に、よろしかったらご覧ください…。

最終回は、「都の下にも…」から入っている駄ブログです。

そして、心の扉を固く閉ざした大姫です。

義高とよく毬で遊んでいましたが、義高が討たれる時に腰にその毬をつけていましたね。

泣ける…。

結論…10年たっても同じ

海の中には都あります。

きれいですよっ!!!!!!!


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 楽しみは | トップページ | テレビと »

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽しみは | トップページ | テレビと »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー