« 昭和再び | トップページ | モノクロにはまる »

2022年5月30日 (月)

kama kurakura 第21話

義経を討った科により、藤原の泰衡を攻める頼朝軍。

頼朝のところに首を持ってきた河田次郎は、朝敵といえど今まで主君だったものを裏切るとはと斬首します…。

今回はじめて義時の異母弟、時房が出てきましたが、今までどこにいたのでしょう。

1175年生まれなので、平家の討伐時には10歳ほど。

元服がすんで、出てきたというところでしょうか。

Rimg0469

八重のところでは行き場を失った子供がたくさんいました。

新しく来た子供の名が鶴丸、我が子千鶴丸に似たその名前…。

川の中に我が子を見たのかも。

いよいよ京に上る時…頼朝の動きと考えがわかる後白河法皇は、なんで平家はほろびたかな~よしなか~くろう~はど~して、などと嘆きますが、丹後局に「すべて院が…」といわれてしまいます。

視聴者が「いや、みなあんたが…」とつっこんだ瞬間ですね。

さて、金剛は庶子とのことで、これから比企系の姫と結婚するとみられる義時。

また、小四郎は四男ではなく四郎の息子のことだと。

一生の間に名乗る名が多いですね。

 

 

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 昭和再び | トップページ | モノクロにはまる »

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭和再び | トップページ | モノクロにはまる »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー