« そして2日目 | トップページ | 春光 »

2022年3月 3日 (木)

The Tender Bar

僕を育ててくれたテンダー・バー(The Tender Bar)

アマプラおすすめにあがっていたので、先日観てみました。

アマゾンのオリジナルフィルムですって。

以下、ニュアンスでもネタバレがいやな方はご注意下さい。

J・R・モーリンガーの自伝をもとに、俳優J・クルーニーがメガホンを取った作品です。

父親がいなくなって、母親の実家に住むようになった主人公JR。

母の兄である伯父と、彼の経営するバーの常連らがJRの情操教育?係になっていくような…。

そして、愛情いっぱいの場所から本格的に巣立っていくまでの話。

R00104431_20220227110801

特に大きな事件もなく、同じ女性に9度も失恋するJRの青春。

弁護士になってほしい母親、でも彼は作家になりたい…。

完全にバーの常連側の立場で観ている自分に驚愕…。

最後「俺からの選別だ。」と伯父から渡されたキーは、憧れてやまなかったキャデラックデビル(1968年)のもの。

いやーーー すごくかっこいい車なの。

二度と戻るなよーっともろ手を挙げて見送るおじさん達だ、自分は…。

エンドロールは善き日の海の思い出。

時間があったらご覧ください。



 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« そして2日目 | トップページ | 春光 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

mikiアマプラを観る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そして2日目 | トップページ | 春光 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー