« リベンジもん | トップページ | パラベラムと »

2022年2月20日 (日)

kama kurakura 第7話 

上総広常の元へ行き、頼朝のために挙兵をうながしたい義時でしたが、広常の居所にて梶原景時と居合わせます。

ここからのストーリーはよくできていたかと。

天が味方していると思われ、殺しては神罰が当たると考え頼朝を見逃したと景時からきく義時。

結局は上総広常味方につけることに成功しますが、頼朝を待たせてしまいます。

頼朝の逆鱗にふれ、「帰れ」といわれる広常でしたが、遅参したことを謝罪して許されます。

実際は直接帰れ、とは言わずに土肥実平を介して「後陣にて命を待たれよ。」といったとか。

R0010260_20220220161801

大将の器でなかったら、あそこで首をとって平家に渡していた、と義時に告げる広常。

よく申した、と頼朝に伝えてほしいと。

漁師の妻のかめが、三浦義村に「ついでにうちの亭主もうちとって。」というのはおかしかったですね。

最後、少し出てきた義経です。

母は常盤御前、千人から選ばれた美女ですね。

牛若丸も美少年ばかりが演じています。

来週は、いざ、鎌倉 です。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« リベンジもん | トップページ | パラベラムと »

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リベンジもん | トップページ | パラベラムと »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー