« 主と同じで | トップページ | miki occult考 »

2022年2月 6日 (日)

kama kurakura 第5話

wifiあきらめ、しばらくき有線にて。

ホラー観てたら、突如有線のプラグがはずれよった。

おーーー( `ー´)ノ

今日の鎌倉殿は初戦突破も、多勢の相手にはさみうちにあい、大敗を喫してしまいます。

おぬしだけが頼りじゃ、とその気にさせて集めた兵も散々な目に。

そのおぬしが頼り…といい、挙兵日を占ったことといい、実際「吾妻鏡」にそのように記されているのを基にしたみたいです。

吾妻鏡は家康に大きな影響を与えたらしいですね。

三代で滅びに至った時用に御三家を活用したという専門家も。

Abc1_20220206134801

そんな中、北条家を牽引し続けた宗時も散ったのでした。

坂東をひとまとめに…熱量の多いお兄さんでした。

後白河法皇が頼朝の枕元にたつのが、個人的には好きなのですが賛否あるでしょうね。

次回は義時が父とともに、武田(初代当主)信義にあいに行きます。

信玄のご先祖様ですね。

さて、なぜ関東を坂東といっていたのか。

足柄山、碓氷峠などの坂より東の国(武蔵、上総、下総…八か国)という意味だそうですね。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 主と同じで | トップページ | miki occult考 »

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 主と同じで | トップページ | miki occult考 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー