« ATMにて | トップページ | 足 »

2021年9月19日 (日)

sei ten ten 第27話

いよいよ時代は明治に入り、栄一の本領発揮…会社組織や商工会など0からつくりあげるのは大変だったでしょうね。

栄一は駿府藩の勘定組頭に任命されますが、明武に上様の書状を届けるために駿府を後にするつもりでした。

でもそれは慶喜の命であり、今動けば水戸藩に命を狙われ危険との配慮であったため、栄一は駿府に残ることに。

武士と商人の合力、コンパニー(カンパニー)の説明は誰も理解できないものでした。

五代も出てきて、いよいよ新しい商いの夜明けです。

栄一は妻子を呼び寄せ、商法会所も順調に進んできた頃、函館で土方様逝ってしまいます。

R00102311_20210919100101

あまり出番はなかったけれど、すごく評判がよくて「ぜひスピンオフを」という声が多いそう。

洋装での写真が残っていますけれど、似せるために努力したとか。

いろんな人が演じましたが、町田啓太さんの土方さんが一番よかった。

と、時代劇ファンの私が太鼓判をドーン!!!!!!

まだまだカオスだった日本の夜明け。

生きていくことこそつらいかも…歳三が言っていた世の中ですが、そこを乗り越えていくんですね。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

« ATMにて | トップページ | 足 »

2021大河ドラマ「青天を衝け」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ATMにて | トップページ | 足 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー