« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月30日 (木)

外来前の晩

ちょうど8年前、この駄ブログで書いていたイルヴォーロ…。

すっかり大人になっていた。

血液検査の前の晩は付け焼刃といわれようと、いい音楽を体にしみこませていく。

少し早いけれどクリスマスソングとかいい。

クリスマスの…例えばO Holy Night とかは少年合唱団のものだと、血液が浄化されていくのがわかる。


Rimg0031_20210929220401
結果はやはりよかった。

が、ポートのフラッシュから診察まで3時間もある。

母と伊勢丹に行くという、まことに調子こいた行動をとってしまった。

なるべく階段を使う、などと張り切って、診察まではよかったものの…。

薬の順番を待っている間になんだか寒気が。

あ…熱があがってきた。

それも微熱ではない。

帰宅すると39.5度。

たちあがれないほど。

よくぞここまで帰って来たものだ。

足のしびれは抗がん剤によるものと思うが、万一違ったらいけないのでと神経内科に院内紹介状を書いてもらう。

今日から薬が変わった。

少し減って嬉しかったのに。

ま、でも再発の兆候は見られず、まだ入院しなくてもいいみたい。

「うまく引っ張ってこれてますね。」

と又言われた。

バカみたいに張り切るのは考え物だ。

大事に伸ばしていこう。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月29日 (水)

なんちゅーか

この頃都内から、和光市に出張ってくれる友達。

皆、悪いのう…。

とはいえ、都会に暮らしていると近場の田舎、中堅都市とか面白いのかも。

新宿、渋谷、池袋…など、もう何十年も行き倒している、ためか。

今日は、駅ビルの中の

紅虎餃子房さんにて。

Img_20210927_120627

ラーメンと半チャーハン。

友達の餃子を1本もらう。

中身がみっしり。

私はもっとスカスカしてていいんだけれど。

もうけっこう遠くまで行けるのだというと、御茶ノ水でおいしいタイ料理の店があるのだという。

今度はそこへ。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月28日 (火)

深まりゆく秋に

窓を開けていると23度。

閉めると27度。

北風が冷たいんだね。

秋が深まってきたよう。

神奈川のhatsuneちゃんからいろいろ届いた💛

そか…もうハロウィンの季節なんだ。

かわいい飴がはいっている。

もちろん、側は再利用…。

Img_20210922_133523

来年のカレンダーは今使っている今年の手帳とおそろいみたい。

来年、このカレンダーを最後まで使えますように。

これから東伊豆は綺麗だろうな。

秋にドライの講習をプールで受けてから初海洋の時に行ったサンカクが、たぶん一番好きかも。

オレンジ色のソフトコーラルがそよいで、透明度もよかったな。

サンカクにはまた潜らねばな。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月27日 (月)

おおっと

鏡を見て愕然とした。

前日まで気づかなかったが、右眉頭にごっそりと白毛が。

福毛なら1本だろう。

なぜ…。

R00102311_20210927101801

母の眉だってまだ黒々としている。

まわりでも聞いたことない。

白眉なんて爺さんのものではないか。

血液学的に男性になった私は、婆さんよりも爺さんの道を歩んでいくのか。

大きな病気をしたとか、すごいストレスでもかかったか。

……

そうだ。

かかってるじゃまいか。

大病もしたことだし。

2回も再発してんだしさ。

一過性のものだ、と自分を納得させて白毛眉を抜いた。

以来、生えてこない。

ああびっくりした。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月26日 (日)

ちゃり

父が駅近くのベンチで自転車を横に置いて座っていたら、知らない男性が近づいてきたという。

隣に座ってもいいかとの事で、どうぞと父…。

すると、自分が脊椎管狭窄症でつらい話がはじまったとか。

とくとくと話したあとに父も彼に同じ病気だ、と告げる。

でも、自転車乗ってるよねとその方。

これね、押すためなんだ。

R0010309_20210926210801

杖よりも楽らしい。

歩いてみる??

父の自転車を押しながら、彼は腰も痛くないし、これはいいと大絶賛。

そして、その足で自転車を買いにいったのだという。

その方のご家族はどう思うだろう。

押すためだけの自転車。

杖よりは車輪がついているから進むし、体重もある程度かけられて腰も痛くない角度なのだろう。

が…。

爺さん同士のコミュ…。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月25日 (土)

夢の中

今朝、私は夢の中で走っていました。

よく、夢の中では足がもつれたりして走りにくい…はずですが。

現実的にうまく走れないからでしょうか。

そういえば、泳げない母が夢の中では足のつかないような大海原をすいすい泳げるのだとか。

また、こんな夢もみました…。

大人数で鍋をかこみ、にぎやかな中で(夢の中なのに)まどろむ私です。

夢の中で眠るのはあまりいいことではないみたいだけど…。

睡眠の質が悪いのでしょうか。

愉しくてお鍋をつついてはうとうとして、

「ほら、なくなっちゃうよ。」と促され起きて…を繰り返していました。

まわりの人は誰だったのでしょう。

家族…友達…混じってた??

ただ我が家ではないような。

椅子とテーブルではなく、床に座っていたのです。
Rimg04511_20210925155101
しまいに私は箸を持ったままそこに寝転んでしまいました。

眠らせて

でも、すごく倖せだったのです。

その空間というか、空気感が。

どこか懐かしいような。

そして、寝ざめはものすごくせつないものでした。

お彼岸だったから、亡くなった大切な人たちだったのでしょうか。

川も渡らず彼岸に行って、鍋食べてた…??

そんで帰って来たってか。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月24日 (金)

迷惑メールその後

件の怪しいメール、ネットによると続きがあって、

返事がないけど何かありましたか? もしかして体調不良とか(以下略)

がくるらしいが、そこから先はもう『迷惑メール』に振り分けられていた。

迷惑メールフォルダには、おびただしい量の迷惑が詰まっていた。

まれに、ちゃんとしたのも混ざるのでチェックしたが、すべて迷惑三昧だった。

000300041_20210924210701

めんどうでも迷惑なのはドコモに送る。

ほかの方が報告したから、見ずに済んだ迷惑もあるに違いない。

空メールもあった。

でも、アドレスが変なのだ。

空メール来たけど??

なんて返事を期待して??

いやだいやだ…。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月23日 (木)

偽メール

こんなメールがPCにやってきた

☆☆☆

三菱UFJ銀行ご利用のお客様
いつも三菱UFJ銀行サービスをご利用いただきありがとうございます。
この度、当社はセキュリティシステム更新を実施する為ご登録された個人情報を更新する必要がございます。
つきましては、以下へアクセスの上、ご登録された個人情報の確認にご協力をお願い致します。
https://entry.bk-mufg.i××× ←怪しいアドレス
ご確認をいただけない場合、セキュリティ上の観点からご利用制限をかけさせていただくことを予めご了承下さい。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
========================================
株式会社 三菱UFJ銀行
金融機関コード(銀行コード):0005
登録金融機関 関東財務局長(登金)第5号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 

☆☆☆

ネットで調べると詐欺らしい。

最もな感じだが、もっと付き合いの古いほかの銀行からは来ないから、やっぱり嘘なのだ。

R00102181_20210921185301

詐欺などは地獄で8000兆年ほど焼かれる、というが本当か…。

きょわい。

さて、スマホにも怪しいメールが来た。

bone_nz2_×××docomo.ne.jp 名前なし

おはようございます。と表題

久しぶりにお食事でもご一緒できればと思っているのですがお忙しいですか?

~~~

私のこの状況を知らない人、ひさしぶりとかいって、近況報告もなくいきなり食事とか「ガン無視」

放置していたら

お忙しい中すみません。

と2通目

実は来週ちょうど連休が取れそうなんですよね。

久しぶりにお会いしたいので予定だけでも教えてもらえますか?

~~~

てめーの連休なんか知るかっ!!

調べると5年くらい前から出回っている迷惑メールみたい。

キャリアメール使う人が減ったからかな。

うっかり返信するとやばいです。

ご注意を。


人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月22日 (水)

一緒

ある曲が頭をめぐって離れない…。

こんな日はないだろうか。

ここ数日、靴のcmヒラキのキラキラキラキラキラ♪が頭をわんわんしてる。

夢の中にまで出てきた。

しかも、夢の中では

地元の掲示板 ジモティ♪ も出てきて

001001081_20210919211101

♪ヒラキ~

♪ジモティ~

一緒やないか~い!!!!

叫んでも、誰も反応せず。

起きれば既に疲弊していて、いったいなんなんだ。

旋律が一緒とか似てるとかってけっこうあるよね。

こんな夢入院中にみて、夜中に叫んでたら怖いんですけど…。

まわりの方が…。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月21日 (火)

ココナツ

病室で消灯後にテレビを観たりするのに、ずっとスマホを持ってると疲れる。

いろんな工夫をしても、肝心な時にぐにゃー。

手すりにかけて、マジックテープのところで逆に止めても、そのうち一回転したり。

今日、友達がわざわざ届けてくれました。

家にもよらずに、用があるからととっとと帰ってしまって…ゴメンナサイ。

次の入院の必需品。

Img_20210921_165011

もちろん普段使いにも。

今日、並行輸入で買ったココナッツシャンプーとコンディショナーが届きました。

南の島にはいけないから、せめてもの…。

ふんわり香るココナッツの匂い。

いつかまた深く蒼い海で潜ることができますように。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月20日 (月)

北側の私の部屋は窓を開けていると寒いほど。

南側は陽が入って暑い。

湿度は少ないし、秋が深まってきた気がする。

ついに足のビリビリがくるぶしの上までやってきた。

足の裏側だけだったビリビリも、もはや甲の方まで。

バカな行為とは思うが、健康サンダルを履いてみた。

15210802610651_20210920194501

いったーーーーーーーーーっ

いろんなことを試してみたが、変わりない。

靴を履く、靴下を履く、など覚悟しながらのものはまだしも、うっかり

「あ、ごめん」

家のものに足を踏まれた日には

ぎゃーーーーーっ

断末魔の叫び。

正座をしてて立ち上がった後、さわると余計ビリビリする。

あれですな。

いっそ正座をしてみようか。

でも1分でギブ。

足が痛くてたまらん。

どうする、この足。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月19日 (日)

sei ten ten 第27話

いよいよ時代は明治に入り、栄一の本領発揮…会社組織や商工会など0からつくりあげるのは大変だったでしょうね。

栄一は駿府藩の勘定組頭に任命されますが、明武に上様の書状を届けるために駿府を後にするつもりでした。

でもそれは慶喜の命であり、今動けば水戸藩に命を狙われ危険との配慮であったため、栄一は駿府に残ることに。

武士と商人の合力、コンパニー(カンパニー)の説明は誰も理解できないものでした。

五代も出てきて、いよいよ新しい商いの夜明けです。

栄一は妻子を呼び寄せ、商法会所も順調に進んできた頃、函館で土方様逝ってしまいます。

R00102311_20210919100101

あまり出番はなかったけれど、すごく評判がよくて「ぜひスピンオフを」という声が多いそう。

洋装での写真が残っていますけれど、似せるために努力したとか。

いろんな人が演じましたが、町田啓太さんの土方さんが一番よかった。

と、時代劇ファンの私が太鼓判をドーン!!!!!!

まだまだカオスだった日本の夜明け。

生きていくことこそつらいかも…歳三が言っていた世の中ですが、そこを乗り越えていくんですね。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月18日 (土)

ATMにて

朝一で銀行へ。

ATMはすいていて、5台のうち真ん中の機械で青年が1人操作しているだけだった。

私は出口近くの一番右側にいった。

いくつかの送金を済ませて気づくと、いつのまにかその青年がすぐ左の機械にきていた。

……

少々びびった。

R0010260_20210918165801

自分の使っていた機械が調子悪かったら…。

またはカードが磁気エラーとかなったら、備え付けの電話をするとかしない??

又は一番左を使うとか。

なんか驚くよね。

行員ではないし。

すべてのATMを試してみたいのか。

私が去ったあとはそこも使ってみるのか。

よくわからないが。


人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月17日 (金)

negotiator

一昨日銀行に用事があり、父がでかけた。

用事はすまず、その日は終わった。

次の日母が午前と午後に2回銀行へ行って用事は終わらなかった。

厳密に言うと、ふたりとも違う用事をすませて、肝心なことはしていなかった。

昨日は建物の検査の立ち合いで家にいないといけなかったのだが、今日は朝から私が銀行へ。

当然父本人でないといけない書類などがあり、結局父を呼ぶ。

何がどーなったか、ここ数週間でいろいろあったのだが、なんとか1時間かけて着地した。

000300011_20210917194501

すごい疲れた。

我が家のネゴシェイターも寄る年波には勝てず、でも頑張った。

途中「ちょっと、そこは私の名前でしょ!」などと父を叱咤しながら書類を作る。

女子行員さんが

仲がよくてうらやましいです…とぽつりと言った。

え…さっきから、言い合いしてるのに。

社交辞令か、よほどの家なのか。

ま、また連休明けに行く予定なのだが、疲れても社会の中にいられるのは良い。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月16日 (木)

ひまつぶ…いやひつまぶし

一人分のうなぎを細かくきって、ひつまぶしセットなるたれと薬味がついているもののたれとごはんをまぶして…。

ごはんに味をつけたら、錦糸卵をつくってのっけて、細かい(1cmくらいか)うなぎをばらばらと乗っける。

最期にのりやゴマな山椒の入ったような薬味をかけてみる。

見た目は茶色くて…なんなんだが。

味はよかった。

Img_20210912_170346

こちらがメインなので、おかずは箸休め程度。

きゅうりにごま油とうまたれにゴマをまぶしたものはみんな大好き。

日本茶がとてもあう。

土用の丑の日でもないが、夏バテにはいいのでは。

この頃は梨がおいしくて、毎日食べている。

秋は果物が本当においしい。


人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月15日 (水)

今日も今日とて

涼しくなっていくぶん寝やすくなって…。

今日はすこぶる調子がいい。

今日のバスタイムは「ハワイ」のエステ気分入浴剤。

マリンブルーのお湯にトロピカルな匂い。

マンゴーとかも感じる。

001001431_20210915221001

が、やはり一番近い海は車を飛ばしても1時間はかかる。

埼玉気分にはかわりない。

窓を開けたら海が見えるのは理想だけれど、実際住んでいる人に聞くと、自転車とかすぐ錆びちゃうし、エアコンの室外機も「塩害地用」なるものではないといけないとか。

塩って強いのね。

まあ川が近くだけど。

この川は海につながっているけれど…。

気になるのはエステ気分シリーズの「ドバイ」

明日はドバるか…。

なんだかドバイはシャワーだけのイメージが…。

いやいや石油王は大理石の湯舟につかるのかなあ…。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月14日 (火)

埼玉気分

9月に入って2週間ほど。

夏の疲れが出てくるころだ。

何をしたわけでもないのに、子供の頃から9月はばてる。

家系的なものか、父方も母方も8月~10月前半くらいまでに皆亡くなっている。

両祖父母、叔父や叔母…。

桜の花満開の時に見送ったのは、血のつながっていない叔母の連れ合い、くらいか。

なんともいえない倦怠感。

どんよりした感じ。

001001441_20210914181301
しゃきっとしなくては!!!

と思いつつ、なんだかゴローン。

ベッドと一体化してしまう。

このまま黄泉の国にいったとて、どよーんとしたままだ。

だんだんすべてのことが面倒になってくる。

一番いけない兆候だ。

日も短くなってきて、冬が近づいてくる。

雨が降ってきた。

エステ気分という入浴剤を入れて入浴してみる。

今日はタヒチだ。

浴室には大きな水中写真の専用ポスターも貼ってある。

が…。

どうみても埼玉気分だ。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月13日 (月)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第57夜

tetujin様に帰ってきてもらいましたよ。

古いお人形などは怖いという人が多いですね。

133話 

00110045_20210913061801

目があった。両眼ともに白濁した瞳。人を完全に拒否する乾いたまなざし。

かわいいとは絶対に言えない顔立ちだった。肌の大部分にシミのような汚れがある。髪の毛は振り乱したまま。。

人と同じように、古いものにもみんなそれぞれの物語がある。生活の中で大事に使われた食器や、職人のいる工房で使われていた道具だったり。

使われなくなったものが、次の誰かに渡ってまた物語が続く。生活の中に根付く古いものとの付き合い。

vide-grenier。セーヌ川沿いのブキニストに混じった露店の画廊。

パリの蚤の市、といってもじつにさまざまだ。Pont Neufの橋近くには、絵や雑貨、書籍などを扱う露店がたくさん並んでいる。

蚤の市のガラクタの中で見かけた、古くさいポーセリンの人形。しゃれにならないほど不気味だ。前の持ち主はどんな人だったんだろう。

100年以上前のものと思える。人形と目が合った瞬間に、そのおぞましさに全身、鳥肌が立った。

凍り付くような寒気を覚え、急いで売り場を離れた。後ろが怖くて振り返ったら

・・・また目が合った。白濁した目が追ってくる。

 

☆☆☆

ストーリーテラーでもありますね。

古いお人形といえば、メキシコのソチミルコなど、いっぱい木からぶらさがっていたりして。

日本で言うと、供養ができていないような。

でも最初はその島に唯一住む男性が、流れ着いた少女の遺体と、次の日に流れ着いた人形を少女のものだと思い、つるしたというから…。

こちらは画像もいわれもたくさんネットに出てますのでね。

興味のある方はご検索下さい。

なんか悲しいのですけれど。

☆☆☆

134話

父から聞いた話。

父は若い頃から山をやります。

といっても本格的なものではなく、ハイキングに毛がはえたようなものだと思っているのですが…。

ある時、久しぶりに一人で山に入り、道に迷ってしまった。

薄暗くなってきたし、どうしようかな…と思っているうちに真っ暗に。

するとスポットライトのように足元だけ明かりが。

そして、こっちこっちというように動く。

月明りにしてはピンポイントで、回りに人はいないのだけど、その照らされた明かりについていくと、やがて1軒の宿が見えたという。

よかった。

泊り客はほかにいないようだったが、温泉までついていて、疲弊したからだを休めるのに十分だった。

温泉に入っている時に、ああ、これは死んだおふくろが助けてくれたんじゃなかろうか…と思い立ち、湯船につかりながら

「ありがとう、かあさん。」

すると、積み上げられたオケがひとつコローンと落ちたのだという。

その時、あ…おふくろ、きているの?と思ったら、もうひとつ違うところからカラーン。

父は気づいたのだという。

ごめん、親父だったか…。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月12日 (日)

sei ten ten 第25 26話

3話まとめはじめてから、またオリパラもあって、久々です。

なので今回は2話分。

栄一が帰国して、血洗島に帰るまで…ですが、その間日本ではいろんなことがありました。

平九郎の死は壮絶でしたし、彼の死に責任を感じる栄一の傷は深く、その後のメンタルにも影響を及ぼしたみたいですね。

血洗島に戻る途中で夢に見た長七郎も既に亡く、藍を育てることこそ自分の戦だったのだと惇忠に言います。

栄一は父が前に用立ててくれたお金を返し、そのお金をとっさまは千代に渡し…すてきです。

鉄道のことを長屋がつらなっていて、ひとつひとつに車輪がついて動く、なんていわれても見当がつきませんよね。

エレベーターの話など皆不思議そうに聞いています。

15210802610651_20210912191101

洋装になった土方役の町田さん素敵だったな。

儚げで、凛としていて。

もう誰もがしってる最期に近づいてきているのですが。

尚、海軍副総裁の榎本武揚のお墓は毎年桜を観に行く駒込の吉祥寺にあります。

さて、慶喜に拝謁したい栄一は駿府に向かいます。

やっと帰ってきたと思ったら数日後に駿府とは…タフ…。

誰とも会いたがらないという慶喜でしたが、後日宝台院に呼ばれます。

寺の人と栄一が見まがうほどに地味で質素な慶喜。

ぼんやりとしている感じでしたが、栄一が面白おかしくパリでの話をすると少し微笑みました。

明武が障りなく帰国できたのはそなたのおかげ、と頭を下げる慶喜なのでした。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月11日 (土)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第56夜

132話

数年前の話。

1週間の間に2人飛び降りたビル。

1時間前に下を通った時はなんでもなく、帰る時に通ると警察官が何人かいた。

ちょっと…危ないね。

母と歩いていた私は思った。

この世とおさらばしたい方の下敷きになるのは、いかんとも…。

ビルの下の植木が植えられている鉄柵がぐにゃりと曲がって、衝撃をものがたっていた。

R00104431_20210903214901

管轄の警察署の人が、検証していたが…。

なかにしゅっとした爽やかな若い警察官の方がいた。

「1週間で2人もなんて、何かあるのかしら…。」

どう…なんでしょうか。わからないですけれども。

ん…。

普段は知らない人には話しかける事のない母が、その若手をつかまえていろいろ聞いている。

ほかにも警察官はいっぱいいる。

衝撃だ。

尚、大島てるには未掲載だ。

敷地の外になるからだろうか。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月10日 (金)

ひさびさ

久しぶりに晴れて、少し暑くなった今日。

ごぶさたしていた友達とランチをしました。

コロナ前は毎日のようにお見舞いにきてくれてた幼馴なじみです。

皆、私と会うには繁華街(新宿、渋谷、池袋など)をさけて、地元埼玉まで下ってきてくれます。

今日も、まっすぐ来たらけっこう近いのだけど、コの字に来るしかない鉄道を遠路きて頂きました。

和光市に新しく駅ビルができたので、その中で食べてからミスドでお茶です。

どこも閑散としていましたが、早くコロナが終わって、賑わいが戻ってきて欲しいですね。

24時間胸やけがしていたのですが、友達と一緒だと食欲が出ます。
Img_20210910_120055

築地食堂源ちゃんのサーモンとネギトロ丼です。

友達も頼もしいといってくれました。

なぜか、今日は仕事の話が多かったです。

過去の仕事の面白話、といいましょうか。

酒豪の彼女とは、早くお酒を飲みに行きたいな…。

いつになるんだろ。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月 9日 (木)

VS虫

あれは、姪の幼稚園の運動会を観に行ったとき。

休憩時間が終わろうとしていて、自分の座っている場所に帰ろうとした時に、とんとん…。

小さな手が私の手に触れた。

お兄ちゃんかお姉ちゃんをみにきたであろうちっちゃなぼくちゃんが不安そうに私をみた。

迷子かしら…。

彼が指さした先に、私が見たもの。

それは巨大すぎる芋虫。

モンシロの幼虫の青虫ではない。

金網の向こうのキャベツ畑からやってきたのだろうか。

千葉から埼玉まで届くほどの悲鳴を飲み込んだ自分は孤高のヒーローに思えた。
R00102581_20210909100301
数多いる大人の中でなぜ私を選んだんだ君は。

私が怖気づいてはいけない。

彼はほかの誰でもない、私に全幅の信頼をよせているのだ。

私の後ろに隠れるようにしている。

そこに落ちていた10cmほどの、でもYの字になった枝…というにはたよりないが、それを拾った。

体中の水分が冷や汗となって排出され、青空も灰色にみえた。

この枝で畑まで転がすのだ。

50cmほどか。

自分至上最大の芋虫。

手にしているエクスカリバー10cmより大きい、太い。

かつてないほど敵に近づき、ぼくちゃんをみて頷く。

ぽきっ

敵の手前においた枝があえなく折れて5cmになる。

力をいれすぎたのか。

「おねえさん、それじゃちょっと…。」

お嫁ちゃんのお母様の声がきこえる。

靴を片方脱いで、靴底でころがしていこうか。

などと考えていたら、どなたか園児のパパらしき方がどからともなく現れ、ふわっと芋虫を畑の方に蹴とばした。

ナイス フローターシュート…。

倒れるかと思ったが、僕ちゃんの姿はもうなかった。

あれは大きかったよね。

母が今でも語り継ぐ、巨大芋虫との格闘、、いや結局何もしなかったのだが。



 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月 8日 (水)

ゲー婆

性懲りもなく、3日間はゲームに費やしていた。

2日遅れで参戦し、のんびりやりましょう…と思ったら、今回のチームは

短期集中ならできますわ…というご婦人の集結だった。

毎回いろんなチームに振り分けられるのだが、色があって面白い。

果たして自分は何位なのか、と探すのも難しいところからなんとか18位に浮上。

1位~5位はものすごい勢いで入れ替わっている。

私は、というと変なマークが横に。

このままだと、下部に落ちますよ…というマークだ。

次はのリーグで首位を狙うか…迷いつつも、なんとか5位に。

ついに首位プレーヤーの独走か、と思われたが、2位との入れ替わりが激しい。



そっと3位にはいってみるも、すぐに5位に落ちる自分。

キリル文字やハングルなど読めないプレーヤー名も多い。

稼働時間もまちまち。

が、あと少しで2位をつかまえるところで、少し離席してもどると、数百の差がつけられていた。

きっと表示の間違いだろう。

今まで何時間も止まっていたではないか。

皆、それぞれに「この人は1時間にこのくらい進むから…」「この人は〇時から稼働しないから」などとあたりをつけてプレイするのだ。

時々カウンター表示がおかしい時がある。



あと数時間、というところでだんだん落ち着いてきたが、2位との差が激しすぎるのも良くない。

というか、下が追い上げてきている。

今しばらくちょこちょこやって、また3位死守しよう。

下位の1位より今のリーグの3位の方が報酬がいいのかな。

ほかの4つのイベントもコンプリートしてまずまず。

たまにはアドレナリンを噴出させなくては…。

816

 

 

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月 7日 (火)

慣れない…永久に!

不安定な天気が続いている。

ゲリラ豪雨は、夕方とは限らない。

朝は少し晴れていたのに…お昼前に、ということも。

寒くなったり、また暑くなりそうだし、体調管理が難しいところ。

そしてすごく暑かったせいか、毛虫が多い。

道路をよく歩いているのだ。

2013081709430001_20210907222801

以前、すずめが尺取り虫をくわえて、我が家のベランダにやってきたことがある。

そして、お土産として半分置いていった。

母とキャーキャーいいながら、殺虫剤をかけた。

すごくかけたので、人工芝に穴があいた…。

虫さんは悪くない。

こんな私でも、昔は南の島のショップからオファーがあったものだが、憧れの南の島…きっときっときっと。

女性のイントラが「虫は慣れます。」といっていたっけ。

でも、ねずみはだめだと。

夜、大きいのが港で3匹泳いでいたらしい。

それからナイトはしなくなったといっていたけれど。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月 6日 (月)

身代わり地蔵的な?

内陸は暑くて寒い。

日本で一番暑いといわれていても、秋の訪れは早く、涼しいを通り越して夜は寒いほどである。

すごく懐かしいイヤリングをみつけて、おそろいのネックレスをしてでかけた。

そして帰り道…。

片方落とした。

するんじゃなかった。
R00102311_20210906194901

どうしてしていったりしたんだろう。

かわいい小鳥のモチーフで。

一緒にでかけた母が、ひとつ手前の乗り換え駅ではしていた、という。

家近辺で落としたか…。

心当たりを探すもみつからなかった。

身代わり地蔵的な??

だとしたら、ありがとう。

それにしても、片方だけのイヤリング…。

なんと多い事か。

ネックレスとかアンクレットにに加工すればいいのかな…。

おうち時間も増えたことだし(コロナ関係なくな)


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月 5日 (日)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第55夜

131話も…あの話だ!!覚悟をっ

 

昔、八幡野でナイトダイビングをした時の事。

そのころはカメラに夢中で、デジカメとかなかったから、おっきなネクサスのハウジングにニコン601にはマクロ60mmつけたのを入れてストロボをつけて潜っていた。

4キロ以上になるので、スノーケルには向かない。

その夜も各ショップから、大勢のダイバーが集まりそこここでブリーフィングが行われていた。

ナイトならゆっくり進むから、じっと撮りたくて…でもほかの人に申し訳ない…というジレンマは少ない。

ガイドさんもいい角度でライティングをしてくれる。

ナイトが終わって所定の場所にカメラを置く。

塩抜きはショップに帰ってからだな~。
Rimg02821_20210905131001
ざっくりとほかの機材を洗って、着替えもしてカメラを取りに行くと、ほかのカメラは全部なくて自分のだけがぽつんと置いてあった。

重いハウジングを持ち上げた時に、ハウジングを落とさなかった自分をほめたい。

ハウジングをどけたあとに、ぺしゃんこになった軍曹様の姿が…。

ぎゃーーーーーーーっ

ハウジングでつぶしたのか?

置いた時にいなかったぞ。

もともと死体があったのに知らずに置いた??

そんな…。

純粋じゃない今ならこう思う。

誰かおいらの愛機でつぶしましたね。

☆☆☆

コメント欄にはtetujin様のいろんなお話が。私と違って哲学の匂いがしまする。先によみたい方はみてね。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月 4日 (土)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第54夜

ちょっと哀しい終わり方のオカルト?はお好きですか。

tetujin様のお話 しめにはいられました。

☆☆☆

さて、話はいよいよ完結。。


50本目のメモリアル・ダイビング。サイパンのダイブ・ポイント、アイスクリームでの水深20mからの緊急アセント。理由は高圧ホースのバースト。。。だが、彼女の死が減圧症であるとは思っていない。
帰国して数日後の彼女の突然死。そして、一緒に浮上した彼を苦しめる全身の関節の減圧症状。。

「高圧酸素を吸うと、やや調子が良くなる」と彼は言う。しかし、その効果は数時間の限定的とも。
それでも高圧酸素治療により、その夜はゆっくりと眠れるようになり、どういうわけだか知らないが、生前の彼女をことを夢でよく見ると彼はいう。

「実は、サイパンでの彼女のメモリアル・ダイブに誘ったのは俺ではなく、友人だった」とも言う。彼女は3人一緒を希望したものの、友人が仕事で行けなくなり、彼がその代わりとなったようだ。
「俺が断っていれば・・・」

・・・そういう問題じゃなくて、パニクって緊急アセントをしたことが問題なのだ。が、それは言わないでおこう。それに、彼女の死因ははっきりと伝えられていない。

空気は知っての通り、80%が窒素。残り20%が酸素。・・・これに対し高圧酸素100%の吸入治療。ほとんどの人は、一生吸うことのない純酸素だ。
・・・高圧の純酸素の吸入は、脳に特別な活性をもたらすのかもしれない。それが、とある世界とのチャンネルを開くのかもしれない。いずれ個人の脳内のことだ。医学知識のないぼくにはわからない。

潜水艦の内部を想像させる配管とかバルブとかある高圧室。部屋の中は、長椅子が置いてあって、数人が腰を掛けて1時間程度そこで過ごす。たった2回のそうした治療ののち、ぼくの股関節は見違えるほど回復、痛みはどこにというくらい無くなった。
医者が言うには、ぼくの股関節の痛みは減圧症が原因だったかどうかはっきりとは分からないが、体質によっては減圧症にかかりやすい人がいるとのこと。
どの器官だったか体の器官に先天的な穴があり、それで高圧空気が悪作用するらしい。

とは言われたものの、その後何度もダイビングしているが、関節が痛むとかの減圧症状が再発したことは今のところない。
ぼくの体の変調は、なくなった彼女からのメッセージだったかもしれない。おかげで数年ぶりに彼らの近況を知ることができた。今は彼女の冥福を祈るのみだ。

なお、見えない体質のぼくには、高圧酸素により脳を活性化しようが、見えないものはまったく見えない。下着の透視もできない。

*****************
・・・なげーっとか、盛りすぎとか。いろいろ言われそう。なので、140字でまとめてみますね。

「パジャマ姿のよれよれの中年男性の入院患者や、四肢を動かすのに苦労している若い男など、互いに全く知らない患者、計4名で受けた東京医科歯科大の高圧酸素治療。その治療室の中でぼくが経験したのは、活性化された脳内に造り出された異界の世界と、そのチャンネルを通して再会した顔見知りのダイバー」
・・・やた、140字で書けちゃった。

そう、「実は俺は見えないタイプかどうかわからないが、高圧室でであった彼は幻覚だった」

彼女のこと、好きだった。彼女がサイパンで最初に潜った日のログブックには、「海で出会った生物」にぼくの名前だけが大きく書かれてた。
だけど、へたれなぼくには気の利いたことは何も言えなかった。
彼女が死んでいようが生きていようが、彼女のことは一生忘れない。ほんのひと時の思い出だけだけど、心に大切にして生きて行く。

Rimg01981_20210903213201

またmiki部活話。

130話

先輩の家に遊びに行った時の話です。

お宅は以前にご商売をされていたようで、ビルになっており上の方に先輩のご家族がお住まいでした。

お父様は他界されていたのですが、お母さまとご兄弟が住んでらした記憶が。

先輩の部屋でみんなで談笑していました。

その先輩が言うには、その窓の外から父が見てる時があるのだとか。

ここは5階…。

いろいろご心配なんですかね。

その前にほかの人から聞いたのですが、亡くなったお母さまがよくあらわれる…と。

家族だから嬉しいのかと思いきや「怖いからもう出ないで」と言ったとか。




人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

 

2021年9月 3日 (金)

静観

3週間ぶりの外来。

こちらからの報告はコロナワクチンの副反応とその対処。

足のしびれの範囲が広くなったこと。(足先から足裏全体)

後はすこぶる元気。

主治医からは今後の入院予定とお薬(ネララビンかロイナーゼ)はどちらを使うかの話を聞く予定だった。

検査は血液検査だけの予定なので、診療時間の予約より1時間早く行く。

ひとりでも大丈夫だというのに、いつも母がくっついてくる。

診察予約までの1時間でご飯を食べよう。

今日は何が食べたい?と母に聞くとパスタだと。

ローズガーデンにリベンジするか…。

雨だからかけっこう空いていた。

パスタもマルゲリータ…うまし。
00030003_20210902154501

血液検査の結果は炎症反応の値が少し高いものの、再発につながる所見はなく良くコントロールできているという。

また、末梢神経障害がでている間はネララビン(抗がん剤)はやめましょうと。

それにしても…あの量の抗がん剤でここまでコントロールできるわけはない…と首をかしげる主治医。

おそらくは、頂いた臍帯血から生まれた免疫力が頑張って見張っているようだと。

血流の少ない表皮などはなかなか見張りが行き届かないが、とも。(顔など)

今は特に問題がないので、無理に抗がん剤をつかって刺激しなくても免疫力に期待、というところか。

と、いうわけでお盆明けにも入院と思われたが、しばらく様子を見ましょう、ということになった。

何か(どこかに腫脹とか)おきたら、ロイナーゼかな…うーん悩ましいと。

臨床的にも不思議な現象みたい。

きっとその場しのぎみたいな治療で、途中で再発…ダメポ…というイメージだったのだろう。

が、自分達の治療を超えて、なんだかどんどん元気になっていく患者に、

「何か…ご自身でしているんですか。」

はい、新しい宗教に…といって笑わそうかと思ったけれど

「フィジカルもメンタルもそれなりに…やっています。」

とわけのわからぬ出まかせをいって、主治医がうーんと頷くのを見た。

でも、こんな駄ブログに北海道から沖縄までいらして下さる方を励みに、寿命を延ばしてこれたのは確か。

家族に友達に…ひとりではとっくに死んでいたわい。

当分入院はなくなり、外来も4週間後となった。

私のために祈って下さったりと、感謝しかない。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月 2日 (木)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第47夜(前後します)

とっくにアップしてあるはずの記事が「下書き」のままに。

あれ…。


114話がだぶってる??

なので、前後しますがこちらが47夜です。

まあ過去の話でだぶっているから、このままいくか(めちゃくちゃ)

(あんたが一番オカルトと言わないで)

☆☆☆

友達からほやほやの怪奇譚はいりましたっ!!!!!

114話ですね。

友達の住んでいるアパートは、2階建てです。

一番手前の一階に沖縄出身のおじさん1人暮らし。

2階がご高齢の婦人の一人暮らし。

婦人の隣が友達の部屋で、下は空き部屋。

あとは…割愛。

000300011_20210901085301

友達が夜中にトイレに起きた時、隣の家の窓が開く音がして、チャリーンチャリーンって音がしたんだそう。

こんな夜中におばあちゃんどうしたんだろ…と思った友達が、気になってそっと自分の家の窓を開けて下をみたんだそう。

地面に白っぽく光る小さなものが4つ並んで落ちているのが、暗がりの中でも見えた。

なんだろ、と思っても今は午前2時。

とりあえず寝たんだそうです。

次の朝、アパート前でパニックの沖縄のおじさんが。

ドアの裏側にかけていた鍵4つが、全部外に落ちている、と。

(夜中に聞いた隣の窓が開く音、チャリーンという音、4つ並んだ光るものを上からみたこと…はいわずに)「みつかってよかったですね。」などと言いつつ、冷や汗が落ちるのを感じたらしいです。

おばあちゃんはそんなにご健脚ではないし、おじさんはぼけているわけではなくて。

しかも今回がはじめてではないらしく『気持ちわるすぎるよ。』といって部屋に帰られたそう。

ほかの住人は最近越してきたご夫婦だったり、人の家のドアを開けてとか…絶対ないそう。

てか鍵かかってるからね。

中で取って外に巻いて、の自作自演もちょっとね。

意味ないし。

☆☆☆

番外編(意外と評判のいい「虫」の話)

伊豆に行くともう20年以上よくして頂いている宿がある。

ひよっこダイバーの時からイントラの検定の時も、そしてヨレヨレダイバーになっても見守って下さる優しい女将がきりもりしている。

夕食をとっておしゃべりを女将とし、自分の部屋に戻ろうと階段を上りかけたら…。

ちょうど目線に直径5cmの蜘蛛が。

(足を乗せる方ではなく縦の部分ね)

ぎゃっ

どうしたの。居間より飛び出る女将。

あらあらといいつつ、「うちの娘も苦手でね。」といいつつ獲って下さった。

すみませーーーん。

ガクガクがとまらない私に2階までついてきて下さり、部屋前で女将が

「あれでこわいんなら、あっちはもっとだめよね。」

指さす吹き抜けの高窓のところに鎮座まします軍曹が。

ぎゃーーーーーーーーっ

腰ぬかすほど驚いた私に、すごくながいほうきで対処頂く。

アシダカグモは静岡に多い。

泣きたい夜は深けていった。


人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2021年9月 1日 (水)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第53夜

128話 又部活話

部活が終わる頃は真っ暗だ。

後輩の友達だかが、学校の近くで変な人に追いかけられた…などと聞いたので、ショートカットで帰ることとした。

表通りを帰る徒歩30分近くかかるのだが、早道だと半分くらいか。

もう追いかけられても走る力など残ってはいないのだが、10分くらいなら何とかなるだろう。

その道は車がすれ違うことはできないほどの狭い道で、住宅街といえば住宅街だが、誰も歩いていない。

古刹やらお墓やら、普通の女子なら明るい道を選ぶのだろうが、変な人よりは暗い道を選んだ私。

朽ち果てた墓標が見える。いわくつきの木があったところも近くだ。

ここで変な人にあったら…などという考えはなく、いち早く自宅にたどり着くのに必死だった。

001001081_20210831211001

毎日暗い道をせっせと歩く(体力温存のために走らない)私は変な人には全くあわなかったのだが、ある日知らない男性に呼び止められた。

びくっ

「ちょっと知ってる??」

え…。

「自分(miki)猿みたいに焼けてるんだけど。」

ほっといてくれ。

私の話はいい?? はいはいお待ちかねtetujin様ですよ。

129話

フナムシは大丈夫だけどシャコは「絶対ヤッ」っつう、イントラがいますた。なんでも、相手の数が多けりゃ、あきらめ(?)もつくらしい。


女子大に勤める彼女。数年前、講師から助教授に昇格。それでも給料はごく僅かなんだそうだ。
ブラック・・・と彼女は笑う。ぼくのオカルト話のネタの半分は、この巨大女からの受け売り。
つまり、また聞きだ。遠くから見ると普通の魅力的な女性に見えるが、近寄ると170㎝の身長が威圧的。怖い。

彼女が言う。世に嫌われる「トナラー」の存在。たとえば、スパでたくさん空いているロッカーの一つを使っていると、そのすぐ隣のロッカーを使いだすやつ。

話はちょっと専門的になるが、過去に傾けられてきた永久機関実現への努力と失敗の歴史から、人類は重要な2つの物理法則を学んだ。
一つは熱力学第一法則 = 「エネルギー保存則」。そして、もう一つが熱力学第二法則 = 「エントロピー増大則」。
1つ目の「エネルギー」は馴染み深い概念だ。 それに比べて2つ目の「エントロピー」は難しい。

エントロピーとは、言うなれば「エネルギーが自然に流れる向きを表す指標」。簡単に言うとおおよそのところ、
「あらゆる物体は、位置エネルギーが低い状態に移行しようとする」ということだ。
つまり、たくさん空いているロッカーの中で、隣り合うロッカーを選ぶのは「密」。つまり、エネルギーが高い状態だ。
宇宙の真理なら、エネルギーの高い「密」を避けて、エネルギーの低い「疎」に向かうはず。
「トナラー」は何故、宇宙の真理に逆らって、「密」を作ろうとするのか。

巨大女の推論によれば、「思念のエネルギー」のせいとのたまう。
「思いはつながる」とか世の中でよく言われるが、「思念」はエネルギーを持つ。エネルギーがあるということは、質量があるということ。
つまり、「思念」は様々な物理現象を引き起こすはずだというのだ。

電車が出たばかりの駅のホームで、ひとり地面の電車ドアマークに合わせてたたずんでいると、他のマークにはだれも立とうとしないのに、人が立つマークの後ろには行列ができる。たとえば、だれひとり客がいなかった居酒屋にふらっと入ると、急にその店が混みだす。がらがらの駐車場で、ぴったりと車を付けて隣に止めてくるやつ。すべては、その場所に残存する「人の思念」のなせる業という。

そしてエネルギーは消費されない限り、「人の思念」はその場に残る。「エネルギー保存の法則」だ。
昔亡くなった人の怨念が「エネルギー」として残れば、そこは「霊場」となる。エネルギーが消えるまで不思議な現象が起こり続ける。

「なにか反論はある?」
彼女がやや下向きの目線でこちらを見つめ、こちらを論破しようと挑んでくる。

もちろん、異論はおおありだ。
・・・なんで霊場のエネルギーは拡散しねーんだ???
( ^ω^)・・・

※※※

もう一話はまた後日。早く読みたい方はコメント欄をご覧ください。

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー