« 高橋君 | トップページ | 本物の点検 »

2021年1月17日 (日)

kirin rin rin 第41話

全44話というから、もう物語の終わりも近いということですよね…。

最終回がやはり、というか本能寺ということで写真も公開されました。

なかなか素敵でした。

今までいろんな方が演じてきましたが…。

前回、伊呂波大夫より光秀の手元に渡った松永の愛茶器「平蜘蛛」ですが、松永時自刃時に打ち壊したとも焼いたとも、友にあげたとも諸説あるようです。

最近は爆死が多く、演じた吉田氏も爆死が良かった…と思ったとか。

人が愛でた高価なものって、その人が乗り移るような…そんな気がしますね。

2013081911540001_20210117182701

持ち物も人を選ぶというか…。

でも、海外では家具など古いものほど価値があるというところも多いですが…。

光秀は出世自慢の秀吉に、平蜘蛛をみせながら、秀吉は弟が多くて自分をさぐらせて裏切ったかのように信長に報告した事を問いただします。

秀吉って何かこ狡く描かれていることが多くて…。

そして光秀のたまは15で細川忠興に嫁ぎます。

帝は月に上って月にとじこめられた男の話を信長になぞらえて光秀に「信長はどうか…。」と。

道を踏み外したら、光秀が正せと。

それでも、光秀の心はもう信長からもう離れていたのかもしれませんね。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

« 高橋君 | トップページ | 本物の点検 »

2020大河ドラマ「麒麟がくる」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高橋君 | トップページ | 本物の点検 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー