« 雪かな… | トップページ | 死闘2 »

2021年1月24日 (日)

kirin rin rin 第42話

去っていくものがあとを絶たず、横暴ぶりもものすごい信長。

今でいうパワハラ、という感じです。

毛利攻めの副将である荒木村重も又離反し、光秀達の説得に応じず籠城します。

村重といえば、すばぬけて綺麗な奥さん…でも皆殺しにあって、という逸話がありますね。

信長は自分を超えて帝に拝謁した光秀に、自分の事は何か話がでたのか…と聞きますが、絶対に言わない光秀を激しく打ちます。

00110045

信長が光秀を一番信用している…というのは、この時点では本当だっだんだろうな、と。

でも、家康に夫人と息子を成敗するよう申し付けるなど、光秀としては違和感を感じているようです。

民衆の心が離れる、と諭しても、それでは成敗すればいい事と。

俺様、王様、の信長。

いよいよその最期の時がせまります。

義昭に家康に、信頼されているという設定の光秀。

麒麟はくるのでしょうか。

 

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

« 雪かな… | トップページ | 死闘2 »

2020大河ドラマ「麒麟がくる」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪かな… | トップページ | 死闘2 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー