« 悩ましい | トップページ | 大捕物 »

2020年11月15日 (日)

kirin rin rin 第32話

足のすくむ思いをしつつも京に生還した光秀ですが、美濃から妻子が来ていてほっとする瞬間を得ます。

母親の牧は光秀の父らの菩提を弔いつつ美濃に残ることとなり、「どこまでいっても母上は母上…」と光秀は思うのでした。

撤収した際に失った銃の補填をまかされた秀吉と光秀が、宗久を訪ねます。

鉄砲300丁は難しい、250丁を用達する約束をしてしまった、と断られます。

宗久の茶会で出会った筒井順慶との折衝により、200丁を手に入れることに…。

そこでは出世した「こま」の口添えもありましたが…。

鉄砲を手に再び戦場に向かう信長でしたが、正面から一向宗徒と三好勢、背後からは浅井、朝倉勢と挟み撃ちになり窮地に陥ります。

00030003_20201114193501

まるっこく、ずんぐりむっくりな信長にまだ慣れないのですが、エキセントリックな感じはいいかなと。

「神仏を敬うのはわしとて一緒」と実際に背中に仏像をくくりつけて暴れたり…。

なぜ朝倉と浅井を叡山はかくまうのか、と問う信長に、信長様は叡山から多くを奪い、浅井、朝倉は多くを与えたと…。

次回は和議を申し立てるために義景の元に向かう光秀です。

延暦寺の天台座主、覚恕は信長を許すわけもなく…。

仏は重いですか…静かに笑う光秀がちょっと不気味な今宵でした。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

« 悩ましい | トップページ | 大捕物 »

2020大河ドラマ「麒麟がくる」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悩ましい | トップページ | 大捕物 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー