« 時代劇 | トップページ | ここのところの… »

2020年10月 4日 (日)

kirin rin rin 第26話

いまひとつ態度のはっきりしない朝倉義景に光秀は不安をおぼえ…。

このまま上洛しても、三好勢との戦は不利な状況になるとみた光秀は信長に単独上洛をすすめることとします。

子供と妻を一足早く美濃に行かせた光秀。

不安はないか尋ねると、いつかこんな日がくると信じていたと。

本当にいい嫁ごりょうだ…。

光秀は煕子に言うのでした。

000300021_20201004093001

やがて、義昭を奉じて上洛した信長ですが、好戦的とはいえない義昭に不安を感じるようですね。

それでもどんどん勢力を増した信長はやがて義景と敵対するように。

ここからですよね、戦国ドラマっぽいのは。

二度の上洛を拒否した義景に対して攻撃をしかける信長。

優位にたつも妹の市の旦那、浅井長政の裏切りにより京へ退却します。

お市は今まで若干、ベテラン女優が演じていましたが今回は年相応のフレッシュな女優が演じるとか。

まあ、年齢はバラバラですね。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 時代劇 | トップページ | ここのところの… »

2020大河ドラマ「麒麟がくる」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代劇 | トップページ | ここのところの… »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー