« 画面に話しかける | トップページ | GWも後半 »

2020年5月 3日 (日)

kirin rin rin 第16話

義龍(高政)と、道三、国を分ける戦を回避せんために、信長と帰蝶に会いに行く光秀でしたが…。

帰蝶にとっては、まだ年端もいかないかわいい弟達の殺戮に、何もしなかった光秀に対して帰蝶は厳しい追及を。

どちらにもつかない、といっていた光秀も伯父(叔父?)の光安が道三のところに参じたと聞いて…。

光秀は、美濃を二分する戦になるかは帰蝶次第と考えますが、そんなに力があるとは…。

まだみんな二十歳そこそこ…??

高政を追い詰めたのは、帰蝶だと光秀は言い諭すのでした。

美濃の事は美濃に任せろと。

15212681452081

光秀との話を聞いていた信長も、今は親父殿は戦をすべきではないと。

そのころ雪斎が没し、東庵達も外に情報が洩れぬように缶詰となっていたのでした。

若き家康から、美濃の国を二分する戦になると聞いた駒は、菊丸に「戦になる前に美濃にて確認したいことがある」とここを抜け出したいと。

次回は長良川の合戦、親子間での戦となりますね。

道三は、義龍は道三の子と自分を重々承知しているけれど、皆を欺いていると。

深芳野のお方も草場の陰で嘆いていることでしょうね。


 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 画面に話しかける | トップページ | GWも後半 »

2020大河ドラマ「麒麟がくる」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 画面に話しかける | トップページ | GWも後半 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー