« 毎日毎日つくるっ | トップページ | 天女が降り立つ日 »

2020年4月26日 (日)

kirin rin rin 第15回

仏門に入り、義龍(高政)に家督を譲りついに美濃の守護代となった道三。

そのことに、正妻の子孫四郎はこのままではいけないと、帰蝶から言われて光秀にあいにきますが…。

剃髪までしての気持ちなのだから、光秀としては今さら逆らえないと。

いつも板挟みの光秀ですね。

義龍の元をたずねれば、その将来性に不安を抱えるしかない光秀なのでした…。

R00102181_20200426101301

駿河では、藤吉郎が駒との距離を縮めつつ、出世に意欲をみせています。

この人をここでしとめておけば、愛しの光秀は…なんて。

でも、今回のキャストはきったなくしていてもどこか清潔感があり、しゅっとした方ばかりですね。

あ、稲葉一徹はぴたりだけど。

だって…柴田勝家は、私は「江」の大地康雄さんがあまりにもイメージぴったりだったのに。

今回は安藤政信さんですって。

おいおい、勝家じゃなかと!!!

と思ったけれど、あった事ないしね。

くるくる天然パーマの豪放磊落な、そんなイメージでしたもん。

安藤さんは繊細…そう。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 毎日毎日つくるっ | トップページ | 天女が降り立つ日 »

2020大河ドラマ「麒麟がくる」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎日毎日つくるっ | トップページ | 天女が降り立つ日 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー