« 個人の実力?? | トップページ | 今でも難しい »

2020年3月15日 (日)

kirin rin rin 第9話

信長に嫁いだ帰蝶でしたが、祝言の日にも戻らない彼を待っているところまでが先週。

信長はよかれと思って、信秀に松平広忠(竹千代の父)の首を差し出し罵声を浴びるのでした。

実の母であるにも関わらず、信長よりも弟の信勝(信行)を溺愛する土田御前の様子や人質の竹千代なども目にする帰蝶。

親に愛されていない孤独な信長ですが、領民とは親しく思いやりもあるところに興味を惹かれて、鉄砲の手習いなどをしながら心を寄せていく彼女なのでした。

自分も時々父が大嫌いになると…。

R00102311_20200311051001

そのころ、光秀は幼馴染の熙子に久しぶりに会うのでした。

熙子はのちに光秀の正室になる女性ですが、京では密かに光秀を恋煩う駒もいて切ないですね。

光秀と熙子の子には細川忠興(細川藤孝の息子)の妻になる珠(細川ガラシャ)がいますよね。

だんだんと役者がそろってきました。

菊丸の正体も…。


 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 個人の実力?? | トップページ | 今でも難しい »

2020大河ドラマ「麒麟がくる」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 個人の実力?? | トップページ | 今でも難しい »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー