« 不要じゃないんだが | トップページ | 巨星落つ »

2020年3月29日 (日)

kirin rin rin 第11話

竹千代を人質にしても尚、織田方の領地をどんどんと制圧し続ける今川勢。

信秀の非力ぶりもさることながら、美濃勢とて一枚岩ではないということで、またまた光秀がお使いに。

大河あるあるで、混んでいる宿で細川藤孝と偶然再会する光秀。

光秀に、もう叱ってくれる人はいない、麒麟のくる道は遠いのう…とさみしそうな義輝。

部下たちも自分たちが不甲斐ないせいだと。

来週は早くも結婚する光秀です。

Rimg04511_20200329071601

後の細川ガラシャこと珠(玉?)は三女ですね。

藤孝の息子の忠興と結婚しますが、庭で働く職人が夫人の美貌に見とれていただけで首をはねた、というのは本当でしょうか。

美しい夫婦だったようですね。

さて、余命いくばくもない信秀が末盛(末森)城を譲ったのは信長ではなく、実弟の信勝でした。

ものには崩してはいけない順序がある、と言っていたのに、です。

これが遺恨を生み、さらなる悲劇へ。

病床の信秀に帰蝶が理由を聞きにいく、みたいですが。

そんなことはしなかったと思われ…。

 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 不要じゃないんだが | トップページ | 巨星落つ »

2020大河ドラマ「麒麟がくる」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不要じゃないんだが | トップページ | 巨星落つ »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー