« ちのり | トップページ | マルク »

2020年2月 4日 (火)

先に渡るのは…

そろそろと加減が上向きで、見舞いの母があとから「なんだか嬉しかった」とメールが来た。


私の声が前の日より元気か、顔色はどうか…


自分以上に気をつけてくれている人がいて。


この数週間、隣に「死」がいつも横たわっていた気がする。


そして、またもうどうでもいいや…という気持ちにもなり。

000300011_20200203180601

でも、さきほど梓さんの訃報とともに、こんにちは赤ちゃんを聞いた時、ああ赤ちゃんとしての私は両親にとっての希望ではなかったのか…と思い泣けてきた。


丈夫に生んであげられなくて、といわれたが…。


罹患するまで死ぬほど丈夫だったではないか。


インフルエンザもパブロンで治してたぞ…


そして、途中で一瞬丈夫じゃなくなった時期もあったけれど、私にはやらなくてはなない事がある。


弱気は損気…。


少なくとも、両親は先に川を渡らせないと。

 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« ちのり | トップページ | マルク »

mikiの眼の上のこぶ日記」カテゴリの記事

コメント

親に心配かけるのも子供の務め・・・なのかな。
心配させる子供ほど愛おしいものですぞ。たぶん。

やること、いっぱいあるからね。
待ってるからね。

tetujin様 こんにちは

親のメールとは恐ろしいものです。
私がこの季節、雪まつりで私がはじめて長靴を履いて雪の上に降り立った時のこととか、書いてくるんです。
それがどんなにかわいかったとか…
号泣している場合ではないのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちのり | トップページ | マルク »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー