« フルダラ2日目 | トップページ | メルファランはじまりました »

2018年1月20日 (土)

sego dondon 第2話

フルダラビン三日目。

調子もよいので西郷どん。

亮平さんは、泥臭く、土臭く、実直にしている感じですが、あふれでる清潔感がにじみでています。

それがいいのかな?。

とにかく自分の家も極貧な上に、年貢徴収の補佐の仕事先でも、農民が子供を売ったりすりのをまのあたりにし、中途半端に手助けをして、自分は『やっせんぼ』だと嘆くところまで。


Rimg0179


島津家では斉興の側室のお由羅が力を持っていて、斉彬はお世継様と呼ばれながらも影は薄かったよう。

由羅は子息の久光を藩主にすべく、、、これはお家騒動にまで発展します。

調所は、反斉彬で財政難を建て直した家老です。

意を決した吉之助は調所に談判にいくのですが。。



人気ブログランキングへ


  にほんブログ村

« フルダラ2日目 | トップページ | メルファランはじまりました »

2018大河ドラマ「西郷どん」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sego dondon 第2話:

« フルダラ2日目 | トップページ | メルファランはじまりました »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー