« 焦土と化しても | トップページ | かた »

2017年7月 1日 (土)

鷲は舞い降りた

私の好きな作家、ジャック・ヒギンスの超名作に「鷲は舞い降りた」という冒険小説があります。

テロリストを悪い白血球、市民部隊をいい白血球や赤血球たち、輸血を落下傘部隊として表現してきました。

語弊はありますが、抗がん剤は空漠など、自分でもわかりやすいかと自画自讃、、てな。

今日は落下傘部隊の他、血小板のみの輸血が行われる予定です。

落下傘部隊の中でも、精鋭中の精鋭。

もはや、血液の赤ではなく透明。

1498873506192.jpg

本日の私のからだを旧市街モスルとすると、モスルからはついに人がいなくなったらしいのです。

ドクターいわく『これで悪い白血球もいい白血球も間違いなくいなくなりました。』

絶え間のない頭痛はありますが、なぜか、この小説を思い出しました。

小説の作戦は失敗というなかれ。

魂が震える名作を想いだし、名もなき戦士たちの戦いを讃えつつ、静かに祈りを捧げる一日。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


« 焦土と化しても | トップページ | かた »

mikiの眼の上のこぶ日記」カテゴリの記事

コメント

ジャック・ヒギンズですね。
まずは、テロ完全撲滅おめでとうございます。

ヒギンズの小説って、単にテロリストを悪人としてるわけではないですよね。
たぶん、それが人間なのかも。
人間ドラマの奥が深くて引き込まれます。

今の医学は事細かに色々治療できるようになっているのね。
何も出来ないのが歯がゆいが
祈る!ただひたすら祈っているよ。
何か食べられそうな物があったら探して持っていくね!
市民舞台のために栄養つけよう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷲は舞い降りた:

« 焦土と化しても | トップページ | かた »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー