« 兵士の休息も | トップページ | 軍師 »

2017年7月20日 (木)

ずいぶん力が入ってますね

病院についたとたん、カード(コンビニやテレビ、冷蔵庫に使える多機能カード)にチャージして、忘れるっていう失態。

冷蔵庫に使おうとして愕然。

一階に戻ったら『あった!』奇跡!!

病室に戻ればすぐに採血やら、血圧、検温、心電図にレントゲン。

Rimg0342

午後にはあの腰椎穿刺までやると。

心電図をはかりに行くと、ずいぶん力が入っているので抜くよういわれる。

長年健康診断などで心電図を測ってもらってるけれど、そんなこと言われたのはじめて。

なみなみならぬ決意と意気込みで全身に力が入った?

入院直後には平熱で血圧も安定してたのに、3時間後には微熱、血圧もまた低くなって、入院仕様の私、、みたいな。

腰椎穿刺にびくついてる場合じゃない!でもでも、、


そうこうしているうちに血液検査の結果表がやってきた。

我が家でのんびりしたのが、よかったらしく、心配された肝機能も正常値なら、白血球(普通の)も上がり、血小板や網赤血球は人並み以上でh(ハイ)の文字まで。

治療に入るには万全みたい。

ついに呼ばれて腰椎穿刺に。

結論からいうと、最初の麻酔の注射は痛かったものの、ビリビリ感ははるかに軽減されて、病室まで歩いて帰ることができたの。


私が密かに思うには、骨髄穿刺や腰椎穿刺はうまい下手があるんじゃないかな。やけに痛かったりする先生と、うまい先生と。

とにかく、この間は車イスで帰還したし、あまりのしびれに悶絶の一時間だったから。

入院一日目はこんな感じです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 兵士の休息も | トップページ | 軍師 »

mikiの眼の上のこぶ日記」カテゴリの記事

コメント

網膜症の治療で、眼球に注射したことがあるのを思い出しました。
最初は、看護師さんが手を握ってくれ、なにがなんだかわからないまま注射が終わりました。
問題は、2回目。何をされるか理解できてたから、もう怖くて怖くて・・。

大丈夫。みんながついてるから。。
お医者さんも、できるだけ痛くないように努力してくれるし。。

入院一日目
お疲れ様です。忘れ物のカードが
あってよかったですね。
私も二年連続一ヶ月以上の入院を
しました。今、それを繰り返さない
ように、きちんと遊ぶ、休むという
ことをしています。
入院生活が穏やかに過ごされますように
祈っております。
 
注射のうまい下手はあると思います。
下手な人はいつかうまくなります

tetujin様 こんにちは

点滴のラインが12時間たっても痛くて、つらかったですよ。やってる最中はそうでもなかったのですが、皮膚が固かったようです。そんなこといわれても、、

nadoyama様 こんにちは

首からラインいれた時、いつもの先生が指導している声が聞こえたから、研修医さんかもとびくびくしましたよ。
『そうしたら針先がみえやすい』とか『そこは垂直に』とか。

センスもありますよね。回数重ねて上手くなる人もいるかもですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ずいぶん力が入ってますね:

« 兵士の休息も | トップページ | 軍師 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー