« 隔世の感 | トップページ | 4年後にむけて »

2016年9月11日 (日)

sanada marumaru 第36回

というわけで、上田の合戦の打ち上げのような宴のさなかに佐助が登場して関ヶ原しゅ~りょ~を告げたわけでございます。

え??( Д) ゚ ゚

まあ、予告では討ち死にした刑部が出ていましたから、詳しくやると思われますが。

少し遡って…ということでしょうか??

稲の城の守り方も、私の長年のイメージとは異なるものでした。

あんなに勇ましく薙刀をふりまわすのではなくて、門の外で静かに、でも凛として舅を近づけないようにするというか…。

R0010237

さて来週は、刑部が秀秋らに言うんでしょうかね。

「人面、獣心なり」と。

3年のうちに祟ってやるからなっ( ゚皿゚)キーッ!!

その前から、どうやらアル中だったらしい十代の若者秀秋…。

めんどうなこと嫌いそう。

メンタルもやられて、三年以内に若死に…合掌。

三成ロスの方も出てきそうな、今回の三成はわりとよかったのでは。

母などは、三成は「絶対近藤正臣」

画像拾ったら「きれ~~^^」

今も本多氏、そうとういい味です。

今日の秀忠の近くでも!!!

きれいなだけで年を重ねたらいまいち…ではなく、お顔もいじらずに相当かっこいいですよね。

次回は徳川についた信幸の、父、弟の助命嘆願がみものですね。

命がけで守るといっていましたから。

来週からは「信之」なんでしょうね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 隔世の感 | トップページ | 4年後にむけて »

2016大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sanada marumaru 第36回:

« 隔世の感 | トップページ | 4年後にむけて »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー