« 初…! | トップページ | 梅雨?? »

2016年7月10日 (日)

sanada marumaru 第27回

茶々の第二子も男児で、関白の秀次にとっては毎日が疑心暗鬼。

秀次の立場を慮った秀吉のなすことはすべて裏目に出てしまい…。

いったんは関白らしいふるまいをみせ、秀吉を安心させたのもつかのま、日に日にふさぎこむ秀次は、重責によるストレスや、弟秀保の死に対する太閤の冷遇におびえ逃走??

一方、官位が与えられることとなり、兄をさしおいてはと、とまどう信繁に、信幸にも官位が授かるのですが…。

いやいや肉親を思う気持って、なかなか難しいですね。

父昌幸ぼそっと「しっとったよ。」`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

Rimg0043

次回は、かつて「黄金の日々」で呂宋助左衛門を演じた松本幸四郎氏が、ふたたび助左衛門として登場するようです。

脚本の三谷氏が感銘を受けて脚本家を志したのが、「黄金の日々」だとか。

憧れの大河の脚本を書くにあたって、オファーしたのでしょうね。

すごいですね!

この豪商、出番は少なめですが、ひとつの山場かもしれません。

カメオ出演じゃ、もったいないですもん。

にしても、秀次…非業な最期ですよね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 初…! | トップページ | 梅雨?? »

2016大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sanada marumaru 第27回:

« 初…! | トップページ | 梅雨?? »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー