« 新しき友達?? | トップページ | 翻弄されまくり »

2016年6月 5日 (日)

sanada marumaru 第22回

なかなか上洛しない北条氏政は、沼田のお城が欲しい。

自力で勝ち取った沼田を渡したくはない真田勢。

北条の名代は板部岡江雪斎、真田側は信繁が交渉の場に。

江雪斎はネゴシェイター、いわゆる外交僧ですね。

軍師官兵衛では安国寺恵瓊が印象的でした!

秀吉に裁定が任された沼田裁定の場は、まるで裁判所のよう…。

どうしても北条氏政を上洛させたい秀吉とすれば、公平に、というよりは、北条に有利にしたいところ。

  01610097

結局、沼田城を含む2/3が北条に、名胡桃城を含む1/3が真田のものとなり、遺恨を残すこととなりました。

まもなく、名胡桃が沼田城代猪俣邦憲(範直)に落とされることとなり、赴いたばかりの城主、鈴木主水は自害。

「こんなことなら、名胡桃もくれてやればよかったわい。」と肩を落とす昌幸。

しかし、これが惣無事令に背いたとされ、秀吉にとっては北条征伐への大義名分がたったといえます。

北条征伐は前半の山場ですから、時間をさいてほしいですね。

官兵衛出ないのかな…??

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 新しき友達?? | トップページ | 翻弄されまくり »

2016大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sanada marumaru 第22回:

« 新しき友達?? | トップページ | 翻弄されまくり »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー