« 桜2016  | トップページ | 違ったらどうするのさ »

2016年4月10日 (日)

sanada marumaru 第14回

今宵第14回は「大坂」

ほぼ天下人の秀吉が、諸大名に上洛を促して、景勝達も渋々大坂入りします。

その景勝が信繁も連れて行くことになり…。

ここにきて、三谷ドラマ常連の方々がちょいちょい顔を出し、ファンの方にはたまらないシーンも多かったのでは??

まあ、きりが相変わらずで相当暑苦しく、不快指数が上がりますが、まだ彼女は若いからいいものの、茶々…やってもーた。

この時十代の茶々にしては、かなりとうがたっているのに、更におきゃんなぶりっこで登場。

なんか「きり」とキャラかぶり。

 201104021524001

さて、今日は石川教正が出奔するのですが、家康が今川義元のもとに人質となっていた頃から仕えていたのに、なぜ??

諸説あって定かではないようですね。

側近中の側近なので、秀吉のところにあえて送りこまれたという説もあるようですが、諸説あるということは、どういう描き方をしてもいいわけで、真田丸では、真田信伊が囚われているさなかに調略したという話に。

そして、加藤清正も三成とはまだぎくしゃくしていないし、仲良し風でもあります。

三成妻うたの「(動物の)猿を存じませぬ。」という、信繁とのやりとりには笑いました。

あと、昌幸に対して「大名ではないのに!」と連発してきれられる信幸。

このあたり、三谷さんらしい会話ですね。

そして、時の人愛之助氏が大谷吉継を演じて、三成との友情が描かれるようですが、仲良すぎて、むむむ…という記録も残っているようですね♡

大坂編になって、草刈父さんの出番が少なくなるのはちょっと…。

彼がここまで真田丸を引っ張ってきましたもんね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« 桜2016  | トップページ | 違ったらどうするのさ »

2016大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sanada marumaru 第14回:

« 桜2016  | トップページ | 違ったらどうするのさ »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー