« 今日はお休み~ | トップページ | お正月 »

2016年2月 7日 (日)

sanada marumaru 第5回

視聴率は失速したといわれていますが、今季、人気者をそろえた民法番組さえ、のきなみひとけた台なのですから、17%台というのは「なかなか」なのだと思います。

第5回目の今夜は『窮地』

窮地も窮地ですね。信長がクーデターにより横死。

昌幸も考えがまとまらない様子。

頭まで下げたのにとくやしそう。

伝達手段がいまほどでない中、本能寺の変より2日の間には諸大名がいろんな動きをみせていました。

信繁は人質となった松を救い出そうと安土に行きますが…。

   この時松、17歳…(;´▽`A`` 

  Rimg0150

その頃、家康達は半蔵とともに、伊賀の山を死にそうになりながら逃げて行く、いわゆる「伊賀超え」の真っ最中。

この描写には笑ってしまいました。

家康…真っ黒。\(;゚∇゚)/

途中道を違えた穴山梅雪は、落人狩りにやられてしまいます。

家康と間違われて…という説もあるみたいですね。

短い間に主君が何人も亡くなり、時代に翻弄される真田一族。

昌幸も生き残りに一計を案じるようですが…。

後の前橋城の厩橋城に滝川一益が入城しましたが、こちらもここに滞在したのはわずかでございました。。。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 今日はお休み~ | トップページ | お正月 »

2016大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
私も若干、失速しています。
なんだか、大河というよりも三谷幸喜劇場って感じですかね。
信繁が安土城の人質を救出するなんて・・・しかも抜け穴があるなんて・・・フィクションとはいえ、こんな所はガッカリですね。

最近、CATVで大河ドラマの総集編を放映しているのですが、先日のプログラムが、子供の頃に夢中になって視ていた「国盗り物語」でした。
視ていると、当に血湧き肉躍ると言ったところでしょうか。
NHKが、これをもう一度放映してくれるか焼き直して欲しいな。

FUJIKAZE様 こんにちは

そういえば、大河はいろんな世代が楽しんでいました。
今は、若い世代に迎合しているような配役ですよね。
昔は役者さんもすごかったイメージ。
緒方拳さんとか…。ほんと、新しいのでなくていいので
昔のを1年やってもらいたいかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sanada marumaru 第5回:

« 今日はお休み~ | トップページ | お正月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー