« スヌポ | トップページ | 週末ラリーは寒風のもと »

2016年1月24日 (日)

sanada marumaru 第3回

インターポット

なんだかんだと第3回まできました「真田丸」

ちょっと女子らがはっちゃけすぎているきらいはありますが^^;

小山田茂誠があらわれた際のドタバタとか…。

木村佳乃氏はミステリアスな役の方がいいんじゃないかと。

その茂誠は、昌幸の家臣となりますが、信繁が茂誠に送った手紙が、この世で送った最後の手紙といわれているそうです。

まだ3回なので、まだまだ顔見世的なところはありますね。

本多忠勝は豪快な武将がぴったりの藤岡さんですが、彼の娘の小松姫は今、一番露出が多い吉田羊氏みたい。

信幸の奥さんになる人ですね。

また、奥さんといえば…高梨内記の娘きりが出ていました。

史実では、信繁の側室ですが、生涯のパートナーみたいなキャッチですので、この先どうなるのかなぁと。

梅(堀田作兵衛の娘)が、最初の奥さんですよね??

兄と妹かと思ったと思ったら、設定はやっばり兄と妹?藤本さん、最近お父さん役多いけれど、斉藤工氏が息子とか、けっこう実年齢より老け役かと思ったら…。

まずは誰が誰の役か憶えるのが大変。

人物相関図を観ると、服部半蔵はハマカーンの浜田氏…えっ!!て感じ。

江戸城の半蔵門は、半蔵が門前に住み警固を担ったというのが定説です。

長女としては長男の描き方がうまいな、と思います。

ちょっと信幸に肩入れしてしまいます。

この方、長生きしているんですよね。この時代にしては。

           
人気ブログランキングへ       にほんブログ村

 

« スヌポ | トップページ | 週末ラリーは寒風のもと »

2016大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
視ましたが、やっぱり信幸役の大泉洋さんはなよなよしていてイメージじゃあないなぁ・・・。
昔視ていた「真田太平記」の渡瀬恒彦さんのイメージが強すぎて・・・。
池波正太郎さんや火坂雅志さん等、作家の方の描く信幸のイメージとはかけ離れてますね。
今後どうなることやら・・・。
まあ、視ますけどね。

FUJIKAZE様 こんにちは

なるほど~。身長も当時としては高くてめだったみたい
ですしね。FUJIKAZE様の一押し火坂さんはもっとたく
さん書いて頂きたかったですね。早すぎます。

母などは「~じゃない?」という現代語に違和感がある
みたいです。どっちにしろ、話題になれば勝ち、みたい
なところありますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sanada marumaru 第3回:

« スヌポ | トップページ | 週末ラリーは寒風のもと »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー