« 安心して下さい、治りましたよ | トップページ | 雨の日…銀杏の木 »

2015年9月 6日 (日)

Hana more you 第36話

高杉晋作が死の床にいる時、興丸はもっと小さいはず…。

畑仕事…(。・w・。 )

すごい  急成長だわ(@Д@;

晋作の臨終には、その両親もまにあったといわれています。

会わせてあげたかったなぁ(ノд・。)

だから、今際の際に美和にひとこと、というのも…。

その前に会った時にいえばいいのに。

最初に下関に行って会った時が今生の別れとして、もっと素敵な描き方(どうせ創り物なら)をしたらよかったのに、と感じました。

晋作の手紙ひとつで下関行くのもどうかと思いましたが。

守役の割にはずいぶんと城を抜けますよね。

  00260060


今度は用事のついでに?久坂の忘れ形見を探しに行きたいとか?

京都で戦がはじまった…ということで、時は1868年。

その年も秋になれば、鶴ヶ城からスペンサー銃を撃つ八重の姿があるわけです。

春に戦死した弟の服を着て…。

やぱり、八重の桜の方がまだ面白かったな。

ちなみに楫取素彦は、このころ38歳くらいです。

     にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
人気ブログランキングへ    にほんブログ村

« 安心して下さい、治りましたよ | トップページ | 雨の日…銀杏の木 »

2015大河ドラマ「花燃ゆ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hana more you 第36話:

« 安心して下さい、治りましたよ | トップページ | 雨の日…銀杏の木 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー