« 小さなお祭り | トップページ | 被災地で空き巣とは… »

2015年9月13日 (日)

Hana more you 第37話

1868年、京都が戦火の渦に巻き込まれます。

鳥羽・伏見の戦いがはじまりました…。

が、この戦乱のさなかに美和は京都にのぼり、久坂の遺児を探すのでした…。

そして、錦の御旗がたちあがり…戦終了( ゚д゚)ハヤッ

なんだ?今の、下見ててわからなかったばい。

ってほどあっけなく、時代が明治となりましたよ。

この戦いで、新撰組は1/3が戦死しております。

春には近藤勇が処刑され…。

前年に龍馬も亡くなっておりますし。

  00110045

「わたしにはなぁんものこしてくれなかった…。」

亡き久坂に対してすねる美和、が3回も。3回も同じシーン、いります?

1度は実際に言ったシーン、2回目は美和が思い出す、3回目は楫取が思い出すって、そこまで義兄には甘えないし、いわないでしょうし、かわいくないし…で、がっくり。

あと、美和が銀姫にむかって「わたし」といってしまうところとか、所作が気になります。

若い視聴者に迎合するため??

もう明治になっちゃったから、いいよ、見なくても…とは天の声か。

美和が京都に行って、もっと戦シーンを出すのかと思ったら、大砲の音くらいで。

狭いセットの中を行きかう人々であらわしていた…の?

     にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
人気ブログランキングへ    にほんブログ村

« 小さなお祭り | トップページ | 被災地で空き巣とは… »

2015大河ドラマ「花燃ゆ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hana more you 第37話:

« 小さなお祭り | トップページ | 被災地で空き巣とは… »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー