« ダイビングのすすめ 3 | トップページ | おんだんか?? »

2015年8月20日 (木)

ダイビングのすすめ 4

朝日新聞の朝刊に、シュノーケリングの事故が全国であいついでいる、と書かれていました。

7.8月で22人の方が亡くなったとのこと。

簡単な装備でできるけれど、非常時の対応が難しいとも。

ダイビングの講習の時、シュノーケリングの練習もします。

プールで少し慣れてから、大海原に出発するのですが、こんなに楽しいものはないというほど。

なので、ぜひこの駄ブログでよくよくよくいっておりますが、親子さんならぜひ、シュノーケリング教室などに参加してから海デビューして下さいね。

    00260058

母が友達とグアムいった際、現地のホテルのアクティビティでシュノーケリングに参加したと写真を見せてくれたことがあったけど、マスクから鼻が出てたし。

もう、なんだかね。

マスクも曇るし、シュノーケルって右につけるの??左なの??

こんな短い筒の上から水が入ったら?? 潜った時に水がはいってくるよね??

たくさんの疑問が教室では払しょくされますよ~。

そして、私もいつかタンクが背負えないほど年をとったら、炎のスノーケラーになるんだ!!

そう、スノーケルでもシュノーケルでも一緒ですよ。

最初に習ったのがスノーケルなので、ずっとスノーケルですが…。

ダイビングとダイビングの間、無人島とかの近くにボートをとめて、ランチのあとの至福のスノーケリング!!

なので、ダイビング上手な人はスノーケリングもうまい。

ただし、スノーケリングがうまいからといって、ダイビングがうまいとはかぎらないってことも。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« ダイビングのすすめ 3 | トップページ | おんだんか?? »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
素人さん(私も素人ですが)の安易なシュノーケリング(と私は言ってます)は、本当に危険ですね。
皆さん、あれを着けていると、水面で安全に呼吸できると錯覚するようです。
無警戒に呼吸しているようですね。
上から水が入るなんて思ってもないようです。
ここ数年、川平のマンタポイントで、シュノーケリングのツアーが増えました。
海中から見ていると、皆、救命胴衣を着けてフロートに掴まり、5人くらいが数珠繋ぎで泳いでいます。
大抵、インストラクターは一人なので、見ていると本当に無防備で危なっかしいですよ。
多少波があってもやってますね。
事故にならないのか、心配です。
客一人が海水を誤飲にしてパニックになったら、インストラクターは他の客の面倒なんて看てられないだろうにって思います。
あぁ、それは大瀬崎の格安Cカード講習のグループも同じですね。
そのうち、事故が多発すれば、業界のあり方が問われ、お上の規制が始まりますよ。
その前に、手を打つべきだと思いますが・・・。


FUJIKAZE様 こんにちは

東南アジアの島で潜った時に、ダイビングポイントの
真上にスノーケラーがたくさんいて、ガイドが「この
ポイントは、上を見るとハッピーガイズがたくさん
いることです。」と少し揶揄したように言っていました。

その島は無人島で、波がたつとゴツゴツした岩にぶつか
りそうですし、船は近づけないので、自力で戻ってくる
んですよ。
最近は、ダイバーとスノーケラーを満載にしたボートも
みます。浅いところで練習してからにしたらいいのに、
人出も足りず…でも、6人ダイバー乗せる船に、あと何人かスノーケラー乗せた方が儲かりますもんね。
何かおきてからでは…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイビングのすすめ 4:

« ダイビングのすすめ 3 | トップページ | おんだんか?? »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー